【イーサリアム】コンスタンチノープルとEthereum 1.Xとは?:2019年はドラスティックな改善が目白押し?

コンスタンチノープル実施ブロック数決定

先週金曜日に開催されたイーサリアムのCore Devs Meeting(開発者によるミーティング)にて、次回ネットワークアップデートに当たる「コンスタンチノープル」を実行するブロック数が7,080,000番目に決定いたしました(推定日時2019年1月14日〜18日)。

コンスタンチノープルは、イーサリアムネットワークが予定する4段階に及ぶハードフォークアップデートの3番目に当たる「メトロポリス」の最終段階となるため、本アップデートの実施によりメトロポリスが完結することとなります。

今までに、第1、2段階となる「フロンティア」、「ホームステッド」、そしてメトロポリスの第1段階の「ビザンチウム」が実施されており、メトロポリスの後には第4段階目の「セレニティ」があります。

メトロポリス・アップデートのコンスタンチノープルは、当初、今年の11月に予定されていましたが、コミュニティ内での技術的な調整などにより延期となっていました。

本アップデートは5つのEIP*から成ります。

*EIPとは、Ethereum Improvement Proposal(イーサリアム改善案)の略となっており、コミュニティの開発者たちが将来的な技術的改善を目的としてGithubに投稿します。こうした投稿の中から、有用性の高いものが議論と試験運用の末、実装に移るといったコミュニティの仕組みが取られています。

EIP 145

Bitwise shiftのEVM(Ethereum Virtual Machine)への導入により、より効率的な情報処理能力とガス代の削減の実現を目的としたアップデート。

EIP 1014

別名Skinny CREATE2。イーサリアム共同創設者のビタリック・ブテリン氏本人が提案したもので、ステートチャネルとオフチェーン・トランザクションを駆使したスケーリングソリューションを円滑に行うためのアップデート。

EIP 1052

Opcode「EXTCODEHASH」を駆使したガス代の削減とコードの効率性向上を目的としたアップデート。開発者がスマートコントラクトを用いて別のコントラクトのバイトコードをチェックする際に特に有用なアップデートとなります。

EIP 1234

マイニング報酬を現在の3ETHから2ETHへ減額し、PoWアルゴリズムをPoSへと移行する「ディフィカルティボム」を12ヶ月先に延期するアップデート。

EIP 1283

データストレージに対するガス代算出の新基準の提案で、こちらもガス代の削減を目的としたアップデートになります。

全体的にガス代の削減を目的とした改善案が目立ちますが、ガス代が高騰しやすいという点は長い間イーサリアム上で問題視されてきており、ユーザーおよび開発者視点からも改善が急務とされていた分野となっています。

ETHの相場に特に影響を及ぼすと想定されているのはEIP 1234で、ETHの市場への供給スピードを抑制することで、ETH建てでみたインフレ率を抑制することが期待されています。

実は、現在のETHの市場への供給量は、ブテリン氏本人の予想をも上回るほどとなっており、過度なインフレ率の上昇が相場下落に関与していると指摘されています。

【参考記事】
イーサリアム(ETH)マイニング報酬減額決定:インフレ抑制で価格上昇なるか

イーサリアム(Ethereum1.Xとは

また、今後のイーサリアムのネットワークアップデートに関する注目動向として「イーサリアム1.X」のパブリック化があります。

イーサリアム1.Xは、2019年のネットワークアップデート案に盛り込まれる予定となり、第4段階目のセレニティと並行してR&Dが行われるものです。

そもそもは、先月末にプラハで開催されたDevcon4にて浮上し、クローズドの環境で議論されていましたが、それが先週のCore Devs Meetingでパブリックとなった形です。

イーサリアム1.Xには主に3つのアップデート案から成ります。

  1. スループット*拡大によるスケーリング
  2. スループット拡大によるディスクスペース問題の解決
  3. EVMのアップグレードによるコントラクト処理能力の大幅向上(Ewasm:Ethereum flavored WebAssemblyの導入)

その名前にもある通り、イーサリアム1.Xはイーサリアム2.0(セレニティ実施後のネットワークがイーサリアム2.0となります)までに行われる予定の一連の改善案ということになります。

特に、2番目(過去のブロックやログなどの削除を行いネットワークストレージに上限を設ける)と3番目(スマートコントラクトを実装されるためのEVMをEwasmに変更)はかなり大胆な改善案となっており、2019年のうちに正規の手続きを踏んで実装となれば、ネットワークの処理能力がドラスティックに改善されるという期待が集まっているようです。

一方で、イーサリアム1.XはR&D段階にあるものの、現状具体的なロードマップは完成していないようです。

*一定時間内に処理される情報量のことで、ネットワークの処理速度を表す指標となります。

まとめ

イーサリアムはDapps(分散型アプリケーション)の構築に用いられるプラットホームなので、これらのネットワークアップデートによりさらなるスケーリングやユースケースを増やしていくことが、仮想通貨のみならずブロックチェーン技術の普及に繋がると考えられます。

また、今年はICOブームの減速や世界的な規制動向の影響を受け、ETH相場は低迷していますが、2019年はネットワークのアップデートが相場の復調に繋がるかも注目されます。

【第1図:ETH対ドルチャート】


出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

 

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る