2018年9月10日仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

仮想通貨市場

仮想通貨市場時価総額は、先週5日から6日に開けて大幅な下落を記録し、直近1週間で17%の下落を記録しております(第1図)。

9日には2000億ドルの大台を割り込み、相場は足元1954億ドルで推移しております。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート】

出所:CoinMarketCapより作成

ビットコイン(BTC

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、9月4日まで順調に上値を伸ばすも5日には大幅に下落し、6日には90日移動平均線と30日移動平均線を割り込みました(第2図)。更に、6日には心理的節目となる6500ドルも割り込んでおり、5日から6日の二日間で一気に弱気相場に突入した格好となりました。

RSIは足元39%で推移しており、この先続落する余地があるとも言えそうです。

【第2図:BTC対ドルチャート(3090200365日移動平均線&RSI)】

出所:Bloombergより作成

また、BTC対ドル相場は3日に一目均衡表雲上限の上抜けに成功し強い買いシグナルとなる「三役好転」を示現しましたが、5日に大陰線を生み出したことによりこちらは「騙し」となりました(第3図)。翌6日には実体線が転換線と基準線を下抜けしました。

FinAltでもお伝えした通り、BTCの対ドル相場は、6月29日安値(5774ドル)4月1日安値(6427ドル)周辺で反発する傾向にあり、この先は足元の水準から反発できるか注目されます。

【第3図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Bloombergより作成

イーサリアム(ETH

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、9月4日まで30日移動平均線の上抜けが射程圏内に入っておりましたが(第4図)、5日には大幅な下落を記録し8月14日の年初来安値(249ドル)を更新しました。相場は8日まで続落し、足元195ドルで推移しております。

5日にはRSIが30%を割り込みましたが、相場は未だ反発せず現在23%で推移しております。

【第4図:ETH対ドルチャート(3090200365日移動平均線&RSI)】

出所:Bloombergより作成

また、ETHの対ドル相場は4日まで一目均衡表転換線周辺で推移し、基準線上抜けも期待されましたが、5日からの下落により転換線を大きく割り込みました(第5図)。

ETHの対ドル相場が最後に200ドル以下で推移したのは2017年9月15日と、実に1年以来となっております。この先はテクニカル的な下値目途は乏しく、相場の反発に期待が寄せられます。

【第5図:ETH対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Bloombergより作成

リップル(XRP

リップル(XRP)の対ドル相場は、9月4日まで30日移動平均線に確かりサポートされていましたが、5日には本移動平均線を割り込むと同時に心理的節目となる0.3ドルをも割り込みました(第6図)。その後、7日までは0.3ドルを挟む値動きとなりましたが、8日には0.268ドルまで下値を広げ、相場は足元0.271ドルで推移しております。

現在RSIは34%で推移しており、過熱感も確認されます。

【第6図:XRP対ドルチャート(3090200365日移動平均線&RSI)】

出所:Bloombergより作成

 

一目均衡表を見ると、5日に実体線が転換線と基準線を割り込んだ上に、8日には転換線が基準線を下抜けしており、悲壮感は一層強まっていると言えるでしょう。

【第7図:XRP対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Bloombergより作成

サマリー

冒頭でもお伝えした通り、仮想通貨市場時価総額は直近1週間でおよそ17%吐き出しており、市場時価総額は2000億ドルの大台の維持に失敗しております。

こうした中、BTCは主要通貨の中で依然高いパフォーマンスを維持しており(第8図)、市場のドミナンスも右肩上がりとなっております(第9図)。

【第8図:BTC(白)、ETH(黄)、XRP(緑)、BCH(桃)、LTC(赤)標準化チャート(2018年1月1日を100として標準化)】

出所:Bloombergより作成

【第9図:BTC、ETH、XRP、BCH、LTCドミナンスチャート】

出所:CoinMarketCapより作成

前回までの「仮想通貨価格分析」

2018年9月3日 仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)

2018年8月28日 仮想通貨価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年8月20日 仮想通貨価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年8月13日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年8月6日 仮想通貨価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る