DEX(分散型取引所)とは?:その特徴から主な取引所まで解説!

仮想通貨取引所に関連して、「分散型取引所」、もしくは「DEX(Decentralized Exchange)」と呼ばれるものがあります。

マウントゴックス」と「コインチェック」の騒動を通して、仮想通貨取引所に絡むハッキングのリスクは日本および世界中の仮想通貨ユーザーに広く周知されたと思われます。

取引所に対するハッキングによる顧客資金消失のリスクがないDEXの有用性が広く注目されはじめました。

仮想通貨を取引するうえで、非常に気になるのは「セキュリティ」ですが、いままでの取引所の弱点を克服していることでDEXは注目されているシステムです。

ここでは、DEXの特徴やメリット、さらには実際に運営しているDEXについて、詳しく解説をしていきます。

DEXとは

DEXを説明する前に、中央集権型取引所について解説します。

中央集権型取引所とは

中央集権型取引所とは、中央管理者を持ち、中央管理者が個人の資産を管理するシステムで運営される取引所のことです。

通常、仮想通貨取引所は、顧客の「秘密鍵(仮想通貨の送金に必要なデータ)」と法定通貨と仮想通貨を含む資産を預かっています。よって、通常の取引所で仮想通貨取引を行う際は、厳密には顧客の手元に仮想通貨はないということになります。

また、各取引所で顧客資産を預かっていることから、ハッキングの被害にあった際、ハッカーは一気に大量の仮想通貨にアクセスすることが可能になります。

中央集権型取引所は上記のような性質から、ハッキングや取引所の政治利用といったリスクが存在します。

DEX(分散型取引所)とは

DEX(分散型取引所)とは、中央管理者のいない取引所のことです。

その名が示すように分散管理されており、ユーザーは資産も秘密鍵も自らが管理するようになっていて、取引もDEXのあるブロックチェーン上で直接行うような建て付けになっています。

DEXは、正確にはブロックチェーンシステムそのものによって自律的な運営がなされており、取引上の処理はすべて分散台帳に記録されます。つまり、個人の取引情報を知っているのは当人のみ、ということになります。

それぞれのパスワードを始めとするセキュリティ情報はユーザー自身が管理しているため、大規模なハッキングなどのリスクが極めて軽減されるのです。

よって、ハッキングによる資産消失や、取引所による資金横領などが起こる心配がありません。

 

主なDEX5選

ここでは実際に取引が行われている5つのDEXについて解説します。

EtherDelta(イーサデルタ)

イーサデルタは、DEXの仕組みで運営される取引所の一つです。イーサデルタは、名称からも分かるように、イーサリアムプラットフォームを採用している分散型取引所であり、イーサリアムブロックチェーンERCトークンは全て取引が可能となっています。基軸通貨をETHとしたトークン取引を行うことができます。イーサデルタは、マニアックな通貨やトークンを発掘することができる点が魅力の一つとされており、今後期待されているDEXの一つです。

0x(ゼロエックス)

ZRXという名のトークンを発行している0x(ゼロエックス)も、DEXの仕組みをとる取引所の一つです。0xは、2017年の8月に発足した取引所です。

0xそのものがDEXとして機能するわけではありません。あくまで0xをプラットフォームとし、その0x上に様々なDEXアプリケーションが形成されていくという仕組みをとっています。

AirSwap(エアースワップ)

エアースワップは、2017年10月に米大手高頻度取引会社バーチュ・ファイナンシャルによって手がけられた、DEXプラットフォームです。実際の売買を行うにあたっては、「swap」と呼ばれる分散型トレードプロトコルが使用されます。

エアースワップの中では、ASTトークンを用いて取引されます。ASTトークンは、バイナンス、フオビー、リクイといった取引所でも取り扱われています。

Kyber Network(カイバーネットワーク)

カイバーネットワークは、2017年9月に創設されたDEXです。創設にあたり、イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏が関わっています。

カイバーネットワークで注目されているのは、決済API(Application Programming Interface)という機能です。この機能は、ICOにおいてETH以外の通貨で支払いをすることができるという機能です。

決済APIを有効に活用すれば、手数料や手間をかけずに、自動的に該当通貨と交換してくれるのです。

OpenLedger(オープンレッジャー)

