【アップデート】分裂の危機にあるビットコインキャッシュ(BCH)の今後:対立はさらに激化?

おさらい

9月12日にFinAltでもお伝えした通り、ビットコインキャッシュコミュニティーは、11月15日のソフトウェアアップデートを巡りコミュニティー内で複数勢力の対立が起きています(第1図)。

事の発端は、ビットコインキャッシュのクライアントを開発するBitcoin ABCが今年7月に提案したアップデートに対し、サトシナカモト本人とも噂されるクレッグ・ライト氏率いるnChainや、CoinGeekが反対し、対抗馬としてBitcoin SVクライアントがローンチされたことです。

こうした中、Bitcoin Unlimitedが和解案として、両者のアップデートを投票で決める案を提示したところ、Cobraが両者のアップデートを行わないという予想外な動きに出たことで、対立の溝が一向に埋まらない状況が続いております。

【第1図:ビットコインキャッシュコミュニティー内勢力図】

このまま対立が解消されないと、ネットワークが分裂することとなり、信頼性の低下やセキュリティーリスクの増加を招きかねません。

対立激化で分裂濃厚か

しかし、Bitcoin ABCとBitcoin SVの支持者の間では、和解に向かうどころか対立の溝を深めるようなやり取りが繰り広げられております。

9月17日には、BitmainのCEO、Jihan Wu氏がTwitter上でBitcoin SVに対し暴言を吐き、翌18日にはライト氏が「Wu氏はアルトコインを作ればいい。彼はETHとLTCに庶子を作らせたいのだ」と反論するなど、対立はまさに白熱しております。

一方で、Bitcoin SVを支持するCoinGeekは17日、このような分裂は分散型システムの中では「起こる運命にある」とハードフォークによるネットワーク分裂を受容しているとも受け取れる意向をブログで発表しました。クリプト・ジーザスとも称されるロジャー・バー氏も、分散型組織であるからこそ、一つの「リーダーシップ」がなく、コミュニティー内で各ファクションが戦っていかなければならないという事実を認識しているようで、全体を見渡すと11月のハードフォークでネットワークが分裂する可能性が濃厚と言えそうです。

そんなバー氏ですが、対立が浮上した当初はBitcoin ABCを支持する発言をしていたものの、現在はTwitter上でも本対立に関する発言は控えているようで、この先のバー氏の舵取りが注目されます。と言うのも、ビットコインキャッシュ(BCH)が現在ほどのネットワーク規模を実現できた背景の一つには、バー氏による国境を超える熱心なPR活動があったからとも言え、仮に分裂が起きた場合、バー氏が支持するネットワークがその規模や時価総額の側面で他をしのぐ可能性が指摘されるからです。

まとめ

11月15日のハードフォークによるアップデートまで残り2ヶ月弱となりましたが、上記のように対立の溝は深まるばかりでビットコインキャッシュの先行きには、「分裂」という大きな二文字が立ちはだかっているように見えます。

また、ロジャー・バー氏がBitcoin ABC側に明確につけば、「クリプト・ジーザス対サトシナカモト」が実現することとなり、2018年第4四半期のビッグイベントとして注目されるでしょう。

【↓前回記事↓】

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークアップデートに異論続出:コミュニティーの今後は?

【↓続編記事↓】

【アップデート2】ビットコインキャッシュ(BCH)分裂確定?ビットコインスタッシュとは

【参考記事(Bloomberg)】

Bitcoin Cash’s Survival in Question as Possible Split Looms

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る