「下火」の仮想通貨市場でビットコインのハッシュレート上昇が示唆することとは?

価格と出来高だけではわからない仮想通貨の側面

仮想通貨市場の時価総額は、年初来およそ61%の下落を記録しており、主要通貨の中では70%〜80%の年初来下落率を記録している銘柄もあります(第1表)。

また、出来高は今年4月に一時的な復調を見せたものの、現在は年初来およそ-62%となっており大幅に減少しております(第1図)。

こうしたことから、昨年末から今年1月上旬のピーク時と比較して、現在の仮想通貨市場は「下火」と言えるでしょう。

【第1表:主要仮想通貨5銘柄年初来変動率】

Year Open Performance Table

出所:Bloombergより作成

【第1図:仮想通貨市場時価総額(上)&出来高(下)チャート(2018年1月1日〜2018年8月30日)】

Market Cap and Volume Chart

出所:CoinMarketCapより作成

しかし、こうした価格や出来高のみでは仮想通貨のネットワーク全体を見渡すことはできません。確かに、出来高は投資家のエンゲージメントを測る1つの基準になりますが、仮想通貨、その中でも特にProof of Work(PoW)マイニングを必要とするネイティブ通貨のステータスを把握するには、Githubでのコミットメント、アクティブアドレス数やハッシュレート(採掘速度:マイニングマシンが1秒間にいくらハッシュ演算ができるか)の推移などにも目を向けることが重要となるでしょう。

Githubでのコミットメントは、どれだけの開発者がネットワークの改善を通してコミュニティーに貢献しているかを測る1つの指標になり、そのネットワークの将来性を見極める材料となります。

アクティブアドレス数は、1日の間にネットワーク上でどれだけのアドレスが送受信の取引を行っているかを示すため、ネットワークの規模やエンゲージメントを測るのに役立ちます。もちろん、一人が複数のアドレスを保有することは可能ですが、基本的にアクティブアドレス数の上昇はその通貨のユーザーが増加していると読み取れます。現在は、イーサリアム上のアクティブアドレス数が昨年11月に急上昇したことで、ビットコインとイーサリアムがアクティブアドレス数では2強となっております(第2図)。

【第2図:アクティブアドレスチャート(ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコイン)】

Active Address Chart

出所:BitInfoChartより作成

そして、ハッシュレートはマイニングのディフィカルティやマイナーの数に関係します。例えば、1つのネットワーク上に多くのマイナーもしくはマイニングマシンが存在すると相応のハッシュパワーが集積されることから、ブロック生成時間をある程度均一に維持するためにマイニングのディフィカルティを引き上げる必要があります(例えばビットコインネットワークでは1ブロック約10分になるようプログラムされています)。このことから、ハッシュレートの推移は、ノードまたは参加者がどれだけ特定のネットワークとそのネイティブ通貨の将来性に投資しているかを読み取る1つの指標となります。

参加者はビットコインの将来性に投資している?

さて、ここからが本稿で注目したいポイントになります。上記のように、仮想通貨市場は「下火」となっており、他の主要通貨のネットワークのハッシュレートは横ばい・下落基調にある中、なぜかビットコインネットワークのハッシュレートだけが上昇基調を維持しております(第3〜6図)。

確かに、本稿冒頭の【第1表】をみると、BTCの年初来パフォーマンスは他の主要通貨ほど低くありませんが、例えば、48%の年初来下落率というと8/15に通貨ショックを起こしたトルコリラのパフォーマンス(対ドルで年初来-43%)よりも高い下落率となります。

こうした中でのハッシュレート上昇は、①BTCマイニングへの新規参入、②既存マイナーによる機材投資の増加、③または別通貨のマイニングからBTCマイニングへの移行が背景にあることが指摘され、ある意味BTCへの将来的な期待値は依然として衰えていないことが読み取れます。

また、「ハッシュレートが高い≒取引を承認するノードが多い≒51%攻撃(ハッキング)の被害にあいにくい≒ネットワークの信頼性が高い」という解釈もできることから、新規参入の投資家を惹きつけ易くなります(もっとも、本稿で例として挙げている主要通貨のネットワーク規模は市場で上位に入るものであるため、ハッキングなどの懸念は下位通貨ほどないと言えます)。

これらのことから、ビットコインは市場参加者およびネットワーク参加者から最も信頼と期待を寄せられている通貨/ネットワークであり、絶大なブランド力を有すると言えるでしょう。また、こうした側面を考慮すると、ビットコインに限っては、未だ「下火」というには時期尚早という見方もできます。

【第3図:ビットコインハッシュレートチャート(2017年1月〜2018年8月30日)】

Bitcoin Hash Rate Chart

出所:BitInfoChartより作成

【第4図:イーサリアムハッシュレートチャート(2017年1月〜2018年8月30日)】

Ethereum Hash Rate Chart

出所:BitInfoChartより作成

【第5図:ビットコインキャッシュハッシュレートチャート(2017年8月〜2018年8月30日)】

Bitcoin Cash Hash Rate Chart

出所:BitInfoChartより作成

【第6図:ライトコインハッシュレートチャート(2017年1月〜2018年8月30日)】

Litecoin Hash Rate Chart

出所:BitInfoChartより作成

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る