リップル(XRP)はマイニングできない?その理由とは?

仮想通貨というとマイニングをイメージする方も多いかと思います。膨大な取引データを計算するマイニングは、ビットコインやイーサリアムなどで頻繁に行われています。しかし、リップルにはマイニングがないということはご存知でしょうか。今回はマイニングとはそもそも何か、リップルでマイニングが存在しないのはなぜかについて解説します。

マイニングとは

マイニングとは、仮想通貨の取引を承認するために、膨大な計算を行う作業を意味します。マイニングを行う人達をマイナーと呼び、マイニングに成功すれば報酬が与えられます。

なぜ多くの仮想通貨にマイニングが必要なのかというと、原則として中央管理者や仲介者が存在しないため、誰かが取引を記録・承認しなければならないからです。つまり、取引を記録するのがブロックチェーン技術であり、承認するのがマイナーということになります。

それに対し、法定通貨(円・ドル・ユーロなど)は発行者である中央銀行が貨幣の流通量を管理し、取引内容は銀行などの金融機関によって記録・承認されていますので、一般の方が取引記録に関わることはありません。

仮想通貨のマイニングをするために特別な資格や権限は必要ありません。ウォレット・マイニングソフト・マイニングマシンを入手してノウハウを学ぶことで、誰でもマイニングをすることが可能になります。ただし、資本が豊富な企業や組織(マイニングプールなど)が参入することも多いため、マシンの性能・数などの理由で個人が不利になることも考慮しなければなりません。

また、膨大な計算リソースを必要とするマイニングによって、取引記録の改ざんは非常に困難になり事実上不可能と言えます。中央管理でなくとも仮想通貨に信頼性があるのは、マイニングのような分散化された承認機能が備わっていることが大きな理由の一つです。

さらに、一般的な仮想通貨は発行量が増えるため、マイナーは常に必要とされます。

マイニングについてもっと詳しく知りたい方は、「仮想通貨のマイニングとは何か?:仕組みから種類まで徹底解説!」をご覧ください。

リップルのマイニングはなぜ必要ないのか

前述のように非常に重要な機能を担うマイニングですが、なぜリップル(XRP)には存在しないのでしょうか。厳密に言うと、リップルにも取引の記録・承認作業は必要でマイニングは発生しますが、ビットコインなどのように誰でも参加できるマイニングが存在しないという意味になります。

さらに、リップルのマイニングは特別なメンバー(後述)によって実施されていますが、他の仮想通貨のようなマイナーに与えられる報酬は一切発生しません。

リップルのマイニングがこのような仕組みになっているのは、発行上限全てのXRPが既に発行されていることに加えて、不正からネットワークを保護するためにシステム利用手数料が破棄されていることが要因となっています。

ロックアップの導入

リップルの発行上限は1,000億XRPとなっており、この全てが既に発行済みです。つまり、新規発行を行うことがないため通貨がこれ以上増えることはありません。

さらに、1,000億XRPのうちリップル社が630億XRPをリザーブとして保有しており、この90%にあたる550億XRPにロックアップという仕組みを導入しています。ロックアップとは、「鍵を掛ける」という意味で、一定期間売買や移動を自由に行えなくすることです。ロックアップを掛けると、リップル社は設定期限まで一切保有しているXRPを動かすことができなくなります。発行総数の55%にあたるXRPが動かないということは、過半数の55%に関しては売買に制限が設けられることになるため一気に売却されることはなくなります。ロックアップの導入により、徐々に発行量を増加させているビットコインのように取引量の増加を見越して供給量を増やしていくことができます。

また、ロックアップが開始後に毎月10億XRPずつロックアップが解除されていきます。この解除された分は、XRPに流動性を供給する機関投資家やマーケットメーカー(例えば、取引所など)にインセンティブとして分配されます。

その理由として、リップルの理念である国際間取引の利便性向上や社会貢献の実現のためには、XRPの価格が安定していることが必要です。そのため、市場に流通させる量を限定しているのです。

なぜロックアップを導入するのかというと、XRPを銀行送金で利用できるように汎用性を持たせること、過半数を保有するリップル社が大量売却するのではないかという懸念を払拭するためリップル社は公表しています。

