【アップデート2】ビットコインキャッシュ(BCH)分裂確定?ビットコインスタッシュとは

FinAltでもお伝えしてきた通り、ビットコインキャッシュ・コミュニティーは、来たる11月15日のハードフォークによるネットワーク・アップデートを巡り、分裂の危機にあります。

一連の騒動の発端や経過については、下記のリンクよりご覧いただけます。
ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?
【アップデート】分裂の危機にあるビットコインキャッシュ(BCH)の今後:対立はさらに激化?

こうした中、Bitcoin ABCの提案するアップデートや全体的なコミュニティー・ガバナンスに嫌気がさし、この先「大惨事」が待ち受けていると予想した元ビットコインキャッシュの開発者グループが、11月のハードフォークでネットワークを分裂させ、新ネットワークBitcoin Stash(ビットコインスタッシュ)を作ることを9月23日付けで発表しました。

グループの素性がわからないことから、本プロジェクト自体の信ぴょう性に疑問が残りますが、真っ当な動機を持ち興味深い技術的アップデートを予定しているようです。

まず、9月23日のビットコインスタッシュによる初めてのブログエントリーでは、Bitcoin ABCのもつコミュニティー内でのリーダーシップに懸念を示し、11月のアップデートに向けて提案されているスケーラビリティ・ソリューションとビットコインキャッシュをトークン化プラットホーム(イーサリアムのようなICOプラットホームと同義)にする案に真っ向から反対しています。

まず、Bitcoin ABCのスケーラビリティ・ソリューションは、市場参加者や開発者から批判が相次いでいる上に、「コンセンサスを崩すような変更を急ぎすぎている」と主張し、後者の案に関しては、「ICOは死んだ市場でもう戻ってくることはない」とし、「恥知らずなカネ目的」だと一掃しています。

同日中にアップロードされた2番目の記事では、ビットコインキャッシュをトークン化プラットホームにすることに対し、「メジャーな(ビットコインキャッシュの)ステークホルダーを更に金持ちにするためにデザインされたスキームだ」と辛辣な批判を繰り広げています。

そして、10月3日にアップロードされたブログでは、ビットコインスタッシュの技術面の紹介をしています。

最も特殊なアップデートは、ズバリ「Merged Mining(マージドマイニング)」となるでしょう。ビットコインキャッシュネットワークのハッシュレートは下落基調にあります。しかし、マージドマイニングを可能にすることで、同じアルゴリズムの仮想通貨を同時にマイニングすることが可能になり、マイナーはビットコインスタッシュのマイニングをする傍、少しのハッシュパワーを割くことでビットコイン(BTC)かビットコインキャッシュ(BCH)どちらかのマイニングを同時にすることが可能になります。

ビットコイン(BTC)のようなポピュラーな仮想通貨のマイニングを同時にできるようにすることで、高いハッシュレートを呼び込むと同時に、ネットワークセキュリティーをブートストラップすることが可能になります。

この他に、ビットコインスタッシュは、Bitcoin SVのブロックサイズ拡大案や、Bitcoin ABCのICOプラットホーム案を実行しないこと、更にはリプレイ攻撃対策をとると発表しています。

現状では、分裂が起きるブロック番号は決まっておらず、前述の通りプロジェクトへの信ぴょう性にも疑問が残るものの、ブログを参照する限り、「スキャム」と一蹴するのも時期尚早と言えそうです。今後の進捗が注目されます。

【↓前回記事↓】

【アップデート】分裂の危機にあるビットコインキャッシュ(BCH)の今後:対立はさらに激化?

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る