Vol.6: FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

今週の市場動向

今週の仮想通貨市場時価総額は、先週金曜日(6/22)の日本仮想通貨交換業6社に対する行政処分をきっかけとする市場への影響を受け、6/24まで下落しました。翌25日には一時的な反発を記録しましたが、週中盤以降は再び下落基調となりました。

今週の高値は23日の2620億ドルで、安値は29日の2350億ドルとなっておりますが、6/22の行政処分のニュース直前の時価総額(2860億ドル)を考慮すると、直近1週間強でおよそ510億ドルの下落となっております。

今週の注目ニュースとしては、①ビットコイン価格が年初来安値更新、②テザー社が新規USDTを発行、③バイナンスが予定より長くシステムを停止させたことなどがあります。

ビットコイン年初来安値更新

日本時間の25日未明に、時価総額第1位のビットコイン(BTC)が年初来安値(2/6:5920ドル)を更新しました。

BTC対ドル相場は、22日の急落で終値を6070ドルまで下げ、24日には節目となる6000ドルを割り込み5780ドルの安値をつけました。

これにより悲観ムードが一層濃くなった市場ではありますが、押し目買いが入ったことで一時的に相場が反発しました。

しかし、出来高が低く、相場を反転させるほどのモメンタムにはなっておらず、弱気相場が続いています。

更に、29日には25日の安値を更新する5774ドルを記録しております。

テザー社が新規USDT発行で市場に期待感

先日もお伝えした通り、26日には米ドルの価値にペッグされた仮想通貨「USDT(通称テザー)」を発行するテザー社が、新規に2億5000万USDTを発行しました。

海外取引所で他の仮想通貨との取引に用いられるUSDTの発行は、「仮想通貨需要の高まり」と市場に捕らえられた可能性があり、こちらも一時的な買い圧力を誘発したように見受けられます。

参考記事

テザー社が新たに2億5000万USDTを発行:ビットコイン価格は上がるのか

バイナンスシステムアップグレードによるサービス停止が予定期間を大幅超過

日曜日(24日)付で、26日にシステムアップグレードを行うことを発表していた海外大手取引所「バイナンス」でしたが、予定されていた4時間の「残高引き出し」と「取引サービス」停止は、結果的に丸一日を要しました。

出来高が世界Top3に入るバイナンスのシステムトラブルは、相場に影響を与えたと考えられ、その間緩やかな下落基調が確認されました。

 

サマリー

今週は、先週の本邦金融庁による国内仮想通貨交換業6社に対する行政処分の影響を引きずり、上値が重い展開となりました。

既にBTCは年初来安値を更新しているため、次の注目ポイントは、この先5770ドル圏を更に割り込むか、はたまたトレンド転換できるだけの好材料が出るかであると言え、足元はしばらく仮想通貨市場の正念場となりそうです。

また、「第2四半期は相場が上昇する」というアノマリーが過去4年間で確認されていましたが、今年はその上昇アノマリー実現は現実的でない状況となっています(下図参照)。

このような「例外的」な年となっているのは、国際的な規制が加速していることも背景にあると思われます。一方で、20カ国・地域(G20)財務省・中央銀行総裁会議(7/21〜7/22)で規制方針が出されれば不確実要素が緩和され、第3四半期以降は市場の拡大も期待されます。

参考レポート(アルトデザイン株式会社)

崩れつつある第2四半期の上昇アノマリー

前回までのFinAltウィークリーアップデート

Vol.5:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.4:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.3:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.2:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.1:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る