モナコイン(MONA)の取引所まとめ:よい取引所の選び方とは?

モナコインとは

モナコインとは日本で最初に作られた2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)発祥の仮想通貨です。

また、ビットコインなどのスケーラビィティー問題が盛んに議論されていた頃に、世界で初めてsegwitも実装されました。ブロック生成時間はビットコインの10分に比べて90秒と大幅な短縮を実現しています。

モナコインは、オタク文化が盛んな様々なコミュニティや実店舗で決済が可能となっています。例えば、実店舗ではPCショップやコミックマーケット、メイドカフェなどがあります。

また、Monappyというモナコインのウォレット機能と、ゲーム実況や記事の投稿などができるコンテンツ機能を兼ね備えたポータルサイトが提供されており、以下の3つのサービスが利用できます。

1.Monappy内のサービスでモナコインを簡単に送金できる

Monappyに登録することで下記のようなサービスを利用することができます。

  1. メモログ
    ブログや小説などの投稿サイトで、投稿された記事に対して読者はモナコインを送金することができます。
  2. Ask Mona
    2ちゃんねるのようなさまざまな話題のある掲示板で、それぞれのレスに投げ銭をすることできます。匿名の可否を選択でき、モナコインの受け取る量と投げ銭をした量によって肩書きの段階が上がっていく機能がついています。
  3. ピクプレ
    イラストが投稿できるサイトで、単純にイラストに投げ銭するのではなく、お題を投稿することでそれに沿ったイラストに対して投げ銭をすることができます。これにより、モナコインを多く保有しているユーザーは、自分のニーズに沿ったイラストを不特定多数の描き手に描いてもらうことが可能になります。

2.tipmonaというTwitter上で簡単に送金できる

tipmonaとは、Twitter上で任意のユーザーに対してモナコインを送付できるサービスです。利用ごとのログインは必要なく、仮想通貨の大きな魅力であるネットが繋がれば登録なしで誰でも仮想通貨を使用できるという特徴を実現しています。

使い方は、まずTwitter上のモナコインちゃんbotに対して、取引所やウォレットにあるモナコインをデポジットとして入金します。そのデポジットから任意のユーザーへの投げ銭、指定アドレスへの送金などが可能になっています。

3.ツイキャス内で投げ銭感覚で利用できる

ツイキャスとは、iPhone、Android、パソコンから誰でも手軽に動画や音声を配信できるライブストリーミングサービスです。ツイキャスでは、放送主に対して視聴者がアイテムを送ることができます。そのアイテムはポイントの消費により送ることができるのですが、そのポイントをモナコインで購入することによって放送主への投げ銭が可能になります。

モナコインを扱っている取引所

そんなモナコインですが、取り扱っている取引所は日本に4つあります。厳密には、bitFlyerではモナコインの購入・販売は販売所のみに限定されています。

また、モナコイン取引所のシェアはbitbankが約45%、Zaifが約35%となっており、上記4つの中では取引量の多い取引所となっています。(Monacoin Charts:2018年5月7日時点)

以下、各取引所の特徴を解説します。

bitflyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内最大規模の取引所であり、特にビットコインの取引量が多いことが特徴です。アプリのユーザビリティなどから、初心者の方にも使いやすい取引所です。しかし、モナコインが販売所での扱いとなっており、手数料は割高に設定されています。

  1. 取り扱い通過数:7通貨
  2. 取引手数料:0.05 ~ 0.15%
  3. レバレッジ取引:あり

Zaif

モナコインを最初に取り扱った取引所で、現在の取引手数料はメイカー(取引板にない注文)で0%、テイカー(取引板からの注文)で0.1%となっています。モナコインの信用取引や積立投資ができるなど他の取引所にはない特徴があります。また、取り扱い通貨が豊富なことも特徴の1つとして挙げられます。

  1. 取り扱い通過数:15通貨
  2. 取引手数料:0 ~ 0.1%
  3. レバレッジ取引:あり

bitbank

モナコインの取引量が2018年5月7日時点で最も多い取引所となっています。2017年10月16日から2018年6月30日まで手数料無料キャンペーンを実施しているため、流動性も含めて考えると1回の取引にかかるハードルが最も低い取引所と言えます。

  1. 取り扱い通過数:6通貨
  2. 取引手数料:0%
  3. レバレッジ取引:あり

BitTrade

ビットトレード株式会社が運営しており、株式会社FXトレード・フィナンシャルのグループ会社です。FX業者ならではの、拡張性の高い取引ツール、TradingViewを用いて取引することができます。しかし、取引に掛かる手数料が他の3つの取引上に比べて割高になっています。

  1. 取り扱い通過数:6通貨
  2. 取引手数料:0.2 ~ 0.7%
  3. レバレッジ取引:あり

まとめ

モナコインは2ちゃんねる発祥ということもあり、非常にユニークな特徴を持っています。掲示板やコミュニティサイトにおける投げ銭により、ユーザー同士は価値交換を円滑に行うことができます。広告などに依らないコンテンツそのものの価値をユーザーが実感することで対価を提供し、それによりコンテンツ制作者はより製作に力を入れることができるという構図は仮想通貨の魅力を実現している機能と言えるでしょう。

そのようなモナコインの取引を今から始めるという方は、手数料無料キャンペーンを行っているbitbank、積立投資などもしてみたい人はZaifを利用することをオススメします。両方の口座を開設しておくことで、bitbankの無料キャンペーンの終了後にZaifにシフトするのも選択肢の一つとして考えられるでしょう。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る