仮想通貨のウォレットとは?:おさえておくべきポイントを徹底解説!

ウォレットとは

ウォレットとは、その名の通り仮想通貨の財布であり、仮想通貨を保管する場所だといえます。仮想通貨は法定通貨の円やドルのように目に見える実態のないデータですが、データにも安全性の高い財布は存在します。

通常、仮想通貨の投資を取引所で行なっている方は、基本的に取引所のウォレットに仮想通貨を保管して取引を行っています。

ただ、この取引所のウォレットに仮想通貨を保管すると、実は2つのリスクにさらされてしまいます。

1つ目は取引所の倒産リスクです。銀行の場合は、倒産しても預金保険法で定められた範囲内で預金1000万円までが返還されるように保護されています。しかし、仮想通貨の場合は取引所が倒産すれば、保管していた仮想通貨は基本的に全て失います。例外として、ビットフライヤーは返金保証がありますが、500万円が最大保証です。せっかく利益を上げても、万が一取引所が倒産してしまえば全て失ってしまうのは恐ろしいリスクです。

2つ目はハッキングリスクです。最近コインチェックという日本の大手取引所がシステムの脆弱性を突かれ、ハッキングを受け580億円相当の仮想通貨が盗まれるという事件がありました。ビットコインなどの仮想通貨自体のセキュリティはブロックチェーンという技術が基盤になっていることで強固に保たれていますが、取引所の管理システムが脆弱だったためこのような事件を招いてしまいました。

これら2つのリスクを考えると、取引所にすぐに動かす予定のない仮想通貨は置かず、可能な限り自己管理しておく方がよいでしょう。

では、そのために必要になる仮想通貨のウォレットについて解説していきます。

ウォレットの種類

まずは、どのようなウォレットがあるのか、各ウォレットのメリット・デメリットは何かをご説明します。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、インターネット上に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。インターネットに接続できる場所で秘密鍵さえ使用できれば、どこでも利用できて利便性が非常に高くなっています。しかし、取引所のウォレットと同様にハッキングリスクにさらされていることに注意が必要です。

具体的なサービスに「Blocchain.info」などがあります。

メリット

・簡単にウォレットを作成ができる
・デバイスが壊れても仮想通貨に影響がない
・様々なデバイスで利用ができる

デメリット 
・インターネットに接続できないとウォレットを確認できない
・ハッキングを受ける可能性がある
・メンテナンスなどでサイトに一時的に接続できなくなる可能性がある

ローカルウォレット

ローカルウォレットとはPCやスマホといったデバイスに仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。デスクトップウォレット、ソフトウェアウォレット、クライアントウォレットとも言います。

ローカル環境に保管され、秘密鍵を第三者のサーバーに送ることがないためウェブウォレットよりも安全性が高くなっています。また、NEM、XP、といった通貨は条件を満たすとローカルウォレットに保管しているだけでマイニング報酬を得られる場合があります。

ローカルウォレットは、全てのブロックチェーンをダウンロードする完全版と、一部のブロックチェーンをダウンロードする簡易版に大別できます。完全版の場合はかなり容量が大きく、初回起動に数時間かかることもあります。

具体的に、完全型にはBitcoin Core、簡易型には家族や会社などでグループ共有ウォレットが利用できるCopay や、Bluetoothを使ったビットコインの送受信が可能なAirbitz、スマホで利用できUIが非常に優れているGincoなどが挙げられます。

メリット
・ウェブウォレットと比較してセキュリティが高い

・オフライン(インターネットに接続していない状態)でウォレットを確認できる

デメリット
・初回起動に時間がかかり容量も大きい(完全版)
・デバイスのウィルス感染やハッキング、故障リスク
・ソフトウェアをインストールしたデバイスでしか利用できない

ハードウェアウォレット

USBやSDカードなどのインターネットに繋がっていないハードウェアに仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。普段デバイスから取り外して管理しておくと、インターネットに繋がることはないのでハッキングリスクはゼロです。また、故障してもパスフレーズさえ記憶していれば復元が可能なため、多少高価ですが安全性の高いウォレットとなっています。

具体的にはTREZORLedger Nano Sなどの製品があります。

メリット

・ウィルスにも強い
・ハッキングリスクがない

デメリット 

・購入費用がかかる
・対応していない通貨が多い
・紛失・破損リスク

ハードウェアウォレットについて、さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【ハードウェアウォレットの購入をご検討中の方必読!】あなたの仮想通貨を守るために気をつけておきたいこと

仮想通貨セキュリティ対策:おすすめハードウェアウォレット3選

コールドウォレット

コールドウォレット、別名ペーパーウォレットとは仮想通貨を紙に印刷しておき保管しておくタイプのウォレットです。紙に印刷して自分で管理しておくだけなのでハッキングの可能性はゼロです。

ただ、中身を確認するのに手間がかかるので不便なのは否めません。

具体的にはビットコインのペーパーウォレットであるbitaddress.orgやリップルのペーパーウォレットであるRipple paper wallet generatorなどがあります。

メリット

・最も安全性の高いセキュリュティ

デメリット 

・火災などによる紛失の可能性
・ウォレットデータの確認に手間が掛かる

まとめ

仮想通貨のウォレットに関してまとめてきましたが、さまざまな形態があるなかで安全性と利便性がトレードオフの関係になっていることが分かります。自己管理かどうか、常時ネットワークに接続されているかどうかなど、ユーザーの手続きとしてはどうしても手間と感じるようなものもあるでしょう。

しかし、ブロックチェーンのセキュリティとは別に、取引所のシステム管理リスクや倒産リスクなどが事実として顕在化している状況下で、ご自身の大切な資産を守ることができるのはご自身のみです。セキュリティに関する適切な知識を身につけ、できうる限りさまざまなリスクに備えるためにウォレットの導入を検討しましょう。その際、ご紹介した4種類のウォレットを用途に応じて使い分けいただくことをオススメいたします。

本記事を参考に、仮想通貨に対するセキュリティ意識を高め、安心してお取引できる環境形成の一助となることができれば幸いです。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る