コンスタンチノープル実施ブロック決定、2つのハードフォークが行われる理由とは

先週のCore Devs Meetingにて、イーサリアムの大型ネットワークアップデート「コンスタンチノープル」が実施されるブロックが728万ブロック目(2月27日)に決定されました。

コンスタンチノープルを巡っては、今月15日にスマートコントラクトの監査を行うChainSecurity社がEIP 1283にリエントランシー攻撃に対する脆弱性があることを指摘したことで、当初の実施予定日の前日となる16日に延期が発表されていました。

また、先週のCore Devs Meetingではもう1つ重要なことが決定されました。

それは、5つのEIP(Ethereum Improvement Proposal)を含んだままのコンスタンチノープルと、EIP 1283を除外したコンスタンチノープルの2つのハードフォークを同時に行うと言うことです。

この決定は、イーサリアムの開発者、Péter Szilágyi氏から提案されました。

なぜ脆弱性の見つかったオリジナルのコンスタンチノープルとEIP 1283を除外したアップデートの双方をを行う必要があるかと言うと、テストネットおよびプライベートネットは17日の時点でオリジナルのコンスタンチノープルを実施しているからです。

よって、メインネットが2つのコンスタンチノープルを同時に行うことで、これら2つのネットはコンスタンチノープルを実施する前のブロックまで*ロールバックすることなくメインネットと同期することができます。

つまり、コンスタンチノープルを実施していないメインネットがいきなりEIP 1283を除外したコンスタンチノープルを実施するとした場合、テストネットとプライベートネットは、コンスタンチノープルを実施する前のブロックまでロールバックしてからEIP 1283を除外したコンスタンチノープルを実施しなければなりません(第1図)。

*ロールバック:ネットワークの更新や障害があったときに、その前の時点まで戻ること。

【第1図:EIP 1283を除外したコンスタンチノープルのみを実施する場合】

出所:BlockX Labsより作成

こうなると、不可逆性を強みとするブロックチェーンの特徴がくつがえされてしまいます。

もちろん、メインネットに悪影響はないものの、これではテストネットおよびプライベートネットが、メインネットの「真の写し鏡」として認識されなくなってしまいます。

そこで、メインネットの728万ブロック目に2つのコンスタンチノープルを同時に実施することで、テストネットおよびプライベートネットをロールバックさせることなくメインネットと同期させると言う解決法の採用が決定されました。

【第2図:オリジナルのコンスタンチノープルとEIP 1283を除外したコンスタンチノープルを実施する場合】

出所:BlockX Labsより作成

つまり、メインネットが728万ブロック目に2つのコンスタンチノープルを実施する際、テストネットおよびプライベートネットは2つ目のEIP 1283を除外したコンスタンチノープルだけを実施すればよいと言うことです。

余談とはなりますが、一部のイーサリアム開発者は、この2つ目のコンスタンチノープルを「コンスタンチノープ(ConstantiNOPE)」と暫定的に読んでいるようです(現段階で公式な呼称ではないので注意)。

 

【参照記事】
BlockX Labs:What the Fork?! A Look At Ethereum’s Constantinople Fork thus far

 

【関連記事】
コンスタンチノープル延期発表、イーサリアムに何があったのか?
話題のイーサリアムProgPowはイーサ(ETH)マイナーの将来をどう左右する?
【イーサリアム】コンスタンチノープルとEthereum 1.Xとは?:2019年はドラスティックな改善が目白押し?

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る