仮想通貨の始め方:投資に向けて知っておきたいこと

最近は株やFXに加えて、仮想通貨投資が注目を集めています。インターネットを利用すれば、誰でも簡単に仮想通貨の売買取引ができます。数百円~千円程度の少額取引が可能なので、初心者の方ででも手軽に始められます。実際に取引に参加する前に、仮想通貨取引の基本や注意点を知っておくことが大切です。仮想通貨の特徴・性質や取引の始め方をご紹介します。

仮想通貨を知る

取引を始める前に、仮想通貨の特徴を理解しておくことが大切です。主な特徴として、法定通貨との交換レートが変化する・現物取引であればコインを出金して自分で管理や支払いできる、という点が挙げられます。

法定通貨との交換レートが変化する

一般的に、電子マネーは日本円などの法定通貨と交換レートが固定されています。これに対してビットコインや他の多くの仮想通貨は需要と供給のバランスによって価値が決まるので、法定通貨との交換レートが常に変化します。株や外貨と比較するとレートの変化が激しいので、少ない資金でも多額の利益が得られる可能性があります。

コインを出金して自分で管理や支払いできる

株・FXや外貨預金は日本円以外の資産を口座から引き出すことができません。これに対してビットコインやイーサリアムであれば、現物取引で購入したコインを出金して自分専用のウォレットに移動することができます。 出金したコインは個人間で受け渡しをしたり、一部のお店では商品やサービスの支払いに利用することが可能です。

ビットコインであれば海外のオンラインカジノに入金をしたり、海外旅行の際に現地通貨に両替をするといった使い方もできます。ビットコインは投資商品として売買取引ができるだけでなく、日常生活で支払いに利用ができるという点で従来の金融商品とは大きく異なります。将来にビットコイン決済が普及すると、多額の資金が流入することでコイン価格が上昇する可能性があります。

通貨の総発行枚数が定められている

種類ごとにコインの総発行枚数が定められており、ビットコインの場合は発行上限枚数が2,100万枚と決められています。これに対して、イーサリアムの発行枚数の上限は定められていません。コインの発行量は1枚あたりの価格に大きな影響を及ぼし、発行枚数が少なければ1枚あたりの価格が高くなります。

仮想通貨の買い方

仮想通貨投資の始め方ですが、最初に取引所を選んで口座を開設する必要があります。これは株取引を始める際に、証券会社の口座を開設するのと同じです。口座の開設手続が済んだら、日本円を入金して仮想通貨を購入したり売却をすることができます。

日本円の入出金方法

取引所に入金をする方法は証券会社と同じで、指定された口座に振込をします。最近はネット銀行からPay-easyで即時入金をしたり、コンビニ払いができるケースも増えています。出金方法も証券口座と同じで、あらかじめ登録しておいた自分名義の銀行口座に日本円を送金してもらいます。

仮想通貨の買い方・売り方

仮想通貨の買い方は、「両替」と「売買取引(トレーディング)」の2種類の方法があります。「両替」は、外貨預金やFXのように取引所が指定したレート・手数料で日本円を仮想通貨に両替します。この方法は操作方法が簡単なので、初心者におすすめです。 「売買取引(トレーディング)」は、ネット証券会社で売買をする方法とよく似ています。

最初に口座残高の範囲内で、レートと購入希望数量を指定して買い注文を出しておきます。指定したレートで売り注文が出ると、取引が成立します。トレーディング(板取引)は操作方法が難しいのですが、「売り」と「買い」注文の数量が確認できるので価格変動を予想しやすいというメリットがあります。トレーディングは手数料が低く設定されているので、頻繁に売買取引をする上級者の間で人気があります。

仮想通貨の出金方法

PCやスマートフォンに自分用のウォレットアプリを入れてアカウントを開設しておけば、現物取引で購入したコインを出金することが可能です。取引所の出金画面で自分用のコインアドレスをコピー&ペーストで入力して数量を指定すれば、手数料が差し引かれた上でコインを出金することができます。出金をしないで、取引所の口座で保管・管理をすることも可能です。

仮想通貨投資の注意点

仮想通貨は値動きが激しいので短時間で利益が得られるチャンスがありますが、リスクや注意点も存在します。取引を始める前に初心者が知っておくべき注意点をいくつかご紹介します。

資産価値が下落するリスクが高い

値動きが非常に激しいという特徴があるので、相場が下落すると多額の損失を被るリスクがあります。証拠金取引の場合は強制決済が実行されてしまう事があるので、常に相場をチェックすることが大切です。

不正アクセス対策が必要

取引所のアカウントに不正ログインされて資産が盗まれる犯罪が発生しています。2段階認証を設定して、不正アクセス対策をすることが必須です。

信頼ができる取引所を選ぶ

売買のために、日本円や仮想通貨のコインを取引所の口座で保管する必要があります。過去にはサーバーがダウンして取引所のサービスが停止したり、顧客の資産が盗まれる事件が発生しています。トラブルを避けるためには、信頼ができる取引所を慎重に選ぶことが大切です。

日本国内であれば、金融庁に「仮想通貨交換業者」に登録されている業者を選ぶようにしましょう。海外の取引所を利用する方法もありますが、突然経営が破たんして資産の引き出しができなくなるトラブルが起こるリスクがあるので注意が必要です。

利益が得られたら税金の申告が必要

仮想通貨取引で利益が得られたら、税金の申告をする必要があります。仮想通貨は株やFXなどのように申告分離課税が適用されず、雑所得として扱われます。雑所得はその年の収入に応じて所得税の税率が変化し、損失分を翌年度以降に持ち越すことができないので注意しましょう。送金手数料などは必要経費に計上することができるので、取引の記録をきちんと残しておくことが大切です。

まとめ

仮想通貨投資の始め方は非常に簡単で、ブロックチェーンの仕組みを知らない方でも売買に参加することができます。初心者の方でも株やFX取引と同じように手軽に始めることができますが、基本的な知識を身につけておくことは大切です。可塑通貨投資の初心者の方であれば、リスクや注意点を理解した上で少額の現物取引から始めてみると良いでしょう。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る