Vol.32:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

仮想通貨市場

仮想通貨市場時価総額は24日、11月29日ぶりに1400億ドルを一時上抜け、25日未明には1465億ドルの週高値を記録しました。

一方、25日に週高値をつけてからは下落に転じ、足元1200億ドル付近で推移しています。

今週の注目ニュースとしては、①フェイスブックが独自のステーブルコイン開発に着手、GMOインターネットがマイニングマシーンの開発・製造・販売から撤退、③マネーパートナーズがコインタップのローンチ中止を発表したことなどがあります。

【第1図:仮想通貨市場時価総額】

出所:coinmarketcapより作成

フェイスブック−独自ステーブルコイン発行へ

25日には、米ソーシャルネットワークサービス大手のフェイスブックが、メッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」上のユーザー同士の送金を可能にする、米ドルと連動した仮想通貨の開発に着手したことが判明しました。

ワッツアップは特にインドで人気を博しており、ユーザー数はおよそ2億人いると言われています。また、同国はインターネット大国である上、「送金大国」とも言われており、フェイスブックはまずインド市場での成長を見込んでいるようです。

思い返せば、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は今年1月、2018年の抱負として、「中央集権型対分散型」の対立や、仮想通貨および暗号技術に代表されるカウンタートレンドを自ら研究すると公表していました。

昨年よりユーザーデータの不正流出が問題視されてきたフェイスブックですが、今年はブロックチェーン事業部を設立するなど、その先進性に注目が集まっていました。

しかし、ワッツアップでのブロックチェーン技術の導入は、こうしたカウンタートレンドというより、ブロックチェーン送金インフラ導入による効率化が主な狙いとなるため、若干サプライズに欠ける発表とも受け取れます。

もちろん、ブロックチェーンを駆使した送金インフラでは、格安の手数料または無料で送金が可能といった大きなメリットがあり、ワッツアップはブロックチェーン技術の普及に大きく貢献することが予想されます。

GMO、ネクストカレンシー仮想通貨関連事業から(一部)手を引く

一方、今週は仮想通貨関連事業から撤退する動きも確認されました。

GMOは25日、自社マイニングは継続する一方、マイニングマシーンの開発・製造・販売事業からの撤退を発表しました。

26日には、DMM傘下のネクストカレンシーが、2019年春に正式ローンチを予定していた仮想通貨取引プラットホームでカジュアル層を対象としたスマホ向けアプリ「コインタップ」のローンチ取りやめを発表。事前申し込みで保有していた顧客情報を同日中に破棄しました。

ネクストカレンシーが手がける事業はコインタップのみとなっており、同社の今後に関しては、「近く決める」としています。

2017年は仮想通貨の相場が急騰すると同時に、ベンチャーのみならず大手上場企業でも仮想通貨関連事業への参入も相次ぎましたが、2018年は仮想通貨相場の下落、競争の激化、それから需要の低下が業界の向かい風となっているようです。

サマリー

GMOやネクストカレンシーのみならず、業界の向かい風の影響を受ける企業は、特にマイニングの分野において今年は多かったことが指摘されます。

一方、すでに多くのユーザーに利用されるプロダクトを持っているフェイスブックには、技術を統合するだけで良いという相応のアドバンテージがあると言えます。

今週は依然未熟な業界の厳しさと、ブロックチェーンという革新的な技術の広がりの両方がみられた週でした。

さて、2018年も残すところ3日となりましたが、今年は様々なアナリストによる年末の価格予想が注目されたので、海外著名アナリストの価格予想を少しまとめ、最後にメトカーフの法則に基づく推定価格を算出してみます。

ファンドストラットのトム・リー氏は、年初時点でビットコイン(BTC)価格は年末2万ドルに到達すると予想していました。その後、一度2.5万ドルに予想を引き上げましたが、11月には一気に1.5万ドルまで引き下げ、最新の予想では1.38万から1.48万ドルのレンジとしました。

ギャラクシーデジタルのマイク・ノボグラッツ氏は、10月の時点で9000ドル以下と予想していましたが、11月には3000から6000ドルのレンジと予想していました。

