ビットコイン価格はまだ下がるか?マイニング損益分岐点引き下げに要注意

先日、「ビットコイン推定限界安値はどこだ?マイニング損益分岐で見る下値目途」でお伝えしたビットコイン(BTC)のマイニング損益分岐点が引き下がっています。

マイニングの損益分岐点はBTC価格の限界安値として意識されていたことが指摘され、テクニカルでいうサポートラインのような役割を果たしていることがいえます。

しかし、マイニングの損益分岐点は、新型マイニング機材の発売やネットワークのハッシュレートの推移によって上下します。

11月のBTC相場下落の背景には、ビットメイン社のS 15の発売によるマイニング損益分岐点の低下があるとも予想されます。S 15のハッシュレートは28THと、それまで主流だったS9の倍のハッシュレートを誇ります。

また、ビットコインネットワークのハッシュレートは、他のネットワークのハッシュレートが今春より伸び悩んでいたなか、10月までは上昇基調を保っていましたが、10月上旬には天井を突き足元急下落の最中にあります。これにより、採掘難度となるディフィカルティも10月18日から下落基調となり、損益分岐点の段階的な引き下げにつながっています。

【第1図:ビットコインネットワークハッシュレート&ディフィカルティチャート】


出所:Blockchain.comより作成

【第2図:ビットコインネットワークハッシュレートチャート(7日移動平均)】


出所:Blockchain.comより作成

【参考記事】
「下火」の仮想通貨市場でビットコインのハッシュレート上昇が示唆することとは?

先日の分析では、S15を0.10usd/kWhで運用した際の大凡の損益分岐点となる3700ドルが注目されましたが、本日13日時点でのディフィカルティでの損益分岐点は約3070ドルとなります*。

*前回紹介したS9とS15の損益分岐点は12月2日時点で算出したものとなっています。

こちらは、心理的節目となる3000ドルとほぼ同水準なので信頼度のあるサポートとなりそうです。

一方、S9を0.10usd/kWhで運用した際の大凡の損益分岐点は本日の時点で約5080ドルとなっています。

BTCの対ドル相場は、足元、3400ドル〜3500ドルで推移しているため、同電気料金水準ではS9の運用は依然難しい状況となっているようです。

0.10usd/kWhは世界的にも安い電気料金の水準となりますが、都心から離れた郊外や、電気料金特区などの制度を利用した場合はさらに安い水準もあるようです。

ちなみに、電気料金を0.05usd/kWhでS9とS15を運用した際の損益分岐点は、それぞれ約2540ドルと1535ドルとなります(第1表)。

よって、現在はS15を0.05usd/kWh〜0.10usd/kWhもしくはS9を0.05usd/kWh水準で運用できるマイナーが利益を上げられることとなるようです。

【第1表:S9、S15電気料金別推定損益分岐点】


出所:CoinWarzより作成

一連のハッシュレートの下落は、利益を上げられなくなったマイナーが撤退もしくはマシンの運用を続々と一時停止していることが原因と整理することができます。

しかし、こうしたマイナーが完全にマイニングから離れたか否かを判断することは困難で、この先もハッシュレートの下落が継続することも十分に考えられます。

下落基調が続く相場のムードからいって、次の下値目途/推定限界安値となる3000ドル周辺が気になります。

一方、テクニカル指標の方も目が離せません。

足元、トレンドフォロー系指標では相場の下値目途を判断し難い状況となっていますが、オシレーター系指標で代表的なRSIは売られ過ぎ水準に限りなく近い31%で推移しています(第3図)。

【第3図:BTC対ドルチャート(RSI)】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

通常、株価や為替では、ファンダメンタルズとテクニカル指標の2つが注目されますが、PoW系仮想通貨の相場分析には3つ目の「マイニング損益分岐点」にも目を配る必要性が指摘されます。

この先は、現在の売られ過ぎ水準で下げ止まるか、3000ドル周辺まで続落となるか、そして来週の週中盤ころに調整が想定されるディフィカルティがいかに相場に影響を及ぼすかが注目されます。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る