仮想通貨価格が上がりにくい訳:アメリカ中間選挙とその先を見据える既存金融市場

11月6日に実施される予定のアメリカ大統領選の中間選挙が今、注目を集めています。特に、下院での共和党と民主党の議席獲得合戦は野党民主党が過半数を得るとの見方が濃厚で、仮にそうなれば、上院下院での「ねじれ」がトランプ政権の勢いを衰退させ、株価に影響を及ぼすとも考えられます。

こうした一大イベントを控える中、アメリカの金融市場は10月、ある意味で「例外的な月」となりました。

今回は、そんな「例外」とその背後でアメリカが抱える問題を解説し、それらがいかに直近の仮想通貨市場に影響を与えているか考察していきます。

中間選挙までに2度の下落は例外:トランプ成長政略に懸念募る

統計的に、10月という月は株式市場において高パフォーマンスになる傾向にありますが、今年10月のNYダウ工業株30種、S&P 500種、ナスダック総合指数などの主要株価指数は、それぞれ-5.57%、-7.33%、-9.71%と大幅な下落を記録し、海外市場の影響を受けやすい日本にも米株価下落によるリスクオフの動きが波及しました。

さらに付け加えると、中間選挙がある年は、選挙前に相場が軟調になりやすい傾向がありますが、選挙月(11月)直前の10月に株式市場が下落するというのは極めて珍しいと言える上に、今年は2月から3月にかけて既に下落局面を通過済みだったため市場参加者にインパクトを与えたかと思われます(第1図)。

このような例外的な動きは、NYダウ工業株30種およびナスダック総合指数においても言えることです。

【第1図:S&P 500種月足チャート(緑:過去20年間の中間選挙、赤:中間選挙前の下落)】

 
出所:Bloombergより作成

アメリカの実質GDPは、今年4月から6月にかけて伸びており、トランプ大統領自身もその実績を標榜していましたが、10月の下落の背景には、トランプ政権の成長戦略のサステイナビリティを疑う動きがあったと言えそうです。

まず、今年6月にアメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)が段階的な利上げを発表して以来、アメリカの輸出は伸び悩み貿易収支の悪化を招いています。さらに、10月15日発表された財政収支では、昨年末の法人税改革による税収の大幅減少、そしてそれに伴う財政赤字の拡大が明らかとなりました。

さらに、「利上げと株価上昇」というシナリオは、ドットコムバブルや2007年の世界金融危機に至るまでにも見られたことから、一部では近い将来世界的な金融危機が起きる可能性までもが指摘されています。

デジタル・ゴールドに黄信号:資金流入を見込める相場ではない?

こうしたリスクを既存金融市場が織り込む中、逃避先としても見られることがあった仮想通貨市場は10月11日、株価の下落を追うように軒並み下落し、代表格のビットコイン(BTC)は一日の間に5.04%の下落を記録しました。

この時、デジタル・ゴールドとも称されるBTCの対ドル相場は既に現在の6187ドルから6729ドルの狭いボックス圏内で推移し、10日間と30日間のヒストリカル・ボラティリティは、それぞれ16.7%と27.31%まで下落していました(9月月初時点ではそれぞれ31.8%と53.38%でした)。

つまり、投機筋にとっては「醍醐味」とも言える激しい変動率は既に減少傾向にあったということです。

また、テクニカルの側面でも、9月からのBTCの対ドル相場は危うい局面にあります。というのも、①2018年に相場の短期的な上昇トレンドへの転換地点となっていた5755ドルから6425ドルのサポートラインの間で相場が反発していない上(第2図内緑帯)、②三角持ち合いからのブレイクアウトのタイミングを逃し、その有効性が薄れたことで相場が読みにくくなっていること(第2図内赤線)、そして、③出来高が年初来最低水準で推移していることがあります(第3図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】


出所:Bloombergより作成

【第3図:BTC年初来出来高チャート(米ドル)(青:1日出来高、オレンジ:15日移動平均線)】


出所:coinmarketcapより作成

このようなボラティリティの低下とテクニカル的なリスクが存在する局面において、アメリカの政治・経済・金融面のリスクを織り込む既存金融市場から仮想通貨市場に資金が流れやすいかといえば、答えはNOと考えるのが自然だと指摘されます。そもそも、仮想通貨市場は歴史も浅く予測しづらいので尚更です。

現在の資金の流れの悪さを打開するには、まず、既存金融市場におけるリスクの解消が不可欠といえますが、同時にBTCが明確なトレンドに入ることも重要なポイントと考えられます。仮に現在のレンジ相場を上方ブレイクできなかったとしても、下降トレンドではショートカバーが入るため、取引が活発になり出来高の回復に繋がることも予想されます。また、下降トレンドに入るということは、いずれかの時点でトレンド転換することを示唆することから、長期的に見れば決して絶望的になる必要はないかと考えられます。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る