見えてきた底無し相場?ビットコイン相場を短期・長期チャートで比較

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は19日、心理的節目となる5000ドルを昨年の10月ぶりに割り込みました。

14日に重要なサポートとして意識されていた年初来安値(6月24日安値:5755ドル)を更新し、市場の悲壮感が加速していたなかでの今回の5000ドル維持失敗は、市場参加者に更なる心理的ダメージを与えているかと考えられます。

その上、この先はテクニカル的に短期的な下値目途が乏しいと言え、どのタイミングで相場が下げ止まるか見極めにくい状況となっています。

本項では、そんなBTC対ドル相場のこの先のチャートポイントを、短期と長期のチャートを用いて解説していこうと思います。

4時間足チャート

BTC対ドル相場の4時間足チャートは、第1図の通り9月から11月13日まで比較的狭いレンジの中で推移し、14日から15日にかけて下落の第1波を迎え、19日にその第2波がきた格好となっています。

【第1図:BTC対ドル相場チャート(4時間足)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

ここで注目したいのは、16日から18日にかけての一時的な揉み合いによって形成された「ペナント」です。

ペナントは短期的に形成されるトライアングルパターンの一種で、出来高の上昇を伴う急激な値動きの途中に出現したあと、出来高の上昇を伴い直前の値動きと同じ方向に同程度の距離価格が動くというトレンド継続パターンとして知られています。

ポイントは、「直前の値動きと同じ方向に同程度の距離価格が動く」という点で、このことからペナントは「旗竿の半旗の位置ではばたく」とも言われます。

第2図を見てわかる通り、BTCの対ドル相場は14日から15日に出来高の上昇を伴い急激に下落、ペナント形成時には出来高は落ち着き、19日には出来高の上昇を伴い再び急激に下落しました。さらに、ペナント形成直前の下落率は-10.8%で直後の下落率は-12.7%と同程度の値動きとなっています。

このことから、一連の急激な値動きは一旦終わったということが指摘されます。

もっとも、このパターンはトレンド継続パターンの一種で、一連の値動きが終わったからといって相場が反発するサインになるということではなく、あくまで急激な一方向の値動きが終わる「節目」になるということです。

ですので、この先は5000ドル付近の水準で再び横ばい、あるいは同水準から続落となることも考えられます。

【第2図:BTC対ドル相場チャート(4時間足)その2】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

日足チャート

BTC対ドルの日足チャートを見ると、14日の下落前のボックス相場は、直前までのメジャーな下降トレンドの「一時的な休止期間」であったことが指摘されます(第3図)。

ボックス相場も基本的にはトレンドの継続パターンとなりますが、今回のボックス相場は「底値圏での展開」と想定されていたので予測が困難でした。

相場は現在、昨年9月2日高値(4970ドル)を起点とするサポートライン付近で推移しており、その先には昨年8月17日高値(4492ドル)や昨年9月15日安値(2980ドル)を起点とするサポートラインがあります(第4図)。

【第3図:BTC対ドル相場チャート(日足)】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

【第4図:BTC対ドル相場チャート(日足)その2】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

週足チャート

BTC対ドルの週足チャートでは、下降ウェッジの形成が確認されます(第5図)。

ウェッジは、通常、上昇トレンド中には下降ウェッジ、下降トレンド中には上昇ウェッジと、トレンドとは逆方向に傾くトランアングルで、トレンドの継続パターンです。

しかし、稀にトレンドの終盤にトレンドの方向と同じ方向に傾くウェッジが出現することもあります(つまり、天井圏で上昇ウェッジ、底値圏で下降ウェッジ)。

この場合は、通常、トレンドの転換パターンとして認識されます。

また、トライアングルパターンに共通して言えることとして、ブレイクアウト(上辺(下辺)の上抜け(下抜け))は*ベースから頂点の3分の2あるいは4分の3の時点で起こりやすいということがあります。
*ベース:トライアングルが始まった時点。頂点:上辺と下辺が交わった時点。

これらのことを考慮すると、相場は2018年末から2019年2月上旬にかけて、下降ウェッジ上辺を上方ブレイクしやすいと考えられます(第5図)。

【第5図:BTC対ドル相場チャート(週足)その2】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

また、このようなトライアングルパターンには、ブレイクアウト後の目標値と目標値達成まで期間の算出方法があるので、そのうちの一つを今回は解説したいと思います。

まず、トライアングル(今回の場合ウェッジ)の下辺を上辺のベースの時点まで並行にスライドさせます。

そして、スライドした下辺とトライアングルの頂点の時点が重なる部分が目標値と目標値に達成する時点となると考えられます。

ブレイクアウト後に価格が一度戻り易くなるということを考慮すると、セオリー通りのシナリオとしては、BTC相場の推移は第6図のようになることが挙げられます。

【第6図:BTC対ドル相場チャート(週足)その3】


出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

まとめ

このように、短期的なチャートではテクニカル的にポジティブな材料に乏しいように見えますが、長期的なチャートを確認するとトレンド転換の兆しも確認されます。

短期的な注目ポイントは、一旦節目を迎えた激しい下落の値動きが今後どちらに向かうかで、長期的にはウェッジ下辺(4000ドルから4500ドル)水準を死守し、反発できるかといったところでしょう。

一方、今回のようなテクニカル分析はあくまで「セオリー通り」のシナリオを前提としているため、それぞれ注意が必要です。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る