仮想通貨暴落の背景:泥沼化するBCHハッシュ戦争が原因か

時価総額第4位のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークを明日午前2:00に控えた仮想通貨市場は混乱をみせています。

主要仮想通貨の相場動向

14日午後6時頃からBCHの価格は急落し始め、それまでおよそ520ドルから535ドルで取引されていた相場は一時415ドルまで下げ足を速めました。現在は445ドル付近で推移しており、13日終値からの変化率は-15.7%となっています。

ビットコインおよび主要アルトコインも追随し、13日終値からビットコイン(BCT)は-10%、イーサリアム(ETH)は-12.8%、リップル(XRP)は-12.1%と大幅な下落を記録しています。

また、BTCは昨日、5678ドルの安値を記録したことで6月24日の年初来安値(5755ドル)を更新、重要なサポートラインを一時割り込んだ格好となりました(第1図)。

【第1図:BTC対ドルチャート】

出所:Bloombergより作成

BCHを巡る最新動向

ビットコインキャッシュのハードフォークを巡るBitcoin ABCとBitcoin SVの対立には、昨日から本稿執筆時点に至るまでにも動きがありました。

Bitcoin ABCとBitcoin SV両バージョンの新銘柄の先物を先週8日に上場させた米仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)では、Bitcoin ABCバージョンのBCHABCの価格がBitcoin SVバージョンのBCHSVを上回っていますが、昨日午前10:00頃、一時的にBCHSV価格がBCHABCの水準に近づけました(第2図)。

【第2図:BCHABC(上)&BCHSV(下)対USDCチャート】


出所:Poloniexより作成

さらに、自称サトシナカモトのクレッグ・ライト氏はツイッターで、今度はBTCを1000ドルまで押し下げるとBTCマイナーを威嚇し、混乱の火に油を注いでいます。


こうしたなか、ハッシュレートのシェアから見るBCHマイナーのBitcoin ABCへの支持率は後退しています。

Coin Danceによると、昨日14日時点で19%〜31%のマイナーからの支持があったBitcoin ABCへの支持率は、現在14%〜26%となっています。

一方のBitcoin SVへの支持率は、上限は変わらず76%ですが、下限が66%から71%に上昇しています。

また、直近のボラティリティ上昇とハードフォークに伴う先行きの不透明感を懸念した香港の仮想通貨取引所OKExは、14日午後5:05よりBCH先物の取引を停止し、同日午後6:00にその時点までの全てのBCH先物を清算すると発表しました。

この清算のタイミングは、昨日のBCH下落開始のタイミングと重なっているようにも思え、ロングポジションがショートポジションを上回っていた可能性が指摘され、ロングポジションの手仕舞い(転売)で現物市場の価格に売り圧力がかかったことや、突然の先物取引停止と清算でBCH市場自体への信用低下が相場に影響したことが指摘されます。

BCHハッシュ戦争の混乱はいつまで続くか

昨日もお伝えした通り、ビットコインキャッシュのハードフォークを巡る対立が終息に向かうには、①Bitcoin ABCとBitcoin SVどちらかがリプレイ・プロテクションを実施するか、②どちらか一方がハッシュパワーの観点から圧倒的優位に立ち、他方のネットワーク規模を大いに上回ることなどが必要条件としてあります。

現在は①のオプションは双方とも打診していないことから、明日以降はハッシュ戦争が本格化するといった展開が見込まれます。

最も、上述の通り、現在はBitcoin SVを支持するマイナーがネットワーク・ハッシュレートの大半を占めるため、ライト氏のBitcoin SVが優勢という見方ができます。

【関連記事】
ハッシュ戦争でBCHはどうなる?!ハードフォーク前に知っておくべきポイント

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る