Binance(バイナンス)で取引を始めるまで-口座開設から取引開始までの手順-

今回は、中国の暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)で取引を行うまでの手順を解説したいと思います。

バイナンスは、2017年に設立されたばかりですが、急速に上場銘柄を増やすことで、今では100種類近いコインを売買できるまでに成長しています。

201712月には、取引高で世界1位となり世界最大の取引所となりました。

このような背景もあり、しっかりと日本語にも対応していますので安心して取引することができます。

他にも、取引所独自のトークン(BNB)を使うと、通常0.1%の手数料が半額の0.05%になるという特徴があります。

BNBは、BTCETHのペアでトレードできます。

日本円での取引には対応していないため、必ず国内取引所の登録も合わせて行っておきましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引を始めるまで口座開設から取引開始までの手順
CoinCheckで取引を始めるまで口座開設から取引開始までの手順
QUOINEXで取引を始めるまで口座開設から取引開始までの手順

 

アカウント作成

まずはホームページにアクセスします。

https://www.binance.com/

右上の「登録」をクリックし、新規登録用のページが表示されるので、メールアドレス、パスワード、パスワード(2回目)を、それぞれ入力します。

パスワードは英語の大文字·小文字、数字を混ぜた8文字以上のものがオススメです!

チェックボックスは、利用規約への同意を問うものなので、利用規約を読み同意したら、チェックを入れます。

すべて確認して問題なければ、「登録」をクリックしましょう。

その後、登録したメールアドレス宛に確認のメールが届くので、開いて本文の「Verify Email」をクリックすれば登録は完了です。

ここまで済んだら、最初のログイン画面に戻って実際にログインしてみましょう。

 

アカウントレベルの変更

上記までの登録だけでは、一度に出金できる金額に上限が設定してあります。アカウントレベルが初期段階のLv.1だと12BTC相当までとなっています。

ですので、円滑な取引を行うためにも1100BTCまで出金可能なLv.2まで設定する必要があります。

以下では、その手順を解説します。

2段階認証の設定

まずは、お手持ちのスマートフォンに2段階認証アプリをインストールしておきましょう。以下がOSごとの対応アプリです。

AndroidGoogle 認証システム

iOSGoogle Authenticator

バイナンスに限らず、仮想通貨取引所のアカウントは、セキュリティの観点から2段階認証は必須です。

スマートフォンをお持ちの方は、必ず設定しておきましょう!

ログインしたら、マイアカウントページから「Google認証」をクリックしましょう。

表示されたページのQRコードをスマートフォンの2段階認証アプリで読み込み、その下に表示される16桁のコードをメモし、「次に進む」をクリックします。

ページ遷移後、上から先ほどの16桁のコード、ログインパスