ビットコインを安全に管理する仕組み「ブロックチェーン」とは

2009年に運用が開始された世界初の仮想通貨「ビットコイン」は、従来の電子マネーとは全く違う革新的な技術によって偽造を防ぐ仕組みが採用されています。オンライン上で安全に仮想通貨の送金記録を管理するのが「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」と呼ばれる方法で、以後にこの技術を使用した他の仮想通貨や各種サービスが考案されてきました。

ブロックチェーンの仕組み

ビットコインにはコインアカウントというものがあり、銀行口座と同じように残高が記録されています。残高や入出金記録の台帳を安全に管理する仕組みがブロックチェーンです。従来の銀行口座や電子マネーの入出金記録は、運営会社や銀行が一元的に台帳を管理していました。

これに対して、仮想通貨は世界中で多くのコンピュータ(ノード)が同一の台帳を共有して、お互いに不正行為が行われていないことを常に監視することで安全に守られています。 ビットコインの送金記録は約10分ごとに区切られて、ブロックと呼ばれるデータに格納されます。新しいブロックを過去の記録の末尾に結合をした時点で、取引が確定されます。最新のブロックを結合させるためには、キー(key)と呼ばれるデータが必要です。

ブロックチェーンは取引の記録(ブロック)とkeyが交互に鎖状に繋がったデータ(出納帳)です。 ブロック同士を結び付けているkeyは、難易度の高い課題の正答です。課題とは、既存のブロックチェーンの末尾と新たに結合するブロック内から抽出したデータ(ハッシュ値)から出題されます。

もしもどちらかのブロック内の取引情報を不正に書き替えると、ハッシュ値が変わってしまいます。ハッシュ値が変わるとkeyとの整合性が取れなくなるので、不正行為が行われていることが見破られます。世界中のコンピュータ(ノード)がブロックとkeyの整合性をチェックするので、誰も不正行為ができません。不正に書き替えられたデータは排除されてしまい、正当な取引とはみなされません。

もしも途中のブロックの情報を不正に書き替えると、この部分から最新のブロックまで全部のkeyを再計算しなければならなくなります。世界中のコンピュータが膨大な計算をして得られたkeyを再計算することはほぼ不可能です。 このような仕組みで、分散型台帳技術は管理者が不在でも安全性が保たれているのです。

ブロックチェーンの魅力

ブロックチェーンの最大の魅力は、銀行や運営会社のように信用ができる管理者を必要としないで安全にデータを管理することが可能であることです。銀行員がその気になれば顧客の入出金記録を不正に書き替えて、預金を横領することが可能です。

実際に、銀行員による横領事件が発生しています。ブロックチェーンの場合は、誰かが人為的にデータを書き換えることは技術的に不可能です。 ブロックチェーンは複数のコンピュータ(ノード)が同一のデータを共有・管理するので、システム停止に強いという特徴もあります。いずれかのノードが停止しても他のノードが稼働を続けていれば、サービスが継続されます。

銀行の場合は、システムメンテナンスでATM・ネットバンキングが休止することがあります。銀行や電子マネーのデータを管理するサーバーは停電や故障に備えたバックアップシステムを必要とするので、多額の費用がかかります。

これに対して、仮想通貨の場合は全世界のノードが一斉に停止することは考えられないので、サービスが停止することがありません。ブロックチェーンの管理をおこなう個々のコンピュータは、途中参加や離脱が可能です。

そのため、信頼性の低い安物のパソコンをたくさん集めて日本各地に分散して稼働させておけば、高価なバックアップシステムを導入しなくても停電やシステムダウンでサービスが停止する事態が避けられます。ブロックチェーンは、少ない費用で信頼性の高いシステムを構築することができるという魅力があります。

ブロックチェーンにはどのような使いみちがあるのか

ブロックチェーンは価値の移動(ビットコイン)で応用がスタートしましたが、これ以外にも多くの使い道が考えられます。 銀行や政府機関は多額の費用をかけて重要なデータのバックアップを保存しています。

ブロックチェーンの仕組みを活用すれば、低コストかつ安全にデータを保管することが可能になります。 ブロックチェーンのデータは誰も人為的に書き替えができないので、遺言状や公的な記録を保管する手段として応用が可能です。不動産登記の情報や、戸籍を管理することができるでしょう。個人・企業間の契約(金銭貸借やビジネス上の取引)などを保管することもできます。

ビットコインなどの仮想通貨の世界ではブロックチェーンの管理・運用に参加すると、一定の報酬を受け取ることができる仕組みがあります。これにより、計算機資源が余っている人にシステムの運用をしてもらうことができます。

これに加えて、ブロックチェーンは暗号化技術が用いられているので、他人にデータを勝手に閲覧されないようにすることも可能です。 ブロックチェーンの暗号化技術を応用することで、ネットワーク上にデータを保管するオンラインストレージサービスが既に実用化されています。一定の手数料を支払うことで、インターネット上に重要なデータを安全に保管することができます。

ブロックチェーンを活用すれば、計算機資源の余っている人が報酬を受け取って自分のコンピュータの能力を提供するクラウドコンピューティングのサービスが可能になります。気象予測や、製薬メーカーの新薬開発ではシミュレーションのために膨大な量の計算を実行しています。ネットワーク上で計算能力をシェアするサービスが実用化されたら、従来よりも安価な費用で気象予測や新薬の開発ができるようになる可能性があります。

まとめ

ブロックチェーンは管理者が不在でも、安全にデータを保管・管理することができる画期的なシステムです。多くのコンピュータが同一のデータを分散管理することで、安価な費用でも強固なシステムを構築することができるからです。ブロックチェーンの技術は主に、仮想通貨(富の保管と移動)に用いられています。ブロックチェーンは仮想通貨以外にも、重要書類の保管やオンラインストレージ・クラウドコンピューティングなどへの応用が期待されています。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る