【速報】仮想通貨取引所ビットフィネックスのビットコイン(BTC)価格がおかしなことに?

香港に拠点を置く仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)でのビットコイン(BTC)価格が、他の取引所から300ドルほど上方に乖離しております(第1図)。

現在、大多数の仮想通貨取引所でBTCは6450〜6440ドル台で取引されていますが、ビットフィネックスでは6740ドルとなっています。

【第1図:取引所別BTC対ドル比較チャート(白:ビットスタンプ、黄:ビットフライヤー、緑:ビットフィネックス)】


出所:Bloombergより作成

第1図を見ての通り、ビットフィネックスではここ数日の間、他の仮想通貨取引所と比較してBTCの価格が上乗せされた状態で取引されていました。10月11日には既に100ドル程ギャップがありましたが、特に顕著に幅が開いたのは、14日から16日にかけてで、先日注目された米ドルに1:1でペッグされるとするUSDT(テザー)から他の仮想通貨への逃避の動きが影響していることが考えられます。

仮想通貨では、取引所間での価格の差を狙ったアービトラージ取引が戦略の一つとしてありますが、通常はメジャーな取引所でこれほどの価格の乖離が生まれることは比較的少ないため、多くのアービトラージ取引を誘発しそうです。

一方、アービトラージが盛んになると、価格のギャップが収束して行く傾向にあるので、今回の価格の乖離は一時的なものに終わると考えられます。

ビットフィネックスとテザー社の最高経営責任者は同一人物であり、これまでもテザー社によるビットフィネックスでの相場操縦の疑いが浮上していたため、本件を受けて両社とUSDTに対する疑惑はさらに深まりそうです。

 

関連記事

世界同時株安とテザー問題で揺れた仮想通貨:パフォーマンスをチャートで比較

テザー社が新たに2億5000万USDTを発行:ビットコイン価格は上がるのか

Vol.4: FinAlt Weekly Update 仮想通貨市場動向を徹底解説

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る