ビットコイン(BTC)ハッシュレート異例の急落:直近2年のハッシュ動向徹底分析

仮想通貨のマイニングは、その通貨のネットワークにとって、通貨発行の他に、トランザクションの承認、セキュリティの向上、そしてネットワークそのものの存続といった多面的に極めて重要な役割を果たします。

こうしたことから、マイナーがそのネットワークに貢献するハッシュレートは、中央集権化が加速し兼ねるといったリスクを抱えながらも、多ければ多いほどネットワークの安定に繋がるとされています。

2018年の第二四半期には、ハッシュレートの比較的低いネットワークを狙った51%攻撃が複数件確認され、ハッシュレートの値からみるネットワークの規模が注目さるといった場面もありました。

時価総額第1位のビットコインのネットワークはというと、他のPoWマイニングを必要とするネットワークと比較して文字通り桁違いのハッシュレートを有しており、現在の仮想通貨市場では最も大規模なネットワークと言えます(第1表)。

【第1表:主要通貨ネットワークハッシュレート(12月18日時点)*】


出所:bitinfochart.comより作成
*E=エクサ、T=テラ、M=メガ

第1図の通り、今年のBTCの対ドル相場は長期的な弱気相場となっているものの、ハッシュレートは10月まで上昇基調を維持し、10月1日には過去最高となる、54.7Ehash/sを記録しました(7日移動平均ベース)(第1図)。

年初のハッシュレートが14Ehash/sでしたので、9ヶ月の間に300%近くの上昇率を記録したことになります。

ちなみに、BTC価格とハッシュレートの相関ですが、回帰分析の結果が第2表になります。

【第1図:BTC対ドル&ハッシュレート(7日移動平均)年初来チャート】


出所:coinmarketcap、blockchain.comより作成

【第2表:BTC価格とハッシュレートの単回帰分析(年初来日次データを元に算出)】


出所:coinmarketcap、blockchain.comより作成

価格とハッシュレートとの重相関係数(Multiple R)が0.66となっており、決定係数(R Square)も0.448とかなり低いです(単純に、価格の動きはハッシュレートの動きの44.8%でしか説明されないということになります)。

チャートを見ると、一見今年は逆相関をしているようにも見えますが、実際には価格とハッシュレートの動きの間に強い相関性はないと整理できそうです。

さて、そんなビットコインネットワークのハッシュレートですが、第4四半期には急落を記録しており、11月4日から12月13日の間におよそ-35%吐き出しています(第2図)。

そんなハッシュレートの急落に伴い、マイニングの採掘難度となるディフィカルティは12月、-15%と今年最大の下落率を記録しました。

これだけでも十分、昨今のハッシュレートとディフィカルティの急落は異例と言えますが、さらに注目したいのは、両者の乖離率の推移です。

【第2図:ビットコインネットワークハッシュレート(7日移動平均)&ディフィカルティチャート】


出所:blockchain.comより作成

第3図は、2016年12月31日のハッシュレート(14日移動平均)とディフィカルティを100とした指数化データを元にした乖離率のチャートとなります。

ディフィカルティは、ハッシュレートの推移に連動して2016ブロック毎に調整されるため、ハッシュレートが上下どちらかに乖離すると、誤差はあるものの、0%に近づくように上下します。

事実、今回分析した716日のうち、乖離率が-5%から5%の間(第3図内紫帯)にある日は545日あり、これはサンプル中の76%に値します(第3図)。

【第3図:ハッシュレートのディフィカルティからの乖離率チャート(両者指数化データを元に算出)】


出所:blockchain.comより作成

しかし、11月からのハッシュレート急落では、ディフィカルティの調整が2度あったにも関わらず、乖離率は-5%に戻ることなく、12月2日には-19.2%まで下方に広がりました。

このことから、現在のハッシュレートの急落は、ディフィカルティの調整が追いつかないほど早い異例なスピードで下落しているという整理ができます。

ハッシュレートのディフィカルティからの乖離率推移のBTC価格への影響は、そもそも価格とハッシュレートの相関が極めて弱いため、皆無に近いと想定されます。しかし、強いて言うならば、FinAltでもお伝えしてきたように、ディフィカルティの下落はマイニング損益分岐点の引き下げに繋がるため、弱気相場で価格がすでに損益分岐点付近で推移している場合、さらに底値圏を探る展開になることも指摘されるといったところでしょう。

12月14日にはハッシュレートの急反発が確認されるなど(現在はすでに反発前の水準に戻る)、当面はハッシュレートが下げ止まるか否か目を離せない展開となりそうです。

 

【関連記事】
ビットコイン価格はまだ下がるか?マイニング損益分岐点引き下げに要注意
ビットコイン推定限界安値はどこだ?マイニング損益分岐で見る下値目途

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る