ライトコイン(LTC)とは?仮想通貨の将来性・取引所・チャート

ライトコイン(LTC)といえば、2011年から開発されている歴史あるコインで数ある仮想通貨の中で時価総額も高く優良な仮想通貨です。しかし、実際にライトコイン(LTC)がどんな仮想通貨なのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

そこで今回はライトコイン(LTC)の将来性や取引所、チャートをまとめて解説していきます。

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)はビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの一種で、時価総額が高いことから取引所での扱いも多く、取引したことはないものの名前を聞いたことのある方は多いでしょう。

――以下引用――

Litecoin はピアツーピアのインターネット通貨になります。ほぼ無料に近い手数料で、世界中の誰にでも即座に支払いを行うことができます。(中略)主要な数学ベースの通貨と比べ、トランザクションの確認時間が短く、ストレージの効率性に優れているのが特長です。業界による多大な支持、取り引き量、流動資産などの実績を見てわかるように、Litecoin は Bitcoin を補完する商取引媒体となります。(引用元:ライトコイン公式サイト

公開日からもわかりますが、歴史ある通貨で時価総額ランキングではTOP10入りしていることもあり、通貨自体の信頼性は高いことが伺えます。

それもそのはず、ライトコイン(LTC)はビットコインと機能はほとんど変わらず、開発者も「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」であると自称しているほどです。

ビットコインとの違いがないわけではありませんが、ビットコインを補完するための商取引媒体を目指した仮想通貨のため、ビットコインとの類似点が多く、存在感に欠けることから、時価総額のランキングが高くてもあまり知らない人が多いのが現状のようです。

そんなライトコイン(LTC)ですが、特徴を示すと代表的なものは以下の4つになります。

  • ブロック生成速度
  • Segwit導入
  • ライトニングネットワーク実験成功
  • アトミックスワップへの適正

次に、ライトコイン(LTC)の特徴を1つずつご説明いたします。

▼ライトコイン(LTC)の価格動向

ライトコイン(LTC)の4つの特徴

ライトコイン(LTC)は、2017年にビットコインキャッシュが誕生したことや、仮想通貨市場への参加者が加速度的に増えた事、同年にSegwit(Segregated Witness)アクティベートが確定したことでも相場が上がりました。

そして、ライトコイン(LTC)の人気が出た理由はその特徴にもありますので、主な特徴4つを確認してみましょう。

ブロック生成速度

――以下引用――

Litecoinのblockchainは、対称のBitcoinより多くのトランザクションを取り扱うことができます。より頻繁にブロックが生成されるため、ソフトウェアを将来的に改良する必要なく、ネットワークを多くのトランザクションに対応させることができます。(引用元:ライトコイン公式サイト

ビットコインはブロックの生成に平均で10分かかりますが、ライトコイン(LTC)は約2.5分しかかかりません。そのため実用性が高く、単純に考えると4倍のスピードで送金することが可能になることでビットコインよりも素早い取引を行う事ができます。

さらに、ライトニングネットワーク(詳細は後述)を実装することに成功したため、ビットコインとライトコイン(LTC)の円滑な交換が可能となりました。ビットコインを早く送金したいときは、ビットコインの代わりにライトコイン(LTC)を送金することでも、対応が可能となったのです。

ライトコイン(LTC)の送金速度が上がると、トランザクションの遅延が減るため、手数料も安くなることから、ライトコイン(LTC)を利用したいと考える人が増えることも予想されます。

上記のような特徴から選択肢の幅が広がったことも、ライトコイン(LTC)がいま仮想通貨市場で注目を集めている結果に繋がったと言えるでしょう。

Segwit(Segregated Witness)導入

ライトコイン(LTC)やビットコインはブロックチェーンと呼ばれる分散台帳システムで稼働しており、ブロックの中には取引の記録が書き込まれていくようになっています。ライトコイン(LTC)は約2.5分ごとに新しいブロックの生成が行われていますが、ブロックの中に書き込めるサイズが決まっており、データの処理速度が遅くなってしまう問題(スケーラビリティ問題)が発生しています。

その問題を解決してくれるのがSegwitです。ブロックの中の誰と誰の間で取引が行われたのかを明白にする署名にあたる部分を切り離して(segregate)、独立した署名領域を生成します(witness)。この独立した署名領域を用いてブロックの承認を行うことで、多くの取引を1つのブロックにまとめることができるようになりました。

