ビットコインキャッシュ(BCH)続伸:HFによる経済的インセンティブが後押し?

2日よりビットコインキャッシュ(BCH)の対ドル相場は大幅な上昇を記録しています。2日以前の相場は比較的小さな値幅でジリ安相場となっていたため、市場では大きなサプライズとなっています。

急伸の背景には、複数の仮想通貨取引所が日本時間16日午前2:00に予定されているビットコインキャッシュのハードフォーク(HF)への対応策を発表したことが材料としてあり、投資家の不安軽減やハードフォークに伴う経済的インセンティブが働いていると考えられます。

2日には中国のバイナンスが、そして4日にはアメリカのコインベースがそれぞれ16日の午前0:00と1:00にBCHの入出金を一時停止し、ネットワークが分岐した際は、その新たなネットワーク上の通貨にもアクセスできるよう対応すると発表しました。サービス再開の具体的なタイムラインは明示されていないものの、分裂の可能性が指摘されるBCHの取引を今後もサポートしていくという姿勢は、投資家の不安感を幾分軽減したかと考えられます。

上記2社に共通して言えることは、仮にネットワークが分裂し新たな仮想通貨が生まれたとしても、ユーザーがそれぞれ現在保有するBCHと同量の新通貨を手に入れるよう対応すると明示したことです(ただし、新通貨の取引ができるようになるには、各社の上場に関する審査基準を満たしてからとなります)。つまり、単純にいうと、「何もしなくても資産が勝手に増えるかも」ということになります。

勿論、分裂後の新通貨が取引所に上場したからといって、必ずしもそれが現在のBCHのように「1BCH=600ドル相当」といった価値がつくわけではありません。しかし、これまでもメジャーな仮想通貨の新規上場直後には、その通貨の価格が急上昇したケースがいくつも確認されたことがあります。

こういった大手仮想通貨取引所によるハードフォークの際の潜在的分裂の可能性への対応方針発表と経済的インセンティブが重なり、2日からBCHの価格を押し上げていると分析できます。

一方で、ビットコインキャッシュネットワークが分裂することで懸念されることもあります。

まず、分裂した後にそれぞれの通貨が安定してマイニングされるかという懸念です。マイニングはネットワーク上において通貨を新規発行する役割を担うかたわら、ネットワークのセキュリティを維持する役割も持ちます。マイニングを行うマイナーは、多ければ多いほどそのネットワークのセキュリティを強固なものにするため、ネットワークが分裂しマイナーが分散してしまうとセキュリティの水準を下げることになります。

今回のビットコインキャッシュ分裂論争の中核となっているのは、Bitcoin ABCとnChainの対立となっています。これまでに、Cobraも分裂を示唆していましたが、今月に入りCobraはnChainのBitcoin SVクライアントを支持することを表明しています。Bitcoin Unlimitedは、引き続きBitcoin ABCとBitcoin SVの両アップデートを実装するある意味で和解案を打ち出しています。そして、想定外な動向としては、一部のBCH開発者がすでに分裂を宣言し、新ネットワーク「Bitcoin Stash」を作ると発表しています。

直近で相場が上昇したBCHですが、実際にネットワークの分裂が起きた際には相場の予想が困難となります。年初来のBCH対ドル相場はメジャーな下降トレンドにあったといえますが、直近では出来高の上昇を伴って下降トレンドラインを下からブレイクアウトしています。この先は、9月2日の高値(660.28ドル)を起点とする抵抗線の上方ブレイクが一つの主要転換ポイントとなりそうです。

【第1図:BCH対ドルチャート】

出所:Bloombergより作成

【関連記事】
【アップデート2】ビットコインキャッシュ(BCH)分裂確定?ビットコインスタッシュとは
【アップデート】分裂の危機にあるビットコインキャッシュ(BCH)の今後:対立はさらに激化?
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?

 

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る