【速報】SWIFTからリップル(XRP)に回避か:イラン経済制裁が相場に影響?

トランプ大統領はイラン核合意からの一方的な離脱を行い、5日に経済制裁の第2弾を発動しました。

本経済制裁では、イラン経済の主柱となる原油の輸出網の妨害、さらにはイランを国際的な金融網から隔離する措置が取られます。

注目すべきは、国際銀行間通信協会(SWIFT)に対し、アメリカ政府がイランの金融機関を対象とするサービスを停止するよう求めた点です。これにより、イランは国際送金の手段を絶たれることになりますが、Bitcoin.comによると、アメリカで国内外の金融犯罪を取り締まるFinancial Crimes Enforcement Network(FINCEN)がアメリカの銀行や仮想通貨取引所に対して、イランが経済制裁を逃れるために仮想通貨を利用する可能性があると警告文を送ったようです。

仮想通貨業界で「国際送金」というと、真っ先に思い浮かぶのはリップルのXRPとなりますが、XRPの対ドル相場は5日深夜に突発的な上昇を記録。本日朝にも他の主要通貨が前日比で小幅な変化率の中、XRPは4%以上の変化率を記録しています(第1表)。

【第1表:主要仮想通貨前日比変化率】


Bloombergより作成

イラン政府や同国の企業が、実際にリップルのXRPを利用してアメリカの経済制裁を逃れようとした結果相場が上昇しているかはっきりとしたことはわかりませんが、イランは2013年より仮想通貨を経済制裁の抜道として利用していたということもあり、市場参加者が一時的なXRPの需要を見込んだ可能性も指摘されます。

価格面では良いニュースとなったかもしれませんが、このような悪質なケースで仮想通貨が利用されることは、業界にとっては多大な信用損失に繋がり兼ねません。国際的に一貫された規制が依然欠如している仮想通貨市場にとって、そのボーダーレスという強みが今回のようなケースで利用されてしまう、または利用されている可能性が指摘されてしまうと、シルクロードを思い出す方も多いかと考えられます。

今回のFINCENによる警告文は、仮想通貨業界が取り組むべき課題を浮き彫りにするケースとなりそうです。

「速報」をいち早く受け取りたい方はLINE@に登録!

友だち追加

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る