仮想通貨全面安、コインチェック赤字が重石か:チャートの重要ポイントを解説

10月29日の仮想通貨市場時価総額は、日中一時2100億ドル台に乗せるも概ね横ばいとなりました。しかし、午後8時を過ぎると相場は一変、わずか2時間ほどの間に61億ドル吐き出し(-3%)、現在(09:30)は2029億ドルで推移しています(第1図)。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート】

出所:coinmarketcapより作成

主要通貨も本日は全面安となっており、前日比でビットコイン(BTC)は-2.24%、イーサリアム(ETH)は-3.88%、リップル(XRP)は-4.21%となっています。

時価総額10位以内で最も打撃を受けたのはビットコインキャッシュ(BCH)となっており、BCHは前日比で-5.22%を記録しています。

こうした苦況でもBTCは依然54.14%と高い市場シェア水準を維持しており、下落局面での粘り強さを伺えます(第2図)。

【第2図:主要仮想通貨銘柄市場シェア割合】


出所:coinmarketcapより作成

コインチェック84700万円の赤字

29日には、日本の仮想通貨取引所コインチェックの親会社となるマネックスグループが、コインチェックの今年4月から9月の収益(税引き前)が8億4700万円の赤字であったことを発表しました。

コインチェックの現在の主な収益源としては、出金と送金の手数料や仮想通貨のトレーディングによる収益がありますが、今年1月の580億円相当の顧客資産不正流出事件とそれに伴う金融庁からの業務改善命令を受け、コインチェックは現在サービスの一部が停止している上に、システムや人員などの体制整備への投資費用が嵩み赤字が膨らんだようです。

コインチェックへの金融庁認可と取引サービス完全再開は好材料ともなりますが、そんなコインチェックが大幅赤字となっていることが一部ではネガティブに捉えられたことが指摘されます。

下げ幅は許容範囲内?

さて、ここ最近小さな値幅で推移し、方向感に欠けるなかでの突然の下落となりましたが、チャートを確認すると昨日の下落も「許容範囲内」と言えそうです。

BTCの対ドル相場は、9月8日安値(6119.5ドル)と9月22日高音(6840.9ドル)を起点とするレンジないを依然推移しており、この先も10月12日安値(6220.3ドル)のサポートがあります(第3図)。

ETHの対ドル相場は、10月10日に9月12日安値(167.23ドル)と10月3日安値(214ドル)を起点とする上昇トレンドラインを下方にブレイクし、10月12日に188.35ドルの安値を付けた後は終値ベースで比較的狭いレンジ内で推移していました。昨日の下落で心理的節目となる200ドルを割り込みましたが、その先のサポートとなる10月15日安値(194.01ドル)は死守し下渋っている模様です(第4図:赤線)。同水準の下には10月12日安値を起点とする支持線もあります(第4図:緑線)。

XRPの対ドル相場は、10月17日高値(0.473ドル)と10月23日安値(0.432ドル)を起点とするレンジ内で推移しており、本日はレンジ下限で反発を見せています(第5図)。

【第3図:BTC対ドルチャート】


出所:Bloombergより作成

【第4図:ETH対ドルチャート】


出所:Bloombergより作成

【第5図:XRP対ドルチャート】


出所:Bloombergより作成

これらのサポートラインがブレイクされていない現状では、明確に下降トレンドに突入したとは言えないでしょう。昨日を例外として、今週も方向感に欠ける相場が予想されます。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る