仮想通貨のリップル(XRP)が持つ注目の機能とは? -リップルネットワークの可能性-

リップルとは

リップルとは、Ripple Inc.によって開発された決済システム(RTXP)の名称で、リップルネットワーク内の基軸通貨として使われる仮想通貨(XRP)も同じ名称を持ちます。

このリップルは2004年にRyan Fugger氏によって構想され、2012年にのちに破綻することになるマウントゴックスの創設者兼プログラマーのジェド・マケーレブ氏を筆頭とするOpenCoinよって開発されました。

また、リップルは「価値のインターネットの実現」をミッションとして掲げ開発されました。言い換えると、インターネットによって情報に誰でもいつでも簡単にアクセス可能となったように、リップルネットワークを通じて、誰もがお金(価値)を簡単に低コストで効率よく決済・送金可能にするというビジョンです。最大の魅力は国際送金にありますが、グーグルのファンドが出資しているなど世界の注目を集めています。

リップルの誕生や扱っている取引所については、「リップルコインとは? -誕生と歴史について徹底解説-」をご覧ください。

リップルの持つ機能

世界が注目するリップル。その最大の魅力は国際送金にあります。あの世界的AI企業グーグルのファンドが出資もしているリップルの魅力をご紹介します。

リップルネットワーク

これまで海外送金を行う際にはSwiftという国際送金に特化した金融業界の標準化団体が発行したシステムを採用していました。

このSwiftで海外送金を行うと、二重の為替交換を要します。例えば、日本から他国に送金する場合、それがマイナーな通貨であれば、まず円をドルに換えて、そのドルから送金先の現地通貨に交換する必要があるのです。その際、各国の銀行で手数料も発生します。この二重の為替コストと送金に際してのリスクが大きいことで、所用時間も長く海外送金のコストは高いことが指摘されることもあります。実際、Swift上の取引では毎年160兆円ものコストがかかっており、着金には3-5日、さらには送金に失敗することもありました。

このシステムに代わると期待されているのがリップルネットワークです。リップルネットワークの基軸通貨はリップル(XRP)になりますが、このネットワーク上ではリップル(XRP)が全ての価値のブリッジ役をしてくれます。つまり、国を跨いでもリップルネットワーク上では銀行間で直接取引ができるのです。これにより、仲介手数料や為替コスト・送金リスクにさらされることなく4秒以内に国際送金が可能になります。

理論的にはリップルのシステムを使えば、現存している銀行の1,000倍以上の取引を行えるようになると言われており、決済の高速化でより多くの取引を処理することが可能になります。

供給量

仮想通貨における供給量とは、市場に出回っており、自由に売買や交換が可能な貨幣の総量のことを意味します。なぜ通貨ごとに供給量が異なるのかについて、ここではさらに踏み込んでご説明します。

イーサリアムにはありませんが、ビットコインやリップルに供給量の上限があるのは、顔の見えない誰かの手によって発行される仮想通貨を際限なく発行していては、簡単に通貨としての価値が下がってしまうからです。例えば日本円が今の10倍市場に出回ると、私たちの給料も10倍になります。すると、商品が売れすぎてしまうので物の値段があがりハイパーインフレが起こります。こうなると、他国の通貨に比べて相対的に円の価値が落ちてしまい、円の信用が下がってしまうのです。

管理者である中央銀行がある法定通貨とは違い、非中央集権を目指す仮想通貨には発行者がいないので事前に発行できる枚数の制限をしているのです。

また、仮想通貨の発行数量が違うのは、それぞれの思想や発行されたタイミングに関係しています。世界初のビットコインは供給量の上限が2,100万BTCですが、理論的には計算されていても、どれだけの人が実際にビットコインを使用するかわからなかった段階でこの上限が決定されています。一方、後追いのリップルの供給量の上限は1,000億XPRです。これは価値のインターネットの実現を目指し、プラットフォームとして機能するためにはビットコインの2,100万BTCの供給量では足りないと判断したと考えられます。

