サークルはステーブルコイン競争の一歩先へ:コインベース上場と新コンソーシアム設立

10月23日に米大手仮想通貨取引所のコインベースは、アメリカの代表的な仮想通貨関連会社サークルが発行する仮想通貨USD Coin(USDC)の上場を発表しました。

USDCは、米ドルの価値に1:1でペッグされたいわゆるステーブルコインの1つで、コインベースでは初めてステーブルコインが取り扱われることとなります。

さらに、コインベースとサークルは、米ドルなどの法定通貨の価値に裏付けられたステーブルコインの普及を促進することを目的としたコンソーシアム「センター」の設立を発表しました。

センターの具体的な活動内容としては、①仮想通貨のボラティリティを対処するためにネットワークメンバーが法定通貨に裏付けられたステーブルコインを発行・焼却・換金できるメカニズム、②スループットとスケーラビリティの増加に耐用するため、ステート・チャネルを利用したパブリックブロックチェーン上の国際的なステーブルコイン取引の相互運用性を可能にするプロトコル、③ステーブルコインを発行・取引・換金する認可を受けたネットワークメンバーを統治、監査、管理するためのルールとスマートコントラクトの提供となっています。

短くまとめると、つまり、法定通貨にペッグされた法定通貨をスムーズに発行、取引、換金するための自主的に規制された国際的なネットワークといったところでしょう。

サークルの狙いとしては、法定通貨をなくすといった極端なものではなく、シンプルに法定通貨と仮想通貨インフラの間に互換性を生み、より速く、簡単で安心できるボーダーレスな決済システムの構築があると考えられます。

ステーブルコインを巡っては、今年に入り、仮想通貨取引所ジェミナイが発行するGemini Dollar(GUSD)や、トークン化プラットホームのトラスト・トークンが発行するTrue USD(TUSD)、ブロックチェーン企業のパクソスが発行するPaxos Standard(PAX)などがローンチされ、業界内でのステーブルコイン競争の熾烈化が予想されていました。

現在、上記3通貨とUSDCの時価総額の順位は、TUSD(49位:1.7億ドル)、USDC(70位:9079万ドル)、PAX(82位:7978万ドル)、GUSD(415位:924万ドル)となっていますが(CoinGecko調べ)、今回、コインベースでの上場と新コンソーシアム設立でこの先USDCは時価総額競争において一歩先を行くかもしれません。

また、テザー社が発行し、ステーブルコインとしては比較的歴史の長いUSDTは、様々な疑惑があることもあり、若干その人気に陰りも見えてきました。USDTの時価総額は、10月7日まで28億ドルほどありましたが、23日には20億ドル付近まで下落しました(第1図)。

【第1図:USDT時価総額チャート】


出所:coinmarketcapより作成

歴史は長いですが、投資家からの信用を失いつつあるUSDTは、新興のステーブルコイン勢に淘汰されてしまう可能性が十分に考えられます。

この先は、これらの通貨の時価総額の推移も含め、センターの活動によるステーブルコイン・ネットワークの普及が注目されます。

関連記事

世界同時株安とテザー問題で揺れた仮想通貨:パフォーマンスをチャートで比較

テザー社が新たに2億5000万USDTを発行:ビットコイン価格は上がるのか

Vol.5: FinAlt Weekly Update 仮想通貨市場動向を徹底解説

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る