Vol.20:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

仮想通貨市場

今週の仮想通貨市場時価総額は、比較的小幅な値動きで上下し、結果的に横ばいになっています(第1図)。

今週の週安値は10月3日の2141億ドルで、週高値は9月30日の2256億ドルとなっています。

今週の注目ニュースとしては、①リップル社が主催のカンファレンス「SWELL」開催、②香港の仮想通貨取引所BitMEXがICOに関する注目リサーチ発表、③ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によるボットを駆使した取引による相場操縦に関する記事の掲載などがあります。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート】

出所:coinmarketcapより作成

リップル社「SWELL」閉幕

10月1日から2日にかけて米リップル社が主催するカンファレンス「SWELL」が開催されました。

先日もお伝えした通り、本カンファレンスでは、①XRPを介した送金システムxRapidのローンチ発表、②米証券取引委員会(SEC)元首席弁護士マイケル・ディディアック氏のXRPが証券に当たらないとの見解発表などの好材料がありました。

また、キーノート・スピーカーとして元米大統領ビル・クリントン氏が登壇し、ブロックチェーンの可能性に大きな期待を示しました。その上で、クリントン氏は、「古い規制制度」をブロックチェーンやAI、ロボティクスに適用することは「金の卵を産むガチョウを殺しかねない(イソップ物語に基づく諺で、目先の利益にとらわれるあまり、長期的に損失を生んでしまうこと)」と現状の規制環境を比喩的に批判しました。

今回のカンファレンスの成功は、リップル社とそのプロダクトにとって大きな宣伝効果になったと言えるでしょう。この先は、特に途上国人口を中心とした国際送金市場におけるxRapidの普及に大きな注目が集まります。

ICOによるETH「パニック売り」 相場に影響しない?

1日には、香港に拠点を置く仮想通貨取引所BitMEXのリサーチ部門が、ICO発行体によるETH売却は押し下げ材料ではないとの研究結果を発表しました。

BitMEXによると、今回の研究でサンプルとして調査した222の発行体は、トークンセールの時点で調達したETHの殆どを売却していたようで、ETH価格の下落にパニックを起こした発行体がETHを売り相場を更に押し下げているという俗説は、「嘘か予想されている程の影響はない」と結論づけています。

ボットによる不正取引に懸念

2日には、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が、仮想通貨取引におけるボットを駆使した不正取引に関する記事を発行しました。

WSJによると、伝統的金融商品の市場と異なり規制が欠如している仮想通貨市場においては、価格操作を目的としたボットによる大規模な取引が横行しているとのことです。

具体的にどのような取引が行われているかというと、一度注文した取引をキャンセルすることにより需要/供給が実際より多いように見せかける「スプーフィング」がボットにより行われているようで、WSJによると、大手仮想通貨ヘッジファンドのVirgil Capitalはボットの被害に見舞われ、ETH取引で損失を被ったとしています。

仮想通貨市場における相場操縦の懸念は、8月のビットコインETF承認否決の際にSECも示しており、現在は米商品先物取引委員会(CFTC)と同国司法省(DOJ)が規制に向けて調査を進めている最中です。

不正な取引が横行するような市場では、仮想通貨に対する投資家の信任を築くことは困難と思われ、ボット取引による実態の解明と対策が急務となるでしょう。

サマリー

今週は、SWELLに注目が集まっていたものの、相場の面ではXRP含め全体的に「横ばい」となりました。この先は、来週11日の20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議が注目イベントとして控えています。G20前には値動きが鈍くなる傾向にあるので、注意を要するでしょう。

テクニカル分析

9月27日に13・21・34・55日4本の移動平均線を上抜けしたビットコイン(BTC)の対ドル相場は、翌28日より下落に転じ、10月3日には再び4本の移動平均線全てを割り込みました。

10月4日の相場は6450ドル付近で反発し、心理的節目となる6600ドル手前に終値(6586ドル)をつけました。

注目なのは、4本の移動平均線が収斂し始めてきていることで、現在相場が底値圏で推移していると想定すると、この先反発する可能性が指摘されます(第2図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI】


出所:Bloombergより作成

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、9月30日から34日移動平均線がレジスタンスとなり、同移動平均線に沿って緩やかに下落し、10月3日には21日移動平均線を割り込みました。直近1週間小幅な値動きとなっており、4日に相場が反発していることを考慮すると、現在相場は9月27日安値(209ドル)と9月30日高値(239ドル)を起点とするボックス圏内で推移していることが指摘されます。また、底値圏でのボックス相場の出現は底値が硬くなってきているとも捉えられます。

足元13・21・34日移動平均線が収斂していることから、トレンド転換の兆しも確認されます(第3図)。

【第3図:ETH対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI】


出所:Bloombergより作成

リップル(XRP)の対ドル相場は、10月1日に心理的節目となる0.6ドルの上抜けに失敗し、翌2日には反落しました。3日には13日移動平均線を割り込み若干の失速感は確認されるものの、節目となる0.5ドル付近で下げ止まりました(第4図)。

【第4図:XRP対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI】


出所:Bloombergより作成

前回までのFinAltウィークリーアップデート

Vol.19:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.18:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.17:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.16:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.15:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る