速報:金融庁が仮想通貨交換業5社以上に新たに業務改善命令

金融庁が6/19、ビットフライヤー、QUOINE、ビットバンク、ビットポイントジャパン、BTCボックスを含む仮想通貨交換業5社以上に、新たに業務改善命令を今週中に出す方針が固まったことが報じられております。

1月のコインチェック不正流出事件以来、金融庁は仮想通貨交換業に対する規制を強化。現在は16の登録業者が国内で営業しておりますが、今月までに15の業者が行政処分を受ける、あるいは撤退を表明しています。6/5には国内初となる登録拒否案件が浮上するなど、国際的にみても厳しい規制が敷かれてきました。

今回の業務改善命令は、マネーロンダリング防止の強化と、各取引所が管理する顧客資産の拡大に起因すると日経は報じております。

6/24には、フランス・パリで行われる予定の金融活動作業部会(FATF)定例総会にて、拘束力のある国際的な仮想通貨交換業の規制検討が始まるとされています。

日本は唯一、2015年に作成されたFATFの仮想通貨規制ガイドラインに順守している国で、今回の定例総会や、来月のG20でも積極的にイニシアティブをとるために水面下で働きかけているとも報じられております。今回の動向は、仮想通貨交換業規制の分野で世界的に存在感をアピールすることにも繋がり、今後日本が規制分野をリードできるかも注目です。

参考(Reuters)

https://www.reuters.com/article/us-cryptocurrency-regulations-fatf/financial-crime-task-force-eyeing-binding-crypto-exchange-rules-japan-official-idUSKBN1J80UZ

6/18夕方には、仮想通貨交換業協会がマネーロンダリング防止の観点から、匿名性の高い仮想通貨の新規取り扱いの自主規制を発表したばかりで、相次ぐ規制のニュースが市場を圧迫することが懸念されます。

 

参考記事

「拘束力」ある規制へ、FATFが今月検討:G20規制発表前の注目動向

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る