また、Segwitの導入により、スケーラビリティ問題だけでなくトランザクション展性問題も解決しています。トランザクション展性(Malleability)とは、取引の署名の正当性を保ったまま、同等の意味を持つトランザクションが複数通りのトランザクションハッシュ(トランザクションが暗号化されたデータ)を持ちうることです。この性質を用いてトランザクションの改ざんを行い、ハッシュを変えた同等のトランザクションをブロックチェーンに取り込ませることで、トランザクションを誤認させて何度も再送することが可能となります。これはマウントゴックス事件の際にも用いられた手法です。

このような設計上の大きな問題を防ぐことができるのは、ライトコイン(LTC)にとっては大きなメリットとなります。

ライトニングネットワーク実験成功

ライトニングネットワークは、スケーラビリティ問題に対するソリューションの1つで、直接つながりのない2者間でのマイクロペイメントを実現する技術になります。

これがどういうことかというと、今まではAからCへの送金のためにAからCまでのチャネルが必要でしたが、既にAとB、BとCのチャネルが存在するならば、Bを中継してAからCまでの送金が可能になります。

また、送金に関わるデータをオフチェーン(非ブロックチェーン領域)上で行い、最終的な処理のみをオンチェーン(ブロックチェーン)上に記録していくことで領域の節約を行うことができます。これを同時にネットワーク上で膨大な数を処理することで、無駄なトランザクションを削減し、より効率的に取引するシステムとなっています。

ライトニングネットワークは、即時送金以外にも手数料の削減を見込むことができます。マイクロペイメントをブロックに記録すると、そのたびに手数料がかかってしまいますが、ライトニングネットワークならその手数料を省くことが可能です。

ライトニングネットワークでは、上記のトランザクション展性による電子署名データの改ざんリスクがありますが、Segwitの導入でこのリスクを防ぐ効果も期待することができるため、ライトコイン(LTC)はこの組み合わせを持ちながら、ライトニングネットネットワークの実験に成功しているためさらなる期待が寄せられます。

アトミックスワップ適正

アトミックスワップとは、取引所などの信頼できる第三者を必要とせず、仮想通貨を別の仮想通貨に交換することのできる技術です。これにより、ビットコインを早く送りたいときにライトコイン(LTC)を送る選択肢がうまれます。

本来は、中継役となる取引が多く、そこには莫大な資金が必要となりますが、アトミックスワップにより交換したい通貨同士を第三者の介入なしに交換できるため中継役はいらず、仮想通貨の決済促進に繋がる可能性があります。

また、現在ではアトミックスワップに対応した通貨は限られています(Bitcoin、Litecoin、Decred、Vertcoin・Viacoin)が、これが広がれば取引所の破綻やマウントゴックスのようなリスク  (取引所に預けている仮想通貨が突然消失すること)を避け、通貨の自己管理が可能になるでしょう。

ライトコイン(LTC)の価格動向

ライトコイン(LTC)の特徴について確認したところで、続いては、現在のチャートなどから今後の動向などをチェックしてみましょう。

チャート


2017年3月頃から価格が上がり始めた理由は、Segwitの導入が検討されていたからではないかと考えられます。ライトコイン(LTC)はマイナーの75%以上の賛成によりSegwitの導入が決行されると発表されたことで注目を集めました。

2017年4月末にマイナーの賛成が75%以上を達成し、Segwitが導入されたことで価格は高騰しました。日本円にして19,625円まで上昇した後に、価格は現在(2018/07/03)まで下落基調で、9,000円台で推移しています。

そのため、このまま緩やかに下降を続ける可能性もありますが、取引量は依然として多くボラティリティーも落ち着きつつあるため、技術面などで注目を集めることで価格が上向くことも考えられます。

海外の取引所だけでなく日本の取引所にも進出しつつあるため、今後の価格動向にも注目すべきでしょう。

今後の予想

ライトコイン(LTC)のホームページでは、リアルタイムでニュースとアップデートの状況を確認することができます。さらに、ライトコイン(LTC)ディベロプメント(ライトコイン(LTC)の開発チーム)から最新情報や新機能の紹介なども受けることが可能です。コミュニティも用意されているため、ライトコイン(LTC)はコミュニティの強固さも強みと言えるでしょう。

