2018年8月13日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

仮想通貨市場

仮想通貨市場時価総額は、先週6日高値(2600億ドル)よりおよそ18%の下落を記録し足元2130億ドル周辺で推移しております(第1図)。

また、8/8にはビットコインが年初来安値を示現した6/29の安値(2320億ドル)を下割れし、12日には2069億ドルの年初来安値を記録しました(第2図)。

この間、時価総額第1位のビットコインは市場時価総額を占めるドミナンスの上昇基調を維持しており、8/11には50%ラインを上抜けしました(第3図)。

市場が全体的に軟調のなかビットコインのドミナンスが上昇している背景には、オルトコインのパフォーマンスがビットコインと比較して低下していることがあげられます(サマリー参照)。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート(8/6〜8/13)】

【第2図:仮想通貨市場時価総額チャート(6/29〜8/13)】

【第3図:BTC・ETH・XRPドミナンスチャート(2017年1/1〜2018年8/13)】

ビットコイン(BTC

先週のFinAltウィークリーアップデートでお伝えした通り、ビットコインの対ドル相場は8/10、実体線が一目均衡表雲下限を割り込み三役好転は結果的に「騙し」となりました(第4図)。

8/11には節目となる6000ドル付近で反発し、相場は足元6300ドル台で推移しております。

また、8日以降は6/29安値(5774ドル)と7/25高値(8496ドル)を起点とするフィボナッチ・リトレースメント76.4%押し(6417ドル)を挟む値動きをしており、この先は同水準を上抜けできるか否かが注目されます(第5図)。

【第4図:BTC対ドル相場チャート(一目均衡表)】

【第5図:BTC対ドル相場チャート(フィボナッチ・リトレースメント)】

イーサリアム(ETH

イーサリアムの対ドル相場は8/8、4/1の年初来安値(358ドル)を更新しました。その後も相場は続落しましたが、8/11には節目となる300ドル付近で下げ止まり足元319ドル付近で推移しております(第6図)。

相場の上昇と下降の勢いの強さを示すRSIは、8/8に「売られ過ぎ」サインとなる30%を割り込んだものの、相場は未だ下落基調が続いております。

【第6図:ETH対ドル相場チャート(RSI)】

リップル(XRP

リップルの対ドル相場は8/6、6/29の年初来安値(0.42ドル)を更新し、その後は節目となる0.3ドル付近まで続落しました(第7図)。

8/8にはRSIが30%を割り込み相場の反発が期待されましたが、引き続き上値の重い展開となっております。

【第7図XRP対ドル相場チャート(RSI)】

サマリー

ETHとXRPの対ドル相場は現在テクニカル的な下値目途は乏しいと言え、両通貨とも直近1週間で年初来安値を更新しRSIが30%を割り込んだことから、この先は「反発のタイミングを見計らう」展開となりそうです。

こうした中、BTCの対ドル相場は依然6/29の年初来安値(5774ドル)より上で推移しており、引き続き他の主要通貨をアウトパフォームしております(第8図)。

8/8以降の値動きに注目すると、他の主要通貨が総じて下落基調のなか、BTCは横ばいとなっており、オルトコインのパフォーマンス低下がビットコインのドミナンス上昇に繋がっていることがわかります。

【第8図:BTC(白)・ETH(黄)・XRP(緑)・BTH(ピンク)・LTC(赤)標準化チャート(6/29時点を100として標準化)】

ビットコインが他の主要通貨をアウトパフォームしている背景には、①7月末までテクニカル的に好材料が重なったことと、②ビットコインETFを巡る期待感があると考えられます。

一方、直近2週間で仮想通貨市場時価総額が下落基調なことから、市場全体から資金が流出していることと、オルトコインからビットコインへ資金が動いていることが指摘されます。

 

前回までの「価格分析」

2018年8月6日 仮想通貨価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年7月30日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年7月23日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年7月17日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

2018年7月9日 価格分析:ビットコイン・イーサリアム・リップル

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る