【解説版】2018年6月の仮想通貨イベントカレンダー:注目イベント情報解説

6月の注目仮想通貨関連イベントをまとめた「2018年6月の仮想通貨イベントカレンダー」にて紹介したイベントの経過をアップデートいたします。

Bitshares & Bytecoinハードフォーク

6/8には、ビジネスグレードの分散型「クリプト株式」ネットーワーク、「Bitshares(ビットシェアーズ)」のハードフォーク、6/12には匿名性が売りの「Bytecoin」のハードフォークがありました。

どちらの通貨も時価総額的には比較的上位に位置していますが(Bitshares=第34位、Bytecoin=第24位)、両銘柄ともハードフォーク時に市場への顕著な影響は確認されませんでした(下図参照)。

Bitsharesハードフォーク後の相場下落は、本件の影響と言うよりかは、6/10の「Coinrail(ビットレイル)不正流出事件」の影響が大きいと考えられます。

参考記事

Coinrail(コインレール)よりオルトコイン流出:仮想通貨市場に打撃

Vol.4: FinAlt Weekly Update 仮想通貨市場動向を徹底解説

deribitオプション行使期日&CBOE先物限月取引最終日

6/1には、deribitのBTCオプション行使期日、6/13にはCBOEのBTC先物6月限月取引最終日を迎えました。どちらのイベントでも、市場に目立った影響はなかったように見受けられます。

先物取引終了日の直前では、値が動く(ボラティリティーが上昇する)傾向にあると言われていて、事実12日には一時的な上昇を記録しましたが、翌日にはそれを帳消しにする動きをしました。

いずれにせよ、どちらのイベントも相場への影響は限定的なものとなりました。

米金融政策発表

一方で、日本時間6/12〜6/13にかけて行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)での米政策金利発表は、仮想通貨市場にも中長期的な影響を及ぼす可能性があると言えそうです。

本イベントにて、FOMCは利上げの発表{1.75%〜2.00%(+0.25%)}に加え、ドットチャート(将来の金利着地点予想の目安となるチャート)の引き上げと、来年から「更に頻繁な利上げ」を市場に予感させる発表をしました。

参考レポート(アルトデザイン株式会社)

米FOMCのドットチャートは年4回の利上げを示唆

主要国(特に米国)で利上げが行われると、新興国から先進国への資金流出が加速し、新興国通貨や新興国株の不安定化を経て市場にリスク回避的なムードをもたらします。

あくまで中長期的な予想にはなりますが、こうなった場合、新興国から安全資産を買う動きが予測され、その一部が仮想通貨に流れることが期待されます。

6月後半注目イベント

この先6月後半で特に市場に影響を及ぼしそうなイベントとしては、(カレンダーには載っていませんが)6/24のFATF定例総会と6/29のCMEビットコイン先物6月限月取引終了日とderibitビットコインオプション行使期日があります。

拘束力」ある規制へ、FATFが今月検討:G20規制動向前の注目発表」でも紹介した通り、マネーロンダリング防止とテロ資金対策に関する国際的な協調を推進する政府機関の「金融活動作業部会(FATF)」が、24日の定例総会にて、仮想通貨交換業に対する「拘束力」をもつ国際的規制制定への検討を開始すると報道されています。

規制動向は仮想通貨市場に直接的な影響を及ぼすとも考えられるので要注意です。

また、引き続きビットコイン先物限月取引終了日直前での相場の大きな値動きの有無にも注目です。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る