2018年10月1日 仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)のテクニカル分析はこちら

仮想通貨市場

仮想通貨市場時価総額は先週26日、2060億ドル付近で反発し現在は2200億ドルの大台を維持しております(第1図)。

直近2ヶ月程は、1880億ドルから2340億ドルのレンジ内で推移しております。

今月は、11日と12日にインドネシアのバリで20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開催される予定で、本会議に向けての相場動向に注目が集まります。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート】


出所:coinmarketcapより作成

ビットコイン(BTC

先週24日から25日にかけて13日、21日、34日、55日移動平均線を全て割り込んだビットコイン(BTC)の対ドル相場は、26日に心理的節目となる6400ドル付近で反発し、翌27日の終値までに再び4本の移動平均線を上抜けしました。

28日から週末にかけて相場は下落に転じましたが、55日移動平均線がサポートとして機能し6600ドル付近で下げ止まった格好となりました。

本日10月1日の相場は55日移動平均線付近で反発し上昇に転じました。

また、30日には13日移動平均線が55日移動平均線を上抜きゴールデンクロスが出現しております(第2図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】   
出所:Bloombergより作成

一目均衡表では、転換線が基準線を上抜けし、遅行線の実体線上抜けも視野に入っています(第3図)。

この先は、本日の終値が34日移動平均線を上抜けるか否か注目です。

【第3図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Bloombergより作成

イーサリアム(ETH

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、9月24日に34日移動平均線の上抜けに失敗し、翌25日には13日移動平均線を割り込みました。しかし、この間に13日移動平均線が21日移動平均線を上抜きゴールデンクロスが出現し、27日から29日は13日移動平均線を挟む値動きとなり、30日には同移動平均線の上抜けに成功しました。(第4図)。

【第4図:ETH対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Bloombergより作成

一目均衡表を見ると、9月30日に転換線が基準線を上抜けし、均衡表の好転を示現しています。また、実体線がこの先「横ばい」もしくは「上昇」となれば、遅行線の実体線上抜けで「遅行線の好転」も視野に入ります(第5図)。

【第5図:ETH対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Bloombergより作成

リップル(XRP

リップル(XRP)の対ドル相場は、9月20日に13日、21日、34日、55日移動平均線を全て上抜き、21日にはおよそ3ヶ月ぶりに0.7ドルの大台を一時的に超えました。

その後、RSIが80%を超えたこともあり、24日から25日かけて下落しましたが、この間に4本の移動平均線がゴールデンクロスに転じ25日以降は再び強気相場となっています(第6図)。

【第6図:XRP対ドルチャート(13、21、34、55日移動平均線&RSI)】


出所:Bloombergより作成

一目均衡表を見ると、26日は遅行線が抵抗帯下限にサポートされていたこともわかります(第7図)。相場は引き続き三役好転を維持しており、この先は心理的節目となる0.6ドルが上値目途としてあります。

【第7図:XRP対ドルチャート(一目均衡表)】


出所:Bloombergより作成

サマリー

本日、主要通貨の市場は全面高となっております。

冒頭でも触れたように、今月11日〜12日にはG20サミットが予定されていることから、10月第2週は上値が重い展開となることも予想されます。

リップル単体では、本日10月1日から二日間、アメリカ・サンフランシスコにてリップル主催のイベント「SWELL」が開催される予定で、好材料発表に期待が寄せられます。

続けて、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)のテクニカル分析はこちらよりご覧いただけます。

 

前回までのBTC・ETH・XRP価格分析

2018年9月25日 仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

2018年9月18日 仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

2018年9月10日仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

2018年9月3日 仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

2018年8月28日 仮想通貨価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る