Vol.9:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

市場動向

今週の仮想通貨市場時価総額は、週前半から中盤にかけて好材料が重なった上にビットコイン対ドル相場でテクニカル的に複数トレンド転換兆候(サマリー参照)が出たことで上昇基調を維持し、一時は3000億ドルの大台まで回復しました(第1図)。

今週の安値は、7/14の2463億ドルで、高値は7/18の3004億ドルとなっております。

また、今週は2週間ぶりに相場が上昇基調となり、ビットコインが年初来安値を記録した6/29から見ると、およそ24%回復しました(第2図)。

今週の注目ニュースとしては、①Coinbase(コインベース)が新たに5銘柄の仮想通貨上場予定を発表、②同じくコインベースによるIT/金融系企業3社買収に認可が下り、連邦政府認定の証券取引所へ一歩近づいたという報道、③米大手運用会社のBlackrock(ブラックロック)が「仮想通貨に興味を示した」という趣旨の報道、④米連邦準備制度理事会ジェローム・パウエル議長による仮想通貨に対するネガティブ発言などがあります。

コインベース5通貨新規上場予定

7/14に米大手仮想通貨取引のコインベースがCardano(ADA)、Basic Attention Token(BAT)、Stellar(XLM)、Zcash(ZEC)、0x(ZRX)の新規上場を視野に入れていることが同社のブログで発表されました。

コインベースは先月12日、Ethereum Classic(ETC)の上場を発表し、ほとんどの仮想通貨相場が下落基調の中ETCの相場を押し上げました。

今回の新規上場予定の発表後でも、上記の5通貨では比較的顕著な相場の上昇が確認されました。

しかし、今回の上場予定発表では、具体的な上場の日程は盛り込まれておらず、あくまで上場審査を開始したという内容に留まっています。

これに便乗したかは定かではないですが、米取引所のKraken(クラーケン)がTwitterで1600以上の仮想通貨銘柄の上場を審査中と、コインベースを若干揶揄する投稿をしました。

コインベースが認可取引所へ一歩前進か

7/17には、同じくコインベースにアメリカでブローカーディーラのライセンスを持つIT/金融系企業3社(キーストーン・キャピタルヴェノヴェート・マーケットプレースデジタルウェルス)の買収の認可が米証券取引委員会(SEC)と金融業規制機構(FINRA)より下りたことがBloombergより報じられ、同社が米国規制当局認可の仮想通貨取引所になることが示唆されました。

仮想通貨取引所が米国でSECの認可を取得すると、ICOで発行された証券である疑いのあるトークンの取り扱いが正式に可能になります。

しかし、翌18日には、SECは同買収案件の審査に関与していなかった上に、買収にはSECの認可さえ必要ではないと上記の報道が誤報であったことをBloombergが発表しました。

いずれにせよ、コインベースが上記3社の買収を試みていることに誤りはないようで、同取引所が米規制当局認可仮想通貨取引所となる可能性があり、ポジティブ材料として注目されます。

ブラックロックが仮想通貨参入の兆し

世界最大の運用会社で知られる米ブラックロック社が17日、仮想通貨とブロックチェーンの可能性を探るべくワーキング・グループを結成させたことがFinancial Newsより報じられました。

一方で、CEOのラリー・フィンク氏はBloombergとのインタビューで、「仮想通貨に手を出したいと言っているクライアントは一人たりともいない」と発言しており、当面は仮想通貨市場がどのように動き、将来的に「正当な」現金の代替となるかを審査すると説明しました。

しかし、ブラックロックほどの運用会社が仮想通貨に興味を示したこと自体が市場ではポジティブに取られたと考えられます。

FRBパウエル議長仮想通貨への懸念を表明

米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が19日、下院金融委員会にて仮想通貨が通貨として機能していない等のネガティブな証言をし、それにつられて仮想通貨市場時価総額がおよそ3時間の間に5%下落しました。

しかし、その後の時価総額は2850億ドル〜2920億ドルの間を推移しており、今回の下落は一時的なものとなりました。

参考記事

速報:米FRBパウエル議長−仮想通貨は「厄介だ」

サマリー

以上のように、今週はポジティブ材料が重なり上値を試す展開になったと考察されます。

また、時価総額第1位のビットコイン相場がテクニカル的にトレンド転換を示唆す値動きをしていたことも市場全体の上昇に貢献したと考えられます(第3〜5図)。

まず、ビットコイン対ドル相場は7/16、終値ベースで5/6高値(9918ドル)と7/10高値(6814ドル)を結んだレジスタンスラインを上抜けし、トレンド転換を示唆しました(第3図)。

また、翌17日には、実体線が一目均衡表雲下限を上抜けし大陽線を生み出したことで、現在相応の厚みのある雲の上限に接近しております。現在は遅行線の実体線上抜けと転換線の基準線上抜けを示現しており、強い買いシグナルとなる三役好転が視野に入っております(第4図)。

さらに、ビットコイン対ドル相場は、6月下旬より逆三尊を形成しており、17日の急進でネックラインの上抜けを示現。トレンド転換のサインとなります(第5図)。

しかし、ビットコインが17日の上昇を維持する中、イーサリアム・リップルなどの他の主要通貨では比較的に上値が重い展開となり、レンジ相場の上方ブレイクに失敗しております(第6〜7図)。

この先は、週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議での規制動向が注目ポイントとなり、週末から来週明けにかけては一時的な売り圧力が市場に働くことが指摘されます。

しかし、ビットコイン関しては、一目均衡表雲上限が下降しており、ある程度相場が下落しても雲上抜けの可能性があると考えられます。

アップデート:7月G 20後の仮想通貨規制動向の予想−FSBレポートの考察」でもお伝えした通り、G20で国際的な規制の枠組みが発表されれば、不確実性が軽減されることが期待され、中長期的には市場にポジティブな影響を与えることが予想されます。

 

これまでのFinAltウィークリーアップデート

Vol.8:FinAltウィークリーアップデート 仮想通市場動向を徹底解説

Vol.7:FinAltウィークリーアップデート 仮想通市場動向を徹底解説

Vol.6:FinAltウィークリーアップデート 仮想通市場動向を徹底解説

Vol.5:FinAltウィークリーアップデート 仮想通市場動向を徹底解説

Vol.4:FinAltウィークリーアップデート 仮想通市場動向を徹底解説

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る