ハッシュ戦争終焉の兆し:仮想通貨市場の混乱収束へ

11月の仮想通貨市場は、16日に行われたビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク(HF)によるネットワークアップデートを目前に急落し始め、市場時価総額は14日から現在までに885億ドル吐き出しました(-42%)。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)などの主要通貨は、この間に年初来安値を続々と更新し、市場はまさに総悲観となっています。

市場の急落の元凶とも言えるビットコインキャッシュのHFを巡るBitcoin ABC(以後ABC)とBitcoin SV(以後BSV)の対立は、リプレイ・プロテクションを双方が提案しなかったことにより、同ネットワークのマイナー投票の形で競われ、どちらがより多くのハッシュパワーを掌握できるか熾烈な競争が繰り広げられています。
一連の騒動のより詳細なまとめは下記リンクよりご覧いただけます。
仮想通貨暴落の背景:泥沼化するBCHハッシュ戦争が原因か
ハッシュ戦争でBCHはどうなる?!ハードフォーク前に知っておくべきポイント
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?

こうした中、BSVと同ネットワークを支持するマイニングプールのCoingeekが26日、BSVのチェーンにリプレイ対策を搭載しビットコインキャッシュから完全に独立する意向を発表しました。

Coingeekは、ビットコイン本来の存在目的である「P2P電子キャッシュシステム」の保管を強く意識しており、ABCはそんなサトシ・ナカモトのビジョンを捨てたとブログで批判。また、ABCのreorg protection(リオーグ・プロテクション)の実装など、物議を醸すような一方的なコードの変更にも触れました。

CoingeekのCEOカルビン・アイヤー氏は、「ABCのビットコインキャッシュはアルトコイン開発者の実験と化し、我々はもうそれ自体またはその汚されたブランドに興味はない」とコメントしています。

よって、BSVの独立した発展を推進するためにはネットワークのスタビリティ(安定)が不可欠だとし、CoingeekはBSV開発チームとスタビリティ政策を検討していると発表。そのうちの一つに、リプレイ・プロテクションの実装があるとBSVテクニカルディレクターのスティーブ・シャダーズ氏は発言しています。

今回のCoingeekiのブログでは、ABC側にこうしたネットワーク・スタビリティへの考慮が欠如していることが痛烈に批判されており、BSV側があたかも「大人な態度」を取っているといった演出がされているようにも受け取れます(そもそも、双方がハッシュ戦争による正面衝突を想定していました)。

いずれにせよ、BSVも同日にリプレイ対策を講じることを発表しているため、ハッシュ戦争の終焉が見えてきました。

しかし、リプレイ・プロテクションを実装するためには、ネットワークのコンセンサスをとる必要があるようで、相応な時間を要するため、年内の実装はないだろうとBSVは説明しており、この間のBSVおよびBCHの取引を避けることを推奨しています。

現在、通貨としてのBSVをサポートしているウォレットやサービスはBSVの公式サイト上で確認できますが、実際にリプレイ・プロテクションが実装されるまではこれらのサービスを利用することも推奨されないようです。

BSVの完全なるビットコインキャッシュからの独立を、「勝利」と取るか「敗北」と取るかには賛否両論あると思われますが、この先は、どちらがよりスケールできるかおよびどちらの価値がより高騰するかが注目されそうです。

一連の騒動に収束の余地が見えてきたことで市場での混乱も幾分落ち着くことが期待されます。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る