Vol.4: FinAlt Weekly Update 仮想通貨市場動向を徹底解説

今週の市場動向

今週の仮想通貨市場時価総額は、大幅な下落を記録しました。6/9には3400億ドル台を維持していましたが、翌10日には急落し一時は4月以来となる2600億ドル水準まで下げ足を速めました。

現在は2800億ドル台で推移していますが、9日の週間高値からおよそ600億ドルの下落は、大きな打撃と言えるでしょう。

今週の注目ニュースとしては、①韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)がハッキングの被害に見舞われ、4000万ドル相当のオルトコインが不正に流出、②テザー社によるBTC相場操縦の可能性を指摘する論文の発表、③米証券取引委員会関係者がETHは証券ではないと発言したことなどがあります。

また、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策金利発表など、既存金融市場でも注目のイベントが相次ぎました。

Coinrailハッキング事件

6/10には韓国の仮想通貨取引所Coinrailがハッキングを受け、NPXSトークンを中心に計9銘柄のオルトコインが不正流出したことが報道されました。今回の被害総額は4000万ドル相当と今年1月のコインチェック不正流出事件のおよそ10分の1となっていますが、市場には顕著な影響が出ているように見受けられます。

参考記事

Coinrail(コインンレール)よりオルトコイン流出:仮想通貨市場に打撃

11日未明には、時価総額第1位のビットコイン(BTC)は365日移動平均線を下回るなど、明確な「弱気」相場への転換が10日〜11日の間で起きたと言えるでしょう。

一方で、Coinrailは比較的マイナーな取引所である上に、事件発覚から相場の急落まで数時間の時差があったことから、週前半の相場急落には別の原因があるとも言われていますが、現在それを支持する有力な情報はありません。

テザー社、BTC相場操作への関与疑惑強まる

6/14には、米テキサス大学よりテザー社がBitfinexを通じてBTCの価格を操作していた可能性を指摘する60ページ以上もの論文が発表されました。

テザー社は、運営者がBitfinexの関係者でもあることから、以前より2社間の関係が疑問視されていた上に、準備金不足状態でUSDT(テザー社が発行する米ドルの価格に基づいた仮想通貨)を発行した疑いなども持たれていて、昨年末には米商品先物取引委員会が召喚状を出したことでも話題になりました。

今回の論文は、テザー社による相場操作を徹底的に裏付けるものではありませんが、「Vol.1 FinAltウィークリーアップデート」でもお伝えした通り、米司法省は仮想通貨市場における相場操作取り締まりを開始することを発表しているので、今後調査が更に進みテザー社に規制の圧力が及ぶ可能性もあると考えられるでしょう。

参考レポート(アルトデザイン株式会社)

テザー社によるBTC相場操作に関する論文の考察

ETH、証券ではない

アメリカ時間6/14にYahoo Financeが主催するイベント「All Markets Summit: Crypto」にて、米証券取引委員会(SEC)企業金融局のウィリアム・ヒンマン局長が、SECはETH(イーサリアム上のネイティブ通貨)を証券として分類しない旨を発表しました。

ヒンマン氏は、ETHコミュニティの現在の構造は十分に分散化されていることを挙げ、「(ETHを)規制することに価値はみえない」と発言しました。

以前よりSECによる仮想通貨を巡る証券法の適用が注目されていましたが、今回のヒンマン氏の発言でETHに関しては証券法による規制を逃れる見通しとなったと言えるでしょう。

参考記事

米商品先物取引委員会元会長がリップルとイーサリアムを牽制:将来的に上場廃止もありえるか?

2018年イーサリアム危機?:米金融規制当局が証券か否か精査中

しかし、今回はETH以外の仮想通貨/トークンに関しての言及はなく、包括的な規制の方向性に関する発表とはなりませんでしたので、引き続きSECの規制動向には注目を要するでしょう。

主要国・地域中央銀行の動向に市場は停滞か

上記の他に、FOMC(6/12〜6/13)、ECB(6/14)、BOJ(6/15)など主要国の金融政策イベントが相次ぎました。

ドル、ユーロ、円の金利政策動向は世界的な資金フローを左右するとも言われているので、これらの重要なイベントを織り込んだ1週間に「様子見」的なムードが仮想通貨市場の重石となっていたことも指摘されます。

参考レポート(アルトデザイン株式会社)

米FOMCのドットチャートは年4回の利上げを示唆

相場は年初来安値で、押し目買い機会を探る展開へ

サマリー

今週の仮想通貨市場の動向は「想定外」と感じた方も多かったと思われます。

BTCのRSI(「売り」と「買い」の勢いを示す指数)は、「売られ過ぎ」サインとなる30%を13日に割り込み、一時25%まで下落しました。現在は30%の上を維持していますが、今週は悪材料が重なった上に好材料となるニュースが少なかったこともあり、引き続き上値が重いように見受けられます。11日未明にかけての急落分を取り戻すには時間がかかりそうです。

 

前回までのFinAltウィークリーアップデート

Vol.3:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.2:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

Vol.1:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨市場動向を徹底解説

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る