ライトコイン(LTC)を利用できるサービスも複数あり、決済機能としての導入が進んでいます。さらに、クレジットカード処理プロバイダーのAliant Payment Systemsがクライアント向けに提供している支払い業務にライトコインを導入することを発表しています。それにより、ライトコインでの決済がより身近になることから、今後の動向にも期待が寄せられています。

今後は、マイニングによる半減期が2019年に起こる予定であることから、採掘報酬が半減(その時点の市場価格にもよる)することで価格が再び高騰するのではないかと予想されます。

ライトコイン(LTC)を扱っている取引所

ライトコイン(LTC)は実用性の高さで注目を集めていることもあり、信頼できるコインとして日本の取引所で購入することも可能です。公式サイトでもおすすめの取引所が紹介されていますが、すべて海外取引所となっているため、ここでは国内取引所をご紹介します。

公式サイトのリニューアルにより、取引所の項目は削除されたようです。

  • bitFlyer
  • bitbank
  • GMOコイン
  • Bit Trade
  • BTCBOX
  • Coincheck
  • DMM Bitcoin

上記取引所でライトコイン(LTC)を購入することが可能です。なかでもおすすめの取引所を4つご紹介します。

bitbank

国内では最大規模の取引量を誇る取引所です。また、仮想通貨の取引を行いたいと思う方でも、パソコンの操作が苦手な方や、パソコンを持っていない方もいるかと思いますが、そんな方におすすめなのが、このbitbankです。スマホ取引に特化しているため誰でも簡単に手軽に取引を行う事が可能です。

取引にかかる手数料も無料で、ビットコインFXのbitbank tradeを運営するビットバンク(株)が運営しています。キャンペーンも多く、ライトコイン(LTC)以外にも仮想通貨を取り扱っています。

詳しくは「bitbank(ビットバンク)で取引を始めるまで-口座開設から取引開始までの手順-」をご覧ください。

GMOコイン

GMOグループが展開する仮想通貨取引所がGMOコインです。元々培ってきた金融サービスの提供のノウハウを生かしてセキュリティ対策も整っていることから、安心して仮想通貨の取引を行う事が可能です。

2017年5月からスタートした新しい仮想通貨取引所ですが、既にライトコインの取扱いも行われています。使いやすさを重視して設計されているので誰でも簡単に仮想通貨の取引を行う事ができます。

詳しくは「GMOコインで取引を始めるまで-口座開設から取引開始までの手順-」をご覧ください。

BitTrade

ワンコインからでも仮想通貨の取引を行う事ができると話題の仮想通貨取引所と言えば、BitTradeです。堅牢なセキュリティと最先端の取引ツールを利用していることから、誰でも安心安全に仮想通貨の取引を行う事が可能です。

仮想通貨は高くて購入できないといったイメージを払拭するべく、ビットコインで言えば、0.0001BTCで購入できるメリットも紹介していますし、取扱い通貨も豊富です。

BTCBOX

仮想通貨取引所の老舗として有名なのはBTCBOXです。レバレッジを利用した仮想通貨取引や取引量の多さがポイントで、ビットコインキャッシュの取引を国内で初めて取り入れた取引所でもあります。

そのためかビットコインキャッシュの取引手数料は無料である他、ライトコイン(LTC)の取引手数料も0.002LTCと高くないため、初心者でも取引しやすい作りとなっています。

詳しくは「BTCBOXで取引を始めるまで-口座開設から取引開始までの手順-」をご覧ください。

まとめ

ライトコインは、ビットコインとの共通点が多いことからあまり個性のないものと思われていましたが、現在ではその実用性の高さが評価されていることがわかりました。

ライトニングネットワークの実験に成功したことや、アトミックスワップを実装したことで、仮想通貨における少額決済を気軽に行えるようになったのもライトコイン(LTC)が注目されている理由になっていると考えられます。

ただ、「ビットコインが金ならばライトコインは銀」と開発者のチャーリー・リー氏が言っていることからもわかるように、ライトコイン(LTC)はあくまでビットコインの補完を目的として作られていることから、ライトコイン(LTC)の普及は今後ビットコインがどの程度普及していくかで決まると言っても過言ではないでしょう。

しかし、半減期や決済導入などもあることから、今後もまだまだライトコイン(LTC)には期待が集まることになるでしょう。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る