7月G20後の仮想通貨規制動向の予想:国際規制の連携はまだ先か

仮想通貨における国際規制の現状

2017年の価格急騰を機にその存在を世界に知らしめた仮想通貨ですが、業界を統制する規制はその成長速度に追いつけず、各国で方針のばらつきが存在します。

日本では、昨年4月の改正資金決済法の施行により仮想通貨が法的な決済手段として認められ、仮想通貨交換業の登録制度が導入されるなど、早期の業界整備が行われてきました。一方で、昨年9月には、中国が仮想通貨取引とICOを全面的に禁止し、それを追うように韓国もICOを禁止するなど、各国それぞれ足並みの揃わない不明瞭な状態が続いております。

こうした中、2018年3/19〜3/20にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で仮想通貨の国際的な規制の枠組み作りがアジェンダとして挙がりました。同会で実質的な規制の進展はなかったものの、国際的な基準設定団体(SSB)による市場監視と7月のG20にてその結果報告を指示したことがコミュニケで発表されました。

「拘束力」ある規制へ、FATFが今月検討:G20規制発表前の注目動向」でもお伝え致しました通り、G20の指示の下、仮想通貨市場を調査するSSBの一つ「金融活動作業部会(FATF)」が2015年に発表した規制方針案の見直しと、その「方針」を拘束力のある「基準」に格上げすることの検討を6月の定例総会で行うことがロイターより報道されました。定例総会後にFATFから何らかの発表があると予想されていましたが、公式声明も関係者からのコメントも発表されておらず、7/21〜7/22のG20まで結果報告が先送りされました。

今回は、主要国のこれまでの規制動向をまとめた上で、今月21日〜22日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催されるG20での規制動向を予想します。

7G20前の主要国規制動向概要

日本

本邦金融庁は、今年1/27のコインチェック不正流出事件に端を発し、複数の仮想通貨交換業者に対し20件を超える行政処分を下し、積極的に厳格な規制体制を敷いてきました。

世界的に見ても、日本は仮想通貨業界における本人確認(KYC)・マネーロンダリング防止(AML)・テロ資金対策(CFT)と投資家保護政策を進めております。3月にコインチェックがMonero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)、Dash(ダッシュ)の上場廃止を発表したのは、匿名性の高い仮想通貨はマネーロンダリングに利用されやすいため、金融庁から何かしらの指示があった可能性が考えられます。

一方、前述した通り、金融庁による規制は業界整備を目的としたものであり、あくまで極端に市場を圧迫するような姿勢は示しておりません。先日には、仮想通貨交換業者に金融商品取引法による規制を適用するか否かの議論も開始されるなど、仮想通貨の「金融商品化」に向けた動きも確認されております。

仮想通貨が正当な金融商品となれば、「健全」なイメージが広がるなどのポジティブな一面がある一方で、仮想通貨の取り扱いにおけるハードルが上がってしまうというデメリットも懸念されます。

参考記事

金商法適用へ金融庁が検討開始:仮想通貨が金融商品となるとどうなるか」

日本の仮想通貨の税金に動きか:麻生太郎財務相の発言を読み解く

仮想通貨取引所の行政処分と業界再編の可能性

アメリカ

アメリカでは主に、証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)と司法省(DOJ)が仮想通貨業界の規制に携わっています。今年に入ってからは、特に「ICOで発行されたトークンが証券に当てはまるか否か」という議論が加速しており、SECの動向に注目が集まっています。

発端となったのは、今年2/7のジェイ・クレイトンSEC委員長の、「私の見てきたICOのほとんどが証券だ」という趣旨の発言です。アメリカで証券取引を行えるのは、SECに登録された業者のみで、ほとんどの仮想通貨取引所が登録業者でないことから、数多くのオルトコインの上場廃止の可能性が浮上しております。

イーサリアムに関しては、6/14にSEC企業金融局のウィリアム・ヒンマン局長が「(ETHを)規制することに価値はみえない」と発言し、イーサリアムは証券法による規制を逃れる見通しとなりました。

一方、他のオルトコインについての明確な発表は本稿執筆時点で確認できておりません。

アメリカは日本と比較して、仮想通貨規制に「やや強行」なスタンスを示してきましたが、クレイトン氏は「証券法に則ったICOであればSECはサポートする」と応援の姿勢も示しており、日本と同様に仮想通貨を金融商品として分類する可能性が高そうです。

参考記事

米証券取引委員会委員長がICOに関する新たな見解を表明

Vol.4:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

2018年イーサリアム危機?:米金融規制当局が有価証券か否か精査中

米商品先物取引委員会元会長リップルとイーサリアムを牽制:将来的に上場廃止もありえるか?

