ゼロモラルハザード:ビットコインキャッシュ(BCH)のハッシュ戦争に関する問題点

先日CCNより、ビットコインキャッシュ(BCH)のハッシュ戦争に関して、仮想通貨業界に与える影響がどういったものであったかを知る貴重な記事がリリースされました。今回はその内容を解説し、「ゼロモラルハザード」と呼ばれる現象について考察します。

タイトルにある「ゼロモラルハザード」とは、後述する_unwriter氏による造語となっており、この記事で解説する現象を説明するための表現となっております。

ハッシュ戦争のあらまし

BitDB(※1)とBitSocket(※2)と呼ばれるBCHコミュニティにとって重要な2つのBCHインフラプロジェクトで働く匿名デベロッパー(_unwriter氏)はMediunmへの投稿で、Bitcoin.comやBitmainなどと同様に、Bitcoin ABC(ABC)に対して重大な批判をしており、その要点をまとめると以下のようになります。

  • 彼らの意図が何にしろ、ビットコインキャッシュABCは11月のハードフォーク後、チェックポイントの導入により中央集権的になった。
  • フォーク直後に相次ぐ「修正」を急行した結果、彼らは不可逆的な損害をもたらした可能性がある。
  • ビットコインは、いかにスケールするかとどれだけ安全かということで定義される。一般的に、この2点がチェーンに備わらず、またProof of Work(PoW)で施行されない場合(_unwriter氏はこれを「在り方」と宣言している)、それはビットコインではない。
  • ビットコイン最大化主義は開発の上での一般的なアプローチだ。
  • 私は、自分の「パーミッション・レスなイノベーション」をいともたやすく蝕むようなプラットホームの開発に時間とリソースを投じたくはない。例えば、あなたが偶然にもワームホールと競合する物を開発したとしたら、それがあらゆる「些細」な方法で二の次にされることが予想され、それが「ABCプロトコル・アップデート」として自分に跳ね返ってくるまでその「些細」の程度にすら気づかないだろう。
  • 最後に、ビットコインキャッシュABCは、もはや_unwriter氏が開発を行っていくには合理的なプラットホームではないだろう。

※1 Bitcoin用分散データベース
※2 Bitcoin用リアルタイム・メッセージ・バス(アプリケーション間連携のための標準フレームワーク)

ゼロモラルハザード(Zero Moral Hazard)

ことの発端

これはある匿名の投稿者(_unwriter氏)によって、投稿された記事の概要になります。匿名の投稿者である_unwriter氏は、誠実で自らの為すべきことのために活動しており、実際に開発者に会ったことは無いためいかなるコミュニティにも影響を受けずにこの記事を書きました。

_unwriter氏は、単に「ビットコインが必要としているものの開発」を望んでおり、その開発物の良し悪しで評価されたいと言います。ビットコインのコアデベロップメントにおいて、ブロックサイズが増加し行き詰まった時、_unwriter氏はビットコインキャッシュこそが、ビットコインの本当のビジョンを継続すると信じ、ビットコインキャッシュを選択しました。しかし、ビットコインの純粋なビジョンをゆがめる人々に耐えなければいけない状況に陥りました。

_unwriter氏曰く、過去に反ビットコインキャッシュ派から、「ビットコインキャッシュ開発は中央集権的」との主張もありましたが、少なくとも「ハッシュ戦争」が起こる前までは中央集権的ではありませんでした。しかし、現時点でビットコインキャッシュの最高権力を持つクライアントはABCだけだという事実を今や誰も否定できません。

ビットコインアンリミテッドなどの開発コミュニティは「フォロワークライアント」になるまで縮小してしまい、ABCは他のチームと議論する必要さえありません。彼らは、新しい機能を勝手に「パーミッション・レス」で追加し、それを発表することさえ簡単にできてしまいます。

_unwriter氏の主張をまとめると、ABCはごく短期間でいくつものバージョンをリリースし、ネットワークに損害を与え、信頼のないものにしてしまったということです。

_unwriter氏によると、ABCコミュニティ内には、重大な間違いが複数あると指摘します。

カルテル結成による単一障害点

本質的には、_unwriter氏はBitmainが支援するABC開発チームと「exchange cartel:取引所カルテル」の協力は、許しがたいレベルの中央集権化を起こし、将来的にネットワーク全体の崩壊をもたらすことを危惧しています。

はっきりと述べているわけではありませんが、_unwriter氏の言及による要点は、ABCサポーターのビジネスにとって、今のプロトコルは最適化されており、今後も変わっていくだろうということです。