オープンレッジャーは、ビットシェアーズのプラットフォーム上に構築された金融プラットフォームです。デンマークのCCEDKとビットシェアーズの開発チームにより共同で開発されており、ウォレットの開発も進めているDEXです。

オープンレッジャーでは、様々な仮想通貨に対してIOUを発行しています。IOUとはいわば債権のような位置づけのもので、オープンレッジャーの中でのみ、対応通貨と交換することもできます。

DEXの登録方法

ここでは、比較的登録が簡単であると言われるカイバーネットワークを例にとって、登録までの手順を説明していきましょう。カイバーネットワークの登録は、こちらから行うことができます。

メールアドレスでアカウントを作成

まずは、メールアドレスを用いてアカウント登録を行います。URLが正しいことを確認したら、上記の画面でメールアドレスとパスワードを設定します。

次に、設定したメールアドレスにカイバーネットワークからメールが送られてきます。送られてくるのは、下のようなメールです。

受信したら、Confirm my account(自分のアカウントを確認する)を押しましょう。ここで確認するボタンを押さなければ、次に進むことができませんので注意が必要です。

確認するボタンを押した上で次に進むと、下のような画面が出てきます。ここでは自分のメールアドレスを再び打ち込み、アバターの名称を設定します。

ここまでできたら、基本的な登録は完了です。

個人情報登録

次にカイバーネットワークにログインし、個人情報の登録をしていきます。画面の右上、いちばん右上にあるアバターのロゴをクリックしましょう。

ここで氏名や性別、生年月日や国籍を行います。

こちらも正しく記入し、次に進みましょう。

身分証明書、セルフィーのアップロード

個人情報を入力し終えて次に進むと、身分証明書をアップロードする画面になります。以下の画面です。

パスポートか運転免許証があれば良いでしょう。アップロードするのは、証明書本体の写真と、証明書を手に持ったセルフィーです。

最後にこれまでの入力の確認画面が表れますので、問題がなければ「Yes」を選択肢して、承認を待ちます。

承認されれば再びカイバーネットワークからメールが届き、承認されたことを示す画面へと飛びます。

登録はこれにて終了です。DEXの登録は、このように簡単に行うことができます。

DEXの知っておきたいポイント

DEXを知るうえで知っておきたいポイントを解説します。

メリット

DEXのメリットは、やはり中央管理者がいないということでしょう。中央管理者がいなければ、個人情報やパスワードの一切を自分で管理することができます。

一つの場所に重要な情報が集まらないため、セキュリティの面でも安心することができます。過去に起こった仮想通貨の流出は、管理者の不手際や怠慢によるものが多かったということも、DEXが注目される理由の一つといえるでしょう。

デメリット

DEXのデメリットを挙げるならば、現時点では法定通貨による取引ができないところがほとんどだということです。もしも円やドルなどの法定通貨で取引をしたいと考えているのならば、一度中央集権型取引所を介す必要があります。

また、中央集権的に管理が行われていないためサポートを受けられないという点も、DEXのデメリットといえます。

パスワードなどを自分で管理する分だけ、個人の責任も重くなります。

利用上の注意点

DEXを利用する際には、個人情報の管理をしっかりと行う必要があります。もちろんこれは中央集権型取引所でも同じことが言えますが、DEXで取引をおこなうほうが、個々で負う責任は大きくなります。

パスワードなどのリマインドは徹底して行い、取引所の仕組みを個人単位でしっかりと把握しておく必要があるといえるでしょう。

まとめ

DEX(分散型取引所)について、ここまで解説をしてきました。

DEXでは、中央集権型取引所とは異なり運営元が顧客の資産と秘密鍵を管理しないことから、ユーザーはKYC(本人確認)のプロセスを踏むことなく取引が可能になり、高い匿名性が保証されます。このことは、各国の規制の対象となる可能性が考えられます。しかし、規制の方向性としても分散型ネットワーク上で取引が行われているDEXを操業停止させることは現実的ではありません。

また、仮想通貨以外でも、多くのプロジェクトがDEXを取り入れようとする動きを見せているようです。

よって、DEXが現在抱えるスケーラビリティと流動性の問題を解決した場合、中央集権型の取引所にとっては大きな脅威となりえるとともに、新しい取引の形が普及していくことに期待が寄せられるでしょう。

関連記事:

CoinbaseのParadex買収:コンセンサス2018でも話題になったDEXの将来像

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る