Vol.15:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

仮想通貨市場

今週の仮想通貨市場時価総額は、30日まで堅調に推移しておりましたが、ヨーロッパ連合(EU)の28カ国財務相・中央銀行総裁がデジタルアセット規制に関する会合を9/7に開催するとういう報道などもあり、警戒感から相場が下落基調に転じました(第1図)。

今週の週安値は25日の2107億ドルで週高値は29日の2331億ドルとなっております。

今週の注目ニュースとしては、①モーガン・クリーク・デジタルによるデジタルアセット連動型ファンド立ち上げの発表、②デジタルアセットの規制に関するEU会合が9/7に開かれるというBloombergの報道、③CBOEのETH(イーサ)先物上場に向けた進展などがあります。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート(8/25〜8/31)】

Weekly Chart

出所:CoinMarketCapより作成

モーガン・クリーク・デジタルがデジタルアセット連動型ファンドを創設

投資会社のモーガン・クリーク・デジタルが29日、ビットワイズ社と共同でデジタルアセット連動型のファンドを立ち上げたことを発表しました。

同ファンドは機関投資家を対象としたもので、CIOのマーク・ユスコ氏は、クライアントからの需要が今回のファンド創設の背景にあるとしております。

7/17には、世界最大の運用会社で知られるブラック・ロック社が、仮想通貨とブロックチェーンの可能性を探るべくワーキング・グループを結成するなど、昨今では大手の参入が着々と進行しております。現在は規制を巡る市場の不確実性が残存することから、そのスピードは然程速くありませんが、今年年末から来年にかけての世界の規制動向次第では大手金融機関やファンドの仮想通貨市場参入が加速することが考えられます。

デジタルアセット規制に関するEU会合9/7に開催

30日未明には、28のEU財務相・中央銀行総裁がデジタルアセットの規制について議論する会合が、9/7ウィーンで開催されることがBloombergより報じられました。

EUには現在、仮想通貨を対象とした投資家保護法が制定されていないため、早急な対応が求められているとのことで、10月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の前にEU内での規制方針をある程度まとめることが考えられます。

また、今回の会合で、マネーロンダリング防止やテロ資金供与対策の観点から仮想通貨取引所に対する規制が強化されることなどが考えられる一方で、EUはICOに対しては中国や韓国と比較して寛容なスタンスを示しております。

Bloombergが入手した文書によると、EUはICOを「効果的かつ効率的な資金調達法」という見解を示しているようで、この先EUでのICO市場の拡大が見込まれます。

CBOEETH先物上場を検討中

昨年12月に世界初となる仮想通貨先物を上場させたシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、イーサリアムネットワーク上のネイティブ通貨、ETHの先物の上場に向けて動いていることが31日Business Insiderから報道されました。

Business Insiderによると、CBOEはマーケットメイカーに対し近々ETH先物の取引を始めると伝えているようで、米商品先物取引委員会(CFTC)の規制が明確になり次第ETH先物の取引を上場できるよう準備しているようです。

FinAltでもお伝え下通り、米証券取引委員会(SEC)はETHが証券でないというスタンスをとっており、この先CFTCがETHをコモディティーと定義すれば、CBOEがETH先物を上場させると考えられます。

サマリー

EUのデジタルアセット規制に関する会合の報道があった30日は市場が全体的に下落基調となりましたが、31日にはETH先物が射程圏内に入ったこともあり復調に転じております。この先は、やはり9/7のEU会合が注目動向としてあり、同会合直前には相場が下落基調になることが予想されます。

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、28日に急伸し、①30日移動平均線(6643ドル)と90日移動平均線(6840ドル)、②心理的節目となる7000ドルの上抜けに成功しました(第2図)。翌29日には再び7000ドルを割り込んだものの、90日移動平均線にサポートされ、足元6978ドルで推移しております。

この先は、節目となる7000ドルを上抜けできるか否か注目されます。

【第2図:BTC対ドルチャート(30日・90日・200日・365日移動平均線)】

BTC Chart

出所:Bloombergより作成

イーサリアムの対ドル相場は、8/14終値(262ドル)と8/18高値(321ドル)を起点とするレンジ内で推移しており、29日には心理的節目となる300ドル近辺で反落し、同水準の上抜けに失敗しております(第3図)。相場は足元279ドルで推移しております。このまま続落すれば、次の下値目途は、①レンジ下限(262ドル)や、②心理的節目となる250ドルがあります。

【第3図:ETH対ドルチャート】

ETH Chart

出所:Bloombergより作成

リップル(XRP)の対ドル相場は29日に30日移動平均線(0.341ドル)の上抜けに失敗し反落、足元0.332ドルで推移しております。この先は、心理的節目となる0.3ドルが下値目途としてあります。

【第4図:XRP対ドルチャート(30日・90日・200日・365日移動平均線)】

XRP Chart

出所:Bloombergより作成

 

前回までのFinAltウィークリーアップデート

Vol.14:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.13:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.12:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場同行を徹底分析

Vol.11:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

Vol.10:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る