ビットコイン推定限界安値はどこだ?マイニング損益分岐で見る下値目途

BTC/USDはマイニングの損益分岐点付近で反発を繰り返す

仮想通貨のネットワーク維持に不可欠なマイニングのコストに注目が集まっています。

今年のビットコイン(BTC)の対ドル相場は、節目となる6000ドル周辺で反発を繰り返してきましたが、これは、マイニングハードウェアメーカー大手のビットメインが販売するAntminer S9(以後S9)を0.1usd/kWhで運用した際の大凡のマイニング損益分岐点となります(CoinWarz調べ)(第1図)。

このことから、マイニングの損益分岐点がBTCの限界安値と意識されていることが指摘されます。

しかし、この6000ドルの損益分岐点ですが、11月にビットメインが新機種Antminer S15(以後S15)をリリースしたことにより大幅に引き下がっています。

S9が約1320Wの電気消費量に対し14TH/sというスペックだったのに比べ、S 15は1596Wの電気消費量に対し28TH/sのスペックを誇ります。

これを、現在のビットコインのマイニング・ディフィカルティに対し、電気料金を0.1usd/kWhと想定すると、損益分岐点は大凡3700ドルとなります。

ちなみに、電気料金が主要国の中では比較的安く、ビットメインが運営するマイニングプールがある中国の電気料金は、地域によりバラツキはありますが、首都北京で産業用電気が0.1usd/kWhで主要36都市の家庭用電気が0.075usd/kWhとなっています(CEIC調べ)。

よって、4日のBTCの終値が3981.9ドルということを考慮すると、現在の価格はマイニングコストの損益分岐点に基づくサポートライン付近まで下がってきているということがわかります。

【第1図:BTC対ドルチャート(0.1usd/kWhでのS9、S15損益分岐ライン)】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

また、3700ドルのサポートラインは、最新鋭のマイニングマシーンを低水準の電気料金で運用した際の推定損益分岐点となるため、相場が同水準を割り込めば市場参加者には相応の心理的ダメージとなることが指摘されます。

【第1表:S9、S15スペック&電気料金別推定損益分岐点】


出所:CoinWarzより作成

ビットコインマイニングは負のサイクルへ?

前述のS9によるBTCのマイニングコストの損益分岐点を基準とするサポート(約6000ドル)が意識されていた根拠として、10月頭からのハッシュレートの下落が挙げられます。

BTCの対ドル相場は、9月上旬から11月の急落まで6500ドル周辺のレンジで推移しており、損益分岐点間近で推移する相場に耐えられなくなったマイナーが離脱し始めたことが指摘されます。

一方、ネットワークのハッシュレートに比例して推移するマイニングのディフィカルティ(採掘難易度)も10月18日から下落基調となっています。

マイニングの難易度が下がるということは、一見ポジティブに思えるかもしれませんが、ビットコインなどの大規模なネットワークとなるとむしろネガティブに作用することが指摘されます。

例えば、ビットコインのネットワークでは、ブロック生成を10分に1度に維持するため、2016ブロックごとにディフィカルティが調整されます。このため、ハッシュレートの下落基調が継続すれば、次のディフィカルティ調整までの相対的なディフィカルティが上がることとなり、損益分岐点も上昇してしまいます。

このため、ビットコインの場合は、個人マイナーや小・中規模のマイニングファームは、新規参入はもとより大規模マイニングファームに太刀打ちするのが困難となっています。

さらに、現在は相場が損益分岐点付近で推移していることによりマイニング参加者の間でも「続行」か「離脱」か、という拮抗する思惑がマイニング業界で渦巻いていることが予想され、マイニングの「負のサイクル」が起きていると言えるでしょう。

BitcoinWisdomによると、ビットコインのディフィカルティは今月3日に-15.13%と大幅な下落率を記録しています。

相場も先月からの急落の末、現在、損益分岐点付近を落ち着きどころとできるかと言った展開が繰り広げられていますが、こうした相場の動きを考慮すると、損益分岐点に影響を及ぼすディフィカルティの下落の落ち着きどころも重要なファクターとして意識されます。

この先は、相場が3700ドル周辺の水準を死守できるか要注目です。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る