イーサリアムのERC20とは?:特徴・通貨・ウォレットをまとめて解説!

最近よく耳にするようになったICOの話題のなかで、「ERC20」という言葉が頻繁に登場します。これはイーサリアム(ETH)でトークン(※)を発行するための規格のことを指しており、この規格で発行されたトークンをERC20トークンと呼びます。言葉自体は聞いたことがあっても詳しい理解まではされていない方のために、今回はERC20、ERC20トークン及び具体的な通貨名、対応ウォレットまでまとめて解説していきます。

本記事では、ビットコインやイーサリアムのようなプラットフォームとなるものを「仮想通貨」、そのプラットフォーム上で発行されるものを「トークン」と定義して説明します。

※ブロックチェーン上で発行されるシステム内の通貨のようなもの

ERC20とは

ERC20について

そもそもERC(Ethereum Request for Comments)とはイーサリアム(ETH)の技術仕様を文章化したもので、オープンソースで開発を行っていくなかで様々な開発者から広く集められるコメントとなっています。

そのなかで、ERC20とはEthereum Request for Comments: Token Standard #20の略称で、トークンに関する20番目のコメントとしてイーサリアム(ETH)でトークンを発行するための規格のことを指しています。

ERC20トークンとは、イーサリアム(ETH)をベースとしてこのERC20上で発行されるトークンの総称です。

余談ですが、ERCとは技術仕様として公開される文章ですから、これについて議論が交わされることになります。この議論の重要性がコミュニティのなかで検討・承認され、EIP(Ethereum Improvement Proposals)として採択されます。EIPとして採択されることで、最終的にイーサリアムの仕様として正式採用されることになるのです。

つまり、ERC20とはトークンの共通仕様について非常に重要な議論が行われたため、EIP20として採択されトークン発行の規格としてリリースされました。

ERC20はどのようにできたのか

ERCはICOと密接に関わっているため、ERC20の説明の前にICOの流れについて説明します。

ICOを行う個人・企業は、プロジェクトを開発する為の資金調達を行い、その対価として新たなトークンを投資家に発行します。このトークンが上場などによる金銭的価値や独自の経済圏内での利用価値を持ちうることで投資家はリターンを享受します。

ICOは世界中からボーダーレスに資金を集められることに大きな利点があります。よって、資金の管理には送受金した資金を一括管理することのできる統一規格が必要になることが考えられます。

このような背景から生まれたのがイーサリアムのブロックチェーンを利用したERC20という規格となります。イーサリアムはブロックチェーン上で動作するアプリケーションのプラットフォームとなることを目的に開発が進められているため、比較的容易に新たなアプリケーションを作成することができ統一規格になるための条件に合致していました。

このイーサリアムのブロックチェーン上で発行されたトークンは、プラットフォーム上の基軸通貨ETH(イーサ)に対してトークンという位置づけになり、この中の1つがERC20トークンと呼ばれるものになります(他にもERC223やERC721などが存在します)。

ERC20の特徴

ERC20は、イーサリアム上で発行されるさまざまなトークンを一括管理することができます。その特徴は以下の3つです。

  • トークンの一括管理
  • スマートコントラクト
  • トークン発行の簡易化

トークンの一括管理

ERC20が開発される以前は、各トークンは独自のプロトコルを採用しており、対応するウォレットもそれに合わせたものが必要でした。しかし、統一規格としてのERC20の登場により、同一ウォレット内で異なるトークンの管理を行えるようになりました。これにより、ユーザーの利便性向上だけでなく、取引所はトークンのアドレスを発行するだけでそのトークンを上場させることが可能になったのです。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、契約執行を自動化する仕組みのことです。ERC20を用いることで、イーサリアムのブロックチェーン上でトークンにスマートコントラクトを実装することができるため、ICOではERC20が頻繁に用いられるケースが多くなっています。

トークン発行の簡易化

トークン発行に関する仕様が予め定められていることで、トークンの総供給量(発行上限数)や送金方法やそれに伴う権限設定などを容易に設定することが可能なりました。さらに、EtherscanやMetamaskなどの既存サービスを利用することができるため、トークン発行におけるハードルが下がりました。

ERC20の課題

ERC20は非常に広く用いられているトークン仕様ですが、大きな課題を残しています。それは、誤送金によるERCトークンの消失です。実際には、消失ではなく二度と取り出せなくなってしまうのですが、事実上の消失となります。

ERC20トークンは、ユーザーの使用する通常のアドレスではなく、コントラクトアドレス(スマートコントラクトを実行するためのアドレス)に送金してもトランザクションが承認されてしまうことで、送金したトークンが取り出せなくなってしまいます。

実際に消失したトークンをこちらで確認することができます。320万ドル相当のトークンが消失してしまったことがERC20の問題点として記載されています。

これを受けて、コントラクトアドレスへの誤送金を防止するためにERC223という規格が提案されました。

ERC223は、仕様としてはERC20と比較して大きな違いはないものの、tokenFallbackという重要な機能が実装されています。これは、コントラクトアドレスに誤送金がされた場合に送り主にトークンを返すというものです。この機能の実装により、ERC20トークンで問題となっていた誤送金を防ぐことが可能となりました。

