イーサリアムにも対応、Amazonがブロックチェーンの新サービスを発表

仮想通貨市場はよくITバブルと比較されて語られますが、そのITバブル崩壊から現在ではeコマースを代表する企業となったのがAmazonです。

Amazonは、昨年AWS(Amazon Web Services)とのブロックチェーン領域への共同参入を取りやめましたが、先日開かれたAWS re:Invent 2018にて2つのブロックチェーン技術を用いた新サービスを発表しました。

AWSはクラウドサービスプラットフォームを初めとしたITインフラを提供しており、国内ではANA、海外ではNetflixなどもそのサービスを導入しています。

今回はAWS re:Invent 2018にて発表された2つの新サービスがどのようなものなのか、その利用可能性について解説します。

アマゾンが提供するブロックチェーンソリューションとは

ユーザビリティーの向上をもたらす「Amazon Managed Blockchain

AWSが提供するAmazon Managed Blockchainは、数回のクリックで容易にスケーラブルなブロックチェーンネットワーク構築・管理が可能なサービスとなっています。

オープンソースフレームワーク(※1)の「Hyperledger Fabric」または「イーサリアム(Ethereum)」が選択可能となっていますが、現在はテスト版ということで「Hyperledger Fabric」のみが利用可能になっています。

このサービスは、数百万のトランザクションを実行する数千のアプリケーションの要求に合わせて自動的に拡張されるため、アプリやサービスのスケーリングに係る開発コストの削減などをもたらしてくれます。

アクセス制御用の証明書を管理することもでき、新しいメンバーをネットワークに招待することができます。

また、ブロックチェーンネットワークのアクティビティを、次に紹介するAmazon Quantum Ledger Database(QLDB)にコピーでき、アクティビティ分析を用いたトレンドの把握も可能となっています。

※1プログラミングにおけるソフトウェア開発基盤のこと。

信頼性を提供するデータベース「Amazon Quantum Ledger Database (QLDB)

QLDBは、信頼のおける中央機関が有する記録と同品質の記録を提供するフルマネージドの台帳データベースです。既存の台帳アプリケーションと連携し、変更履歴などの管理ができます。

QLDBは、ブロックチェーンのプラットフォームではありませんが、Amazonのブロックチェーンサービスとセットで運用することにより、データベースに改ざん耐性を持たせることが可能となります。

まとめ

Amazon Managed Blockchainにより、ブロックチェーンを用いた新たなサービス展開における参入障壁の度合いが軽減され、QLDBの利用で管理の利便性向上と人的要因によるミスが減ることが予想されます。つまり、オペレーションや時間といったコストが軽減されることで、今後新たなサービスが生まれる可能性が広がったと言えます。

また、現状はテスト版ということで提供されていませんが、イーサリアムブロックチェーンへの対応を発表したことで、Dapps開発などにおけるアプリケーション開発基盤をAWSが担うことも考えられます。

Amazonがブロックチェーンサービスのなかでも、普及性に重点を置いたサービスを展開することで、Amazonが見据えるブロックチェーンの展望とさらなる業界の発展に期待が寄せられます。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る