「クリプト・ブル」トム・リー氏の注目調査:リップル(XRP)への期待ビットコイン(BTC)を凌ぐ?

今月注目イベントの一つ、リップル社が主催するカンファレンス「SWELL」が10月2日に閉幕しました。本カンファレンスでは、XRPを介した送金システムxRapidのローンチ発表や、米証券取引委員会(SEC)の元首席弁護士マイケル・ディディアック氏がXRPは証券でないとの見解を発表するなどの好材料が出ました。

SWELL開催前には、リップル社でアジア太平洋・中東の規制部門長を務めるサガー・サルバイ氏が、xRapidは「向こう1ヶ月程でローンチされると自信を持っている」と発言したこともあり、XRP市場は盛り上がりを見せていました。

一方で、10月2日から3日の相場は下落に転じており、利食いの「XRP売り」が優勢となっているようです。

こうした中、米投資戦略会社Fundstrat の創設者で「クリプト・ブル」としても知られるトム・リー氏が9月30日よりTwitter上でユーザーの投票による仮想通貨に関する6つの調査(CRYPTO POLL)を実施し、本日その結果が集計されました。その中には、リップル(XRP)にとって興味深い結果も出ています。

本項では、そんなリー氏による調査の結果を紹介していきます。

質問1:仮想通貨価格に影響を与える最も重要なマクロ要因は以下のうちどれか?

 


こちらの結果を見ると、中央銀行の動向に注目しているユーザーが多いことがわかります。金利政策などに注目し、既存金融市場における国際的な資金の流れに注目していることが指摘されます。

新興国市場が2位に付けている背景には、法定通貨が安定しない国からの仮想通貨市場への資金流入や、新興国で比較的盛んな国際送金やマイクロファイナンスに仮想通貨が用いられることへの期待感が反映されていることが考えられます。

質問2:仮想通貨価格は経済不況の中で上昇するか?

 



こちらでは、「Yes」と答えたユーザーが多かったようですが、おそらく、経済危機が起きた際に一時的に仮想通貨の価格が上昇することがユーザーの間では認識されていることが挙げられます。

一方で、経済が不況の中では、仮想通貨を売って生活費を確保する動きもでるという声も多く、「Yes」と「No」にそれほど差が出ていないと考えられます。

質問3:ビットコイン(BTC)はいつ底を打つか?

 



ビットコイン(BTC)価格は「既に底を打った」と答えたユーザーが圧倒的に多く、その次が「2018年末」となっています。このことから、年末から来年にかけてBTCのパフォーマンスが向上すると想定しているユーザーが多いことが指摘されます。

質問4:2019年末のビットコイン(BTC)価格は?

 



「Moon(月)」とは、「月まで価格が上がる」という言い回しで、2019年末までにBTC価格が1万5000ドル以上になると予想するユーザーが一番多いということになります。

ビットコインETFの承認やインターコンチネンタル取引所のBakktのローンチという2大好材料があるため、ビットコイン価格上昇に期待するユーザーが多いのは想定内と言えます。

質問5:以下のトークンの中でこの先12ヶ月間で最もパフォーマンスが良いのはどれか?

 



こちらの結果には驚かれる方もいらっしゃると思いますが、9454票のうち46%ものユーザーがリップル(XRP)のパフォーマンスがこの先12ヶ月間で最もよくなると回答し、ビットコイン(BTC)を凌ぎました。

XRPは、年初来80%以上の下落率を記録しましたが、冒頭でもお伝えしたような好材料が出たことで直近2週間そのパフォーマンスを上げています。

また、もう一つ驚きなのが、1秒間に100万取引を処理すると言われるイオス(EOS)が、イーサリアム(ETH)よりも下位に付けていることです。これには、イーサリアムと比較して、Dapps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとしての実績に欠けることが一つの要因として挙げられます。

質問6:以下のトークンの中で投資テーマとして最も理解困難なものは?

 



こちらの結果には違和感を覚える方もいらっしゃると思われます。質問5ではXRPのパフォーマンスに期待するユーザーが一番多かった一方で、質問6では投資テーマとしてXRPを支持する人は2番目に少ない結果となっています。

また、ビットコインが17%に止まっている背景には、「決済通貨としての仮想通貨」や「価値の保存方法」と言った投資テーマが最も注目されていることが指摘されます。

まとめ

以上の結果を踏まえると、相場の面ではリップル(XRP)とビットコイン(BTC)への期待値が高いと言えるでしょう。前述の通り、リップルにはxRapidによるXRPへの実需拡大、ビットコインにはETF承認の可能性やBakkt始動と言った好材料がこの先あります。

一方で、ICO市場が下火の現状では、イーサリアムやイオスに対する期待値がそれ程高くならなかったと考えられます。

今回の調査はあくまでTwitter上のみでの結果となっていますが、仮想通貨界隈における一般ユーザーのセンチメントを把握する参考程度になるでしょう。

 

最新記事

イーサリアム(ETH)vs.リップル(XRP):時価総額第2位の座を競い合う通貨の将来性

リップル(XRP)価格謎の急騰:ニュースとチャートで読み解く相場の裏

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る