この中央集権的なチェックポイントの興味深い点は、強力な敵対勢力が、将来、ネットワークを崩壊させるための「理由」と「方法」を作り出すことにあります。敵対勢力は、単純に、中央集権的なチェックポイントをテコに、ABCに属するカルテルを攻撃し、彼らがやりたい放題にチェーンにダメージを与えることが可能となります。そして、ユーザーはその時何が起きたのかさえ気づくことはないでしょう。

中央集権的な開発方針

_unwriter氏はまた、対立する2つの勢力間で唯一の中立的な立場であるビットコインアンリミテッドに同情の意を表しています。

これらの修正案は、不要な技術的債務と重大なセキュリティ上の脆弱性を及ぼしました。修正に修正を重ね、そこで起きたバグを修正するためにさらなる修正を行いました。度重なるパッチリリースにより、ネットワークを複数のノードに分裂させるという結果を引き起こし、異なるバージョンのルールを持つ複数のノードが生み出されることになりました。

その際、ABC クライアント以外の、例えばビットコインアンリミテッドのような他の開発チームが競争に残るために、日々これらのパッチのフォローを強いられることになります。

また、前述のようにABCサポーターのビジネスにプロトコルが最適化されていく可能性があります。

つまり、_unwriter氏はABCのアップデートにより中央集権的なチェックポイントシステムが導入されたことで、コミュニティの運営方針を外部関係者に委ねてしまったと同義だということを指摘しています。

ビットコインをどのように捉えるのか

_unwriter氏は最後に2つの衝撃的な内容を語っています。

一つ目は、「ビットコインの発明者はアダム・スミス」であること。次に、Proof of workは単なるアルゴリズムではなく、「Proof of Work(在り方)」であること。_unwriter氏は、サトシナカモトのホワイトペーパーについての議論を避けるため、1つめの発言をしました。それは、誰がビットコインを発明したのかに頓着しないという点で、他のビットコインSV(SV)サポーターたちと異なる立場にあります。

_unwriter氏も匿名であるように、サトシナカモトも匿名でした。_unwriter氏の指摘は、「Proof of workという概念は、アダム・スミスが最初に提唱した資本主義の自由市場を実行するアルゴリズムにすぎない」ということです。

パブリックブロックチェーンは経済に依存しないと主張する方もいますが、全ての取引可能なコモディティは何かしらの社会主義的カテゴリーになってしまいます。さらに、マイニングのインセンティブは、いつも必ずしも富の獲得ではありません(自己中心的なマイナーでさえ、公のために損益を呑む場合もあります)。しかし、コンセンサスの法に実際に従い、機能するネットワークへの需要は、「独立自由思考超資本主義者」的なビットコインの解釈に対する最もdamning(強い)主張と言えるでしょう。

これこそが、ビットコイン最大化主義者が初めから唱えていた主張です。ブロックサイズの変更自体はマイナー達の合意によって為されるものですが、「エコノミックマジョリティー(※3)」がネットワークのユーティリティを評価することでその存続が左右されます。しかし、マイナーがコンセンサスの変更に力を持つことからビットコインは民主主義ではありません。

記事の中で、_unwriter氏は、ABCに対して、無意識のうちに的確な問題提起を行っていたとしても、それは論破することを目的としたものでは無いと語っています。

_unwriter氏は、企業やマイナーたちと友好な関係を築く必要はなく、開発に専念し、それをユーザーに使って欲しいと語り、利便性の高いものを作る限り、人はそれが誰なのかということではなく、何を作ったのかによって評価するものだと述べています。

そのような熱意は、仮想通貨のサポーターの心に響き、_unwriter氏が望むか否かに関わらず、その働きや理想を通し、多くの賛同者を得ました。

※3 ビットコインを受け取って物やサービスを提供できる人たちのこと

まとめ

ハッシュ戦争にまつわる論点は、ビットコインキャッシュが分裂し、どちらがそのシンボルを獲得するのかという話だけでは収まりませんでした。

決着をつけるために行われたマイナー同士のハッシュレート競争や、アップデートなどの開発に関する諸々の問題点(チェックポイントなど)が浮上し、分散管理を標榜する方針とは裏腹な動きが複数見られました。

それは、単一障害点を設けてしまうようなアップデート、コミュニティ同士のパワーバランスの崩壊など、中央集権的と評されてもおかしくないものです。

仮想通貨業界において、大きな出来事となったハッシュ戦争の収束とともに、今後のアップデートやABCとSVの開発動向には引き続き注目が集まります。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る