ちなみに、現在(2018/04/30時点)リップルの供給量は394億XPRです。ビットコインが1,700万BTC、イーサリアムが9,000万ETHであることを考えると他の仮想通貨より供給量がケタ違いに多いのが特徴です。

さらに、リップルは1,000億XRPまで発行されていますが、Ripple Incがその大部分を保有しており、通貨価値を安定させながら、流動生を高めるためにロックアップという仕組みを採用しています。

このロックアップは簡単に言うと、ゆっくりと市場にお金を供給していく仕組みで、2017年12月8日にその準備が完了しました。

2018年からRipple Incが保有するリップル(XRP)、550億XRPを55カ月に分けて毎月1日に10億XRP分が市場に放出されます。また、その月で10億XRPの買い手が現れなかった場合は、10億XRPのうち余ったリップル(XRP)は再度55ヶ月間ロックアップされます。

この仕組みによって、リップル(XRP)の価格は安定したまま、ゆっくりと流動性を高めていくことができ、価値のあるものとしての信頼が築かれていきます。

メリット・デメリット

これまでリップルの概要や機能についてご説明しましたが、以下ではそのメリットやデメリットをご紹介します。

メリット

リップルのメリットは何と言っても送金機能でしょう。先述しましたが、従来よりも迅速かつ、安全に安い手数料で送金が可能です。

また、国内ではすでにMoney Tapというアプリがリリースされており、電話番号やQRコードを使用して、24時間365日、低コストでリップルネットワークに参加している企業間で送金可能です。

デメリット

リップルのデメリットは現状は個人間で自由にリップルネットワークにアクセスし取引ができないことでしょう。リップルにはマイニングがなく、現状ではRipple Incによって信頼され、リップルネットワークに参加が認められた金融機関を介してのみ送金が可能です。つまり、個人間で自由に送金を行うことはできません。

今後の展望

結論から言うと、リップルはかなり期待されている仮想通貨です。その理由をご説明します。

提携企業

Ripple Incは生まれて間もないスタートアップ的な性質を持っていますが、すでに多くの企業からリップルネットワークのポテンシャルが認められ提携が進んでいます。

日本でも60社以上の金融機関と提携しており三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、SBIなどと提携しています。またIT、コンサルティング企業のaccenture やIBMとも提携を結んでおり、様々な産業への応用が検討されています。

WEBマネタイズに革命

Ripple Incは価値のインターネットの実現を目指しており、国際送金以外にも様々な仕組みを開発中です。その1つの例がWEBマネタイズの革命です。従来ではWEBサイト広告のクリックや成約率によって収益を得ていましたが、リップルはWEB記事を閲覧するだけで数円単位で自動課金できるシステムを開発しています。ブログを読むために数十円払うような世界の実現を目指しているのです。すでにそのシステムツールは開発済みで、公開もされているようです。

このシステムにより、サイト運営者はユーザーがWEBサイト閲覧に費やした時間に対して課金できるようになるので、広告誘導型の記事ではなく、真に価値のある質の高いコンテンツの製作に集中できるようになると考えられています。

時価総額

2018年4月30日時点で331億ドルの時価総額を誇るリップルは1,567億ドルのビットコイン、670億ドルのイーサリアムに次ぐ第3位に位置付けられています。

送金システムとして期待されているリップルの伸びしろはまだまだ未知数です。ただ、リップルは仮想通貨としてもシステムとしても大きく期待を寄せています。

まとめ

時価総額3位のリップル。未来の送金システムとして、現行の金融機関と提携を猛スピードで進めています。今後もより多くの金融機関や他の企業と連携していくことでその信用力を高めていくことが予想されます。WEBマネタイズにも革命を起こそうとしており、時代を変える可能性を持った有力な仮想通貨の一つであると言えるでしょう。

また、国内で取引されているホワイトリスト入り通貨について知りたい方は、「仮想通貨の種類を解説:ホワイトリストとは?」をご覧ください。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る