取引手数料の破棄

ここでいう手数料とは、送金の際のコネクター(※)と呼ばれる相手に支払う仲介手数料とは異なります。

取引手数料は、いわゆる回線代金のように、送金の都度かかりますが、この差し引かれた手数料(XRP)は、誰の手にも渡らず破棄される仕組みになっています。

なぜこのような設計になっているかというと、リップルネットワークはアカウントの共有台帳に基づいているため、悪意のある攻撃者がネットワークに過剰な負荷を与えることで正常な取引機能が損なわれる可能性があります。過剰な負荷とは、偽装アカウントに基づいた偽装取引(例えば、特段の用途のないアカウント同士で意味の無いトランザクションを繰り返すなど)を行うことが考えられます。

これに対して、リップルではアカウントごとに予約金50XRPの保有が義務づけられており、また、各トランザクションで0.00001XRPの手数料が破棄されていきます。

予約金の額も破棄される手数料も正規ユーザーにとっては特段負荷とならないように設計されています。しかし、複数アカウントを保有しながら高頻度取引を行うことでネットワーク自体に負荷を掛けることを目的とした攻撃者に対しては、掛かる手数料が急速に上昇することになり大きな代償を払うことになります。

また、XRPが破棄され減少していくことによって、1単位ごとの希少性が増していくという設計になっています。

※異なるILPレジャー間を中継し、通貨の送り手と受け手をつなぐ役割を持っています。この仲介の役割を担うことで、コネクターは手数料を受け取ります。

リップルのマイニングルール

前述のように、リップルでは一般ユーザーがマイニング出来ないような仕組みになっています。次に、そのルールについて解説していきます。

Proof of Consensus(PoC)

PoCとは直訳すると「合意による証明」という意味で、リップルで用いられるコンセンサスアルゴリズムの名称です。これは取引データを管理する仕組みであり、信頼された承認者(Validatorと呼ばれ、銀行などが選任される)のみが選任され、ネットワーク全体の80%が承認することで合意されます。P2Pネットワークで繋がっているすべての参加者が信頼できる取引データを分散所持することにより、PoW(※)のような電力を必要とせずに取引を可能にする仕組みとなっています。

PoCの最大のメリットは承認スピードが迅速になることで、他のアルゴリズムのように誰が承認者になるかで争うことがなく、スムーズに承認が進むからです。

※Proof of Works(PoW)とは、膨大な計算のもと一番早く解を導いたプレイヤーに承認権が与えられるアルゴリズム。

Validator(バリデーター)

リップルで取引承認の役割を担うメンバーがValidatorであり、マイナーに該当します。しかし、リップルのValidatorは誰でもなれるわけではなりません。

Validatorを任されるメンバーは、リップルが選定・管理しているユニークノードリスト(UNL)から選ばれます。リップル側が信頼できると判断した法人・機関が選定されることになっています。基本的に金融機関が担当するため、一般の方がValidatorを任されることはありません。

Validatorになる方法やUNLに選ばれる方法については、リップル社からは一切公表されていないので不明です。2018年5月時点において、世界55ヶ国に分散し、信頼性の高い機関が担当しているとのことです。

このように、XRPをマイニングによって得ることは不可能です。入手する方法は、取引所で直接購入するのが一般的です。

リップルを入手するのにおすすめの取引所

リップルを取り扱っているおすすめの取引所を2つご紹介します。

Binance(バイナンス)

Binanceは香港にある取引所で、世界でも有数の通貨取引量を誇ります。取引できる通貨ペアの種類が多いため利便性が高いです。さらに、新規通貨がBinanceで上場されるのを機に価格が上昇することが多く、目新しい通貨を求める人にも要注目の取引所です。

bitbank(ビットバンク)

国内の取引所でおすすめなのがビットバンクCCです。手数料が比較的安く、日本円で直接リップルを購入することができます。他の通貨を購入してからリップルと交換する手間が発生しません。指値を指定することが可能なので、自分の好きな金額で購入できます。

まとめ

今回の内容をまとめると以下の通りです。

  • 厳密にはリップルにも取引承認作業は存在する
  • マイニング報酬は発生しない
  • 取引承認作業はリップルが信頼できる機関が担当
  • リップルのマイニングには参加制限がある

リップルにも取引承認作業としてのマイニングはありますが、新規通貨発行がされないこと、取引手数料が破棄されることから、マイニングの報酬は発生しません。

また、一般の方が取引承認作業に参加することはできないようになっています。取引を承認する役割のValidatorは、リップルが選定した金融機関などが担当する仕組みです。一般の方がValidatorとなってマイニングに参加することは現在のところ不可能です。

リップルをマイニングによって得ることはできないため、入手する場合は取引所を利用することになります。Binanceなど海外の大手取引所の多くで取り扱いがあるほか、ビットバンクCCなど日本円で直接購入できる国内の取引所もあります。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る