BTC一時4000ドル割れ、仮想通貨暴落はいつ終わる?:Vol.22 仮想通貨価格分析

14日からの仮想通貨の急落は週末も衰えることなく、市場時価総額は1200億ドルの大台をも一時割り込みました。

代表格のビットコイン(BTC)は25日、心理的節目となる4000ドルを一時割り込み、3657.6ドルの年初来安値をつけ、主要アルトコインも、比較的高パフォーマンスを記録していたリップル(XRP)を含め週末は全面安となり、市場は総悲観となりました。

ビットコイン(BTC

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、14日にデッドクロスを示現した4本の移動平均線が下方に拡散しています(第1図)。

相場の移動平均線からの乖離率は、現在およそ-16%となっており、先週19日より乖離率を縮めています。

RSIは14日に「売られ過ぎ」サインとなる30%を割り込み、現在は17%で推移しています。

【第1図:BTC対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

一目均衡表では、均衡表と遅行線が逆転しており、実体線は雲下限までの距離を広げ、まさに「弱気一色」となっています(第2図)。

この先はテクニカル的な下値目途に乏しく、節目となる3500ドルや3000ドルが意識されます。

現在の4000ドル周辺で粘り腰を発揮できるか注目です。

【第2図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

イーサリアム(ETH

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、18日に13日移動平均線が21日移動平均線を割り込んだことで、4本全ての移動平均線がデッドクロスを示現しました(第3図)。

相場の移動平均線からの乖離率は足元-26%まで広がり、RSIが19%付近で推移していることから、現在の110ドル〜120ドル周辺で一旦下げ止まれるか注目です。

【第3図:ETH対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

一目均衡表では、均衡表と遅行線が逆転しています(第4図)。

ETHの対ドル相場は、25日に102.9ドルの年初来安値を記録したことから、この先続落となれば、節目となる100ドル、90ドル、80ドルなどが下値目途となりそうです。

【第4図:ETH対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

リップル(XRP

リップル(XRP)の対ドル相場は、19日から20日の間に4本の移動平均線を割り込みました(第5図)。

相場はその後も続落となり、24日には心理的節目となる0.4ドルを割り込み、25日には一時0.329ドルまで下げ足を速めました。

この間に、13日移動平均線が他3本の移動平均線を割り込みデッドクロスを示現しています。

現在、相場の移動平均線からの乖離率は-17%となっており、RSIが32%で推移していることから、過熱感も確認されます。

【第5図:XRP対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Trading ViewのXRP/USDチャートより作成

一目均衡表では、20日に実体線が雲下限を割り込み、遅行線も逆転したことで、三役逆転となり一気に弱気相場となった格好です(第6図)。

25日には10月11日安値(0.377ドル)付近で下げ止まった格好となっており、本日の終値が同水準を死守するか割り込むかが注目されます。

反発となれば0.4ドルが上値目途としてあり、続落となれば節目となる3.5ドルや3.6ドルが下値目途としてあります。

【第6図:XRP対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのXRP/USDチャートより作成

ビットコインキャッシュ(BCH

米大手仮想通貨取引所のcoinbaseが20日にBitcoin ABCバージョンのチェーンをビットコインキャッシュ(BCH)として取り扱うことを発表したため、今週からはcoinbaseを参照してBCHのチャート分析を行います。

BCHの対ドル相場は、16日のハードフォーク(HF)以降急激な下落を記録し、HF依然は400ドル台で取引されていましたが、現在coinbaseでは180ドル周辺で取引されています。

直近1週間で13日移動平均線と21日移動平均線がデッドクロスを示現し、相場の移動平均線からの乖離率は-86%となっています(第7図)。

RSIは23%と売られ過ぎとなる水準で推移しており、この先は相場が足元の水準から反発できるか注目されます。

【第7図:BCH対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Trading ViewのBCH/USDチャートより作成

一目均衡表では、均衡表と遅行線が逆転しています。

【第8図:BCH対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのBCH/USDチャートより作成

ライトコイン(LTC

ライトコイン(LTC)の対ドル相場は、17日に13日移動平均線が21日移動平均線を割り込んだことで4本の移動平均線全てがデッドクロスを示現しています(第9図)。

相場は、25日に27.7ドルの年初来安値を付けましたが、同日には反発をみせ本日も続伸となっています。

移動平均線からの乖離率は-16%となっており、RSIは26%で推移しております。

【第9図:LTC対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Trading ViewのLTC/USDチャートより作成

一目均衡表では、先週に引き続き均衡表と遅行線が逆転しています(第10図)。

この先は、反発の勢いを維持できるか否かが注目されます。

【第10図:LTC対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのLTC/USDチャートより作成

イーサリアムクラシック(ETC

イーサリアムクラシック(ETC)の対ドル相場は、先週に引き続き4本の移動平均線がデッドクロスを維持しています(第11図)。

移動平均線からの乖離率は-30%となっており、RSIは13%で推移しています。

【第11図:ETC対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

一目均衡表も、先週に引き続き均衡表と遅行線が逆転しています。

この先は、現在の4.8ドル水準で下げ止まることができるか注目されます。

【第12図:ETC対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

サマリー

全体的に、移動平均線からの乖離率とRSIが売られ過ぎサインとなる水準で推移しているため、各銘柄とも今週は急落にブレーキがかかることが期待されます。

また、23日には、Bitcoin SVを支持するマイニングプールCoingeekのカルビン・アイヤー氏が、Bitcoin SVのチェーンの独立を支持したことで一連のHF騒動が終焉に近づいてきたという期待感もあるでしょう。

【前回までの仮想通貨価格分析】
混乱が尾を引くビットコイン相場、反発している銘柄は?:Vol.21仮想通貨価格分析
失速感目立つ仮想通貨市場、上昇トレンド突入の分岐点となるか?:Vol.20仮想通貨価格分析
BCH先導で仮想通貨は週末全面高に:Vol.19仮想通貨価格分析

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る