ERC20トークンの代表例

ERC20トークンのなかで、代表的なものをその特徴も踏まえながら紹介します。

  • Binance Coin(BNB)
  • Omise Go(OMG)
  • 0x(ZRX)
  • Zilliqa(ZIL)
  • Ontology(ONT)

Binance Coin(BNB)

Binance Coinは、仮想通貨取引所であるBinanceのプラットフォーム上で手数料の割引に利用できることから注目を浴びたトークンです。Binanceは仮想通貨取引所のグローバルランキングの上位にランクインしており、取引所の取引量増加に伴って、需要拡大が考えられるトークンとなっています。

また、上場させる通貨・トークンを選ぶ投票やBinance上で行われるICOで利用できる点なども含めて、需要が底堅い印象を持つトークンです。

OmiseGo(OMG)

OmiseGoは、Omiseという東南アジアを中心に決済サービスを提供する企業が開発した送金や決済のためのブロックチェーンプラットフォームです。

国境をまたいで法定通貨と仮想通貨の両方で自由にリアルタイム決済ができるサービスを提供することも目的としています。

また、日本企業のSBIやSMBC、三菱UFJ銀行傘下のタイのビックバンクであるアユタヤ銀行などとの提携を結んでいること、イーサリアム開発者のVitalik Buterin氏がアドバイザーとして関わっていることなどから注目を集めています。

0x(ZRX)

0xは、DEXを作成するためのプロトコル(※)になります。

DEX(Decentralized Exchange)とは、分散型取引所とも呼ばれており、中央管理者を必要とすることなく、ブロックチェーンネットワーク上で仮想通貨やトークンの取引を可能にするシステムを指します。

0xを活用することで、従来のDEXよりスムーズな取引をより安い手数料で実現することができ、中央管理ではないためハッキングによる資産消失や、取引所による資金横領などが起こる心配がありません。

ERCトークン同士で手数料をほとんど掛けずに交換することができるため、イーサリアムの需要とともにその将来性に期待が寄せられています。

※通信の手順などを定めた規格、予め定めておく約束事のことです。

Zilliqa(ZIL)

Zilliqaは、ビットコインやイーサリアムなどで課題となっているスケーラビリティ問題(※)を解決することを目的としています。

Zilliqaの情報処理機能は、Shardingと呼ばれるもので、全てのデータを平行処理することが可能となっています。これにより、イーサリアムやビットコインがデータ処理を1つずつ順番に行っているのに対して、ブロックチェーン上の処理を分割して行うことでスケーラビリティ問題が発生する可能性を大幅に低下させています。

また、上記のデータ並列処理を利用することで、スマートコントラクトにおけるタイムラグのない取引を実現しようとしています。

これらの重要な機能により、将来性に期待が集まっているトークンとなっています。

※通貨の利用が増していくごとに、ブロックチェーンの処理に負荷が掛かることでデータに詰まりが発生してしまう問題です。

Ontology(ONT)

Ontologyは、ブロックチェーンと企業をつなぐことを目的とした分散型企業合同プラットフォームです。

Ontologyは、ブロックチェーンを用いることで分散型のメリットである通信速度やコスト低減などのノウハウを企業に提供することを目的としています。既存の煩雑な手続きやデータの一極集中から生じる問題などをブロックチェーンの導入で解決し、仮想通貨業界のインフラとして展開していくことを目指しています。そのため、さまざま分野のビジネスに応用することのできるように、必要に応じたカスタマイズが可能となっています。

ERC20トークン対応ウォレット

ERC20トークンは統一規格ではありますが、そのすべてを一つの取引所・ウォレットで扱えるというわけではありません。

ERC20トークンに対応した代表的なウォレットは以下の3つになります。

取引所に保管しておくセキュリティリスクなどは話題にもなっているため、自己管理ができるようにウォレットの利用をオススメします。

まとめ

ここまでERC20をメインにまとめてきました。ERCという統一規格ができたことでトークン開発やICOの資金調達が円滑化されました。イーサリアムの持つプラットフォーム機能を活かすためにコミュニティの中で議論が行われ、ERC20という規格が誕生しました。現在では、Dappsとして話題になった子猫育成ゲーム「クリプトキティーズ」が採用しているERC721という規格も正式に採用されています。ERC721では、現在では個別認識されていないトークン(通常の通貨のように1つ1つのトークンを区別していない状態)を美術品のようにオリジナリティを持たせることで区別可能にすることができます。

これにより、ゲームなどのアプリケーション上で再現されるなどすることで、様々な個性豊かなものをトークンで再現することができるでしょう。

このようなものが今後開発されていくことで、トークンやブロックチェーンを初めとした技術がさらなる発展を遂げていくことに期待が寄せられます。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る