【ビットコイン(BTC)】移動平均線とボリンジャー収縮、相場急落には引き続き注意を要すか:仮想通貨価格分析

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、年末年始にかけて4000ドル周辺で推移し、6日に4100ドル台に回復するも、その後は下落に転じ13日には一時3570ドルまで安値を広げました。

週明け14日には相場が反発したものの、結果的に先週の二段安が一段安になった格好です。

移動平均線&RSI

13日、21日、34日、55日の移動平均線は足元収縮しており、相場が次のトレンドに入るスタンバイをしていると言えます(第1図)。

相場は、6日の上昇で4本全ての移動平均線の上抜けに成功しましたが、翌7日からは55日移動平均線に沿って下落し、10日の急落で4本全ての移動平均線を一気に割り込みました。

RSIは、足元45.1%で推移しています。

【第1図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

一目均衡表

一目均衡表では、12日に均衡表が逆転し、13日には遅行線も逆転しました(第2図)。

相場は、6日に雲下限を上抜けしましたが、10には転換線、基準線および雲下限を一気に割り込みました。

14日の反発で相場は雲下限(3750.6ドル)周辺まで戻しましたが、この先も雲に相応の幅があり強いレジスタンスとなることが指摘されます。

【第2図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、先週より若干拡散していますが、依然狭い幅を維持しており収縮した状態が継続していると言えます(第3図)。

相場は10日、センターライン、ロワーバンド-1σおよび-2σを割り込みましたが、14日にはロワーバンド-1σの上抜けに成功しています。

【第3図:BTC対ドルチャート〈ボリンジャーバンド(20、±1σ、±2σ)〉】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

出来高&トレンドライン

先週まで上昇トレンドを確認していた出来高ですが、先週の相場下落の際に増加基調となりました(第4図)。

一方、10日以降は出来高の水準が低下し、相場も12月27日安値(3686ドル)水準周辺で揉み合っており、売り圧力に一旦は落ち着きが確認されます。

短期的に見ると、相場は10日に12月27日安値と12月31日安値(3771ドル)を結んだ上昇トレンドライン(第4図内白線)を割り込んでいますが、中期的には12月15日安値(3281.7ドル)と12月24日高値(4384ドル)を起点とするレンジ(第4図内黄線)、あるいは12月27日安値と1月6日高値(4218ドル)を起点とするレンジ(第4図内青線)内で推移しています。

補足的ですが、レンジ内でも相場の動く方向と出来高の増減はブレイクアウトの方向を予想する指標となるので、目配りが必要となります。

【第4図:BTC対ドルチャート(出来高&トレンドライン)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

チャートポイント一覧

移動平均線が収縮していることや、ボリンジャーバンドが依然狭い幅を維持していることを考慮すると、急な値動きに警戒する必要がありそうです。

また、相場が一目均衡表の雲下限周辺で推移していますが、遅行線と均衡表の逆転と雲の幅を考慮すると、今週は軟調になることが懸念されます。

【第1表:チャートポイント一覧(ドル)】
出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

【今週の主要仮想通貨銘柄の価格分析】

1月15日
【リップル(XRP)】トライアングル割り込むも出来高はトレンドを確認せず:仮想通貨価格分析
【イーサリアム(ETH)】調整を経て反発、この先意識される上値目途は?:仮想通貨価格分析

1月14日
【ビットコインキャッシュ(BCH)】移動平均線とボリンジャー収縮で警戒を要す:仮想通貨価格分析
【ライトコイン(LTC)】40ドル上抜け失敗で急落、短期上昇トレンド復帰をかけ正念場:仮想通貨価格分析
「【イーサリアムクラシック(ETC)】下降バンドウォークを維持も売り圧力は後退か:仮想通貨価格分析

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る