Quinlan & Associatesのベンジャミン・クインラン氏のBTC年末価格予想は、年初の時点で1800ドル以下とかなり弱気でした。

結果的に、ノボグラッツ氏の11月時点の予想レンジ内に年末のBTC価格は落ち着きそうですね。しかし、気になるのは、ファンダメンタルズに乏しい仮想通貨において、それぞれのアナリストが何を参考に価格を予想しているかです。

今年3月には、マサチューセッツ工科大学(MIT)がメトカーフの法則を基にビットコインネットワークの価値測定方法を発表し注目を浴びました。

メトカーフの法則は、ネットワークの価値は「ユーザー数^2(2乗)」であるとするものです。MITはこれに独自の分析を加え、ビットコインネットワークの場合、「ユーザー数^1.69」が当てはまりがよいとしています。

このモデルを、ビットコインのアクティブアドレス数に当てはめると、1BTC=約200ドルという結果が出ます。一方、オリジナルのメトカーフの法則だと、1BTC=約1,1500ドルとなり、どちらもとても参考にできるほどの確度はなさそうです。

やはり、歴史の浅い仮想通貨市場において、確度の高い予測モデルを探すのは至難の業ということが言えそうです。

テクニカル分析

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、23日と24日に4100ドル周辺で揉み合った末、25日に下落に転じました。

27日には13日移動平均線が34日移動平均線を上抜けし、ゴールデンクロスを示現したものの、相場は続落となり同日には34日移動平均線を割り込みました(第2図)。

足元、相場は21日移動平均線(3708.9ドル)付近で推移しており、同水準がサポートとして昨日するか注目されます。

この先続落となれば、15日安値(3215.2ドル)と24日高値(4384ドル)を起点とするフィボナッチ・リトレースメントの61.8%押し(3661.7)や78.6%押し(3465.3ドル)などが下値目途としてあります。

反発の場合、心理的節目となる3800ドル、13日移動平均線(3871.8ドル)、節目となる4000ドル、フィボナッチ・リトレースメント23.6%押し(4108.2ドル)などが上値目途としてあります。

【第2図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

リップル(XRP)の対ドル相場は、24日に0.466ドルまで上値を追いましたが、終値は0.413ドルとなりました。

これにより、相場は先月19日ぶりに4本の移動平均線を上抜けましたが、24日以降は下落に転じ本日まで陰線が続いています(第3図)。

26日には13日移動平均線が34日移動平均線を上抜けゴールデンクロスを示現しましたが、相場は27日に13日移動平均線と34日移動平均線を一気に割り込みました。

この先続落の場合、21日移動平均線(0.342ドル)や、15日安値(0.285ドル)と25日高値(0.466ドル)を起点とするフィボナッチ・リトレースメント78.6%押し(0.324ドル)などが下値目途としてあります。

反発の場合、フィボナッチ・リトレースメント61.8%押し(0.354ドル)、13日移動平均線(0.365ドル)、フィボナッチ・リトレースメント50%押し(0.376ドル)などが上値目途としてあります。

【第3図:XRP対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのXRP/USDチャートより作成

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、17日から24日にかけて上値を追う展開となり、24日には一時163.5ドルの高値を記録しました。同日の終値は142.5ドルにとどまったものの、55日移動平均線を上抜け先月8日ぶりに4本の移動平均線を上抜けました(第4図)。

一方、翌25日からは下落に転じ、26日には13日移動平均線が34日移動平均線でゴールデンクロスを示現したものの、27日には大幅下落となり、足元13日移動平均線(117ドル)付近で推移しています。

本日は13日移動平均線がサポートとなるか注目されます。

この先、続落の場合、15日安値(83.1ドル)と24日高値(163.5ドル)を起点とするフィボナッチ・リトレースメント61.8%押し(113.8ドル)、節目となる110ドル、34日移動平均線(108.4ドル)、21日移動平均線(106.7ドル)、節目となる100ドルなどが下値目途としてあります。

反発の場合、フィボナッチ・リトレースメント50%押し(123.3ドル)、節目となる130ドル、フィボナッチ・リトレースメント38.2%押し(132.8ドル)、55日移動平均線(136.6ドル)などが上値目途としてあります。

【第4図:ETH対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

前回までのFinAltウィークリーアップデート
Vol.31:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析
Vol.30:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析
Vol.29:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

 

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る