韓国

韓国は去年のICO禁止に加え、今年1月には匿名での仮想通貨取引禁止や、公務員の取引と所有を禁ずるなど、2018年第1四半期までは仮想通貨に対して比較的厳しい姿勢を取ってきました。

しかし、第2四半期から7月にかけてはICO を含め、規制を段階的に緩和する動きを見せつつあります。5/29には、国会にICO合法化案が提出されました。7/6には、韓国政府が世界で初めて仮想通貨取引所を「規制された金融機関・銀行」と認めた上、翌7日にはG20参加国の規制動向に合わせ規制緩和を発表しました。

中国

中国は、前述の通り昨年の9月に仮想通貨取引とICOを全面的に禁止しましたが、今年に入り禁止解除を予感させるいくつかの動きがありました。

まずは、5/17に始まった中国工業情報化部CCIDによる仮想通貨格付けがあります。仮想通貨を全面的に禁止している中国政府の傘下にある研究院からの仮想通貨格付け発表ともあり、大きな話題になりました。

また、5/30付けの人民日報系の英字新聞にて、「中国はビットコインに対し単に『NO』というよりも、規制を改善するほうが賢明だ」というタイトルの論説記事が掲載されました。メディアの統制を行う中国の新聞から禁止措置の解除を促す記事が出たことで、市場では一部期待感が生まれました。こちらの記事に関しては、同紙にて6/5、「中国がビットコイン取引を再開する日はまだ来ていない」というタイトルで「火消し」が行われましたが、同記事では「国内での規制の欠如」に焦点が当てられており、かえって中国当局が新たな規制案を作成している可能性も考えられます。

また、現在の米中貿易摩擦の激化を考慮すると、中国当局としては報復措置として元安(米ドルに対して)に誘導するメリットも相応にあることから、仮想通貨取引を再開させ「元売り・仮想通貨買い」を促す可能性もゼロではありません。

これらのことから、中国が仮想通貨禁止措置を解除していくとすると、7月のG20にて国際的規制方針が打ち出され主要国が足並みを揃えた後とも予想されます。

参考レポート(アルトデザイン株式会社)

中国における仮想通貨禁止措置解除の布石

G20後の仮想通貨規制予測

7月のG20における国際的な規制の枠組み作りの鍵は日本とFATFが握っていると言えるでしょう。

というのも、日本は現在唯一2015年にFATFが発表した規制方針案に沿った規制を実行しており、先月のFATF定例総会でも議論をリードする意欲を示していたからです。そして、世界的にも日本の仮想通貨規制には定評があることも理由として挙げられます。

参考記事

コンセンサス2018速報—2日目:仮想通貨価格に大きな影響を及ぼす規制にスポットライト

また、FATFはAML・CFTの国際的基準の提案をする政府間団体であり、7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が創設したことから、G20での影響力は大きいと考えられます。日米韓で見られる仮想通貨の金融商品としての確立の動きも、既存金融業界における厳しいAML、CFT、KYCを仮想通貨業界でも徹底させる目論見があると考えられ、FATFのポリシーと合致しています。

このことから、今月のG20ではAML、CFT、KYCを基準化する方針が打診され、仮想通貨を金融商品として認知する方向性が参加国間で確認されることが予想されます。

一方で、現在日本が行なっている仮想通貨交換業の登録制度に関しては、今月もしくは今年中での導入は難しいと考えられます。現在、世界中で205もの仮想通貨取引所が運営されており(CoinMarketCap調べ)、その全てが高いセキュリティとシステム水準を有するとは考えづらいです。よって、現状で日本が設けているような厳しい登録基準を世界的に設けると、メジャーな取引所であっても運営が困難になることが考えられます。また、205もの取引所を通して既に市場参加者の資金が市場に流れていることを考慮すると、そのような突発的な規制をかけることはないでしょう。

もっとも、仮想通貨交換業の登録制度は業界の健全化に大きく貢献することから、今後登録制度に向けた段階的な措置が取られることも指摘されます。

サマリー

今月のG20では、FATF以外にも金融安定理事会(FSB)などのSSBも3月からの市場監視の結果報告及び規制案の発表がなされる予定です。それらを審査した上で国際的な規制の枠組みがコミュニケで触れられると考えられます。よって、今回のG20では、日本にとっては現状を著しく変える規制にはならないと言えそうです。また、今回はあくまで「国際的な規制の枠組み」の発表がなされる見通しなので、G20閉幕直後から新規制が実行されるわけではなく、「参加国の足並みを揃える」最初の第一歩に留まると考えられます。

未だ「『確立期』に突入しようとしている」と言える仮想通貨業界では、国際的な規制の連携体制を拡充するには時間がかかると思われます。実質的な動きが出てくるのは2018年末や2019年はじめ頃からになると予想されます。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る