リップル(XRP)はなぜ銀行に受け入れられるのか?:システムや事例から徹底解説!

リップルは国際送金の問題解消を目指して開発された、送金プラットフォームです。数々のソリューション機能を備え、迅速かつ正確な送金がいつでも可能です。現在、リップルは国内外の主要な銀行での受け入れが進んでいる点も注目に値します。今回は、リップルが銀行での導入が進んでいる理由について、様々な角度から見てみましょう。

リップルの特徴とは?

まずはリップルの概要を見てみましょう。

リップル概要一覧

リップルは時価総額ランキングで第3位につけるメジャーなアルトコインです。

仮想通貨として捉えられることが多いリップルですが、正確には送金システムです。金融システムとして、国際的な取引をスムーズに行うための決済・送金の仕組み自体がリップルであるということになります。

そのため個人よりも銀行などの金融機関が利用することを想定して開発されました。従来送金で掛かっていた長い時間や高い手数料を改善したリップルは、銀行が徐々に導入を進めています。

決済・送金システムとしての機能

銀行での採用が進んでいるだけあり、リップルには優れた機能がいくつも備わっています。そのうち主な機能を見ていきましょう。

PoC(Proof of Consensus)

リップルで採用されているコンセンサスアルゴリズムはPoCであり、取引データを管理するための検証ルールです。Validatorと呼ばれる特殊な参加者たちの8割以上が承認した台帳(取引データ)を管理しています。

Validatorは誰でも自由になれるわけではありません。リップルが管理するUnique Node Listより、信頼できる企業などが選ばれます。信頼性の高いValidatorに承認を任せることで、改ざんなどのリスクに備えています。

ILP(Inter Ledger Protocol)

ILPは色々な通貨の台帳を連携する技術で、リップル以外のブロックチェーン、クレジットカード、モバイル決済なども含みます。ILPを仲介することで、種類の異なる決済手段をスムーズに交換できます。

リップルでは「IoV(価値のあるインターネット)」という理念を掲げていて、世界中のお金を容易に交換できる世界を目指しています。IoVを実現するためには、ILPの技術が欠かせません。

XRP

XRPはリップルが開発した仮想通貨のことを意味します。送金システム・リップルにおいて、XRPには2つの重要な役割があります。

1つ目はブリッジ通貨という、橋渡しとなる通貨の機能です。XRPを通してユーロ・ドルなどの通貨や他の仮想通貨を相互に交換する役割を果たします。ブリッジ通貨としての機能を活用することで、従来の両替所の機能が不要になり、送金コストの削減につながります。

2つ目はシステム手数料で、リップルの利用時には少額のXRPを支払うことになります。徴収されるXRPはネットワークへの負荷に比例して増加するため、悪意のある参加者からリップルを保護することが可能です。なお手数料として徴収されたリップルは誰にも利用できない形で廃棄されるので、リップル社などに渡るわけではありません。

XRP Ledger

XRPの台帳であり、XRPに関するすべての取引データが管理されています。リップルの参加者で分散管理しているので、分散型台帳と呼ばれています。

中央管理者のサーバーによる一括管理ではないので、1つのサーバーが攻撃を受けてもデータを改ざんできず、セキュリティに配慮されたシステムといえます。

リップルの詳しい仕組みについては「Vol.1:リップル(XRP)の謎 -IOUとゲートウェイは不要?-」をご覧ください。

リップルの実用性

リップルが決済通貨として優れた実用性があることを、提供ソリューションから見ていきましょう。

リップルの提供するソリューション

  • xCurrent

国際送金を改善するためのソリューションです。「Messenger」「Validator」「ILP Ledger」「FX Ticker」の4つの機能があります。人為的ミスの減少、セキュリティの確保、手数料の透明化を実現します。さらに4秒程度の即時送金を、24時間365日行えます。

xCurrentについて詳しくは「Vol3:リップル(XRP)の謎 -xCurrent, xRapid, xViaとXRPへの影響-」をご覧ください。

  • xRapid

XRPでの迅速な送金と送金コスト削減を実現する仕組みです。様々な他の通貨と交換可能なXRPを用意することで、ノストロ口座(銀行間取引で利用される決済アカウント)を仲介しないため、ノストロ口座の管理費のカットや迅速な送金につながります。

リップル公式サイトによると、アメリカとメキシコ間の送金実験を行い、xRapidを活用するとたった2分で完了したとのことです。従来は2~3日ほど必要でしたが、大幅な短縮に成功しました。また、コストも70%削減できたようです。

参考:https://ripple.com/insights/first-pilot-results-for-xrapid/

  • xVia

リップルの利用者(銀行・法人・送金業者など)に対し、支払いインターフェースを提供する製品のことです。ユーザーが直接操作する画面や帳票などがわかりやすいように設計されています。

xViaを利用するために、専用のソフトフェアをインストールする必要はありません。ユーザーは面倒な手間をかけることなくリップルに参加することができます。

提携銀行一覧

リップルは、さまざま企業と提携を結んでおり、その総数は本稿執筆時点で137社(※)にも及びます。

※ Ripple’s Official Partner:74社 , SBI Ripple Asia’s Official Partner:63社

リップル導入に積極的な銀行や、決済テストなどを行っている銀行などをリストにまとめました。

【国内】

SBIホールディングス及びその子会社であるSBI Ripple Asiaが主体となり、「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」が発足しました。国内外の為替取引を一元化することを狙いとし、技術・運用の両面での話し合いが重ねられ、商用利用に向けた実験も行われます。

このコンソーシアムには本稿執筆時点で61行にも及ぶ銀行が参加しています。

その一部を見てみましょう。

  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 新生銀行
  • オリックス銀行
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • りそな銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行
  • 千葉銀行

ネット銀行に加え、地方銀行や信託銀行も参加していることがわかります。上記に示した銀行は、特に知名度があり利用者も多い銀行です。

日本において、仮想通貨を基軸とした金融インフラの実験・関連会社との提携がここまでの大規模で行われているケースは珍しいです。リップルは、今後日本の金融界でも存在感を増していくことでしょう。

参考:

http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/0307_11012.html

【国外】

海外でもリップルを利用した送金システムの実験が行われています。以下の銀行が、実験を行った銀行の一部です。

上記で示しているのは、各国でトップクラスの大手銀行です。リップルの導入を進めている銀行の中には知名度の高い銀行も数多く含まれており、リップルは実用的な要素が強いことがここでも分かります。リップルの国外提携銀行一覧

参考:http://gtgox.com/partners-of-ripple/

まとめ

リップルは国際間の送金・決済の利便性を高めることを目的に生まれた、XRPを基軸にした送金システムです。金融インフラとしての役割を担うため、数々の優れた機能・ソリューションを備えています。国内外の多くの銀行でリップルを使った試みが始まっており、リップルの商用利用に前向きな銀行が増えています。今後の金融界で、リップルの存在感はさらに高まることでしょう。

また、リップルの購入・保管に関しては以下の記事をご覧ください。

仮想通貨リップル(XRP)のおすすめウォレット6選:目的別に使い分ける方法とは?

リップル(XRP)の取引所まとめ:よい取引所の選び方とは?

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る