ハッシュ戦争でBCHはどうなる?!ハードフォーク前に知っておくべきポイント

ご周知の通り、今週、日本時間16日の午前2:00ビットコインキャッシュのハードフォークが予定されています。

今回のハードフォークによるネットワークのアップデートを巡っては、Bitcoin ABCが実装を予定するバージョン0.18.0に対する批判が浮上し、「Bitcoin SV(ビットコイン・サトシビジョン)」クライアントが台頭。ネットワークは分裂必至という状態になっています。

一方のBitcoin ABCには大手仮想通貨マイニングハードウェア会社のBitmain(ビットメイン)と、ビットコインジーサスとしても知られるロジャー・バー氏がついており、他方Bitcoin SVには自称サトシナカモトのクレッグ・ライト氏および同氏率いるブロックチェーン関連会社nChain(エヌチェーン)と、マイニングプールを運営するCoingeek(コインギーク)がついており、海外では「最も非聖なる聖戦:サトシVS.ビットコインジーザス」とも形容され大変注目を浴びています。

参考記事(フィナンシャル・タイムズ):「The unholiest of holy wars: “Satoshi” vs “Bitcoin Jesus”

ビットコインとビットコインキャッシュネットワークの統計データを公開するCoin Danceによると、現在、Bitcoin SVは66%〜76%のビットコインキャッシュマイナーから支持を得ており、Bitcoin ABCは19%〜31%のマイナーから支持されているようです。

本日のハッシュレート別マイニングプールのシェアを見てもわかるように、Bitcoin SVのSVPoolとCoingeekがネットワークのハッシュレートの大半(61.11%)を占めていることがわかります(第1図)。

【第1図:ハッシュレート別マイニングプールシェアチャート】


出所:Coin Danceより作成

また、余談とはなりますが、上記フィナンシャル・タイムズの記事にもあるように、ライト氏はBitcoin ABCおよびそれを支持するバー氏に対してかなりの敵対心を抱いており、バー氏を脅迫する内容のメールまで送っているようです。

こうした極度な敵対心から、「ライト氏は自身の資金を投入してBitcoin ABCバージョンのチェーンに51%攻撃を仕掛け、ハッシュ戦争において勝利を収めるつもりだ」と一部では噂されているほどです。

こうしたやり取りは、関係のない人からすれば見ていて面白いかもしれませんが、ビットコインキャッシュ(BCH)の保有者にとっては、「自分が持っているBCHはどうなってしまうのか」という懸念もあるかと思われます。

基本的には、ネットワークが2つに分裂しようが、2つ以上に分裂しようがそれぞれのチェーン上で現在保有する分の新通貨を保有することができます。

例えば、現在1BCH保有していたとすれば、1BCHABCと1BCHSVを保有することができます。

しかし、確かにハードフォークによる分裂で自動的に資産が増えることに違いはありませんが、今回のビットコインキャッシュのハードフォークには注意点があります。

それは、Bitcoin ABCとBitcoin SV双方が「リプレイ・プロテクション」の実施を打診していない点です。これにより、ユーザーはリプレイ攻撃の被害にあう可能性があります。

リプレイ攻撃とは、例えば、2つに分裂したチェーンのどちらかで送金した際、もう片方のチェーンでも同量で同じ送り先の取引が自分の知らないうちに行われる(2つ以上のチェーン分裂でも同様)ことです。つまり、自分の知らないうちに資産が減ってしまうということとなります。これは、チェーンが分裂しても、プライベートキーの情報はどちらのチェーンでも同じなため起きてしまう攻撃です。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュでは、リプレイ・プロテクション(リプレイ攻撃対策)が導入されているため、ユーザーはリプレイ攻撃を気にせずBCHを送金することができます。

このように、ハードフォークによるネットワークの分裂にはリプレイ・プロテクションが大変重要な役割を果たすことがわかります。

実は、このリプレイ・プロテクションを巡っては、今までにも問題が起きています。

2017年11月にビットコインからのハードフォークを予定していたSegWit2xは、分裂先の自信のチェーンにリプレイ・プロテクションを盛り込まず、フォーク元のオリジナルチェーンがリプレイ攻撃対策を取るべきだと主張しました。

これに対し、Bitcoin core(ビットコインのソフトウェア)の開発者などが反発し、SegWit2xに対する批判が高まりました。

というのも、そもそもリプレイ・プロテクションを実装するためにはハードフォークを行う必要があり、コミュニティ内でコンセンサスを取る必要があるなど手間がかかります。

結果的に、SegWit2xは、コンセンサスの欠如を理由にハードフォークをキャンセルし自体は終息しました。

しかし、今回のBitcoin ABCとBitcoin SVの対立では、双方がリプレイ・プロテクションを実施する意向を示していないため、一方がリプレイプロテクションを実施するか、一方のチェーンがハッシュパワーの観点から圧倒的優位になるまでは取引の安全性は保たれないといえそうです。

ちなみに、第3勢力とまでは言えませんが、一部のBCH開発者が今回のハードフォークで分裂を予定しているBitcoin Stashではリプレイ・プロテクションが実行すると発表されています。

日本を含め主要な仮想通貨取引所では、今回のハードフォークをサポートするとの発表がされており、基本的にはハードフォーク直前からBCHの取引を一時停止し、セキュリティ上取引再開可能かを判断してから取引サービスを開始するとしていますが、取引再開までの具体的なタイムスケジュールは予想困難です。

少なくとも、Bitcoin ABCかBitcoin SVのどちらかがリプレイ・プロテクション、もしくは何かしらの代替案を提案、実行しない限り、またはどちらかのチェーンがドミナントになるまでは、セキュリティの側面から言って両通貨(Bitcoin ABCとBitcoin SV両バージョンのBCH)もしくはドミナントな通貨の取引を開始する取引所は少ないと予想されます。

事態が落ち着くまでは、BCHの取引を一切控える、またはハードフォークの前にコールドウォレットに移動することなどの措置が無難といえそうです。

【これまでのビットコインキャッシュコミュニティの動向まとめ】
【アップデート2】ビットコインキャッシュ(BCH)分裂確定?ビットコインスタッシュとは
【アップデート】分裂の危機にあるビットコインキャッシュ(BCH)の今後:対立はさらに激化?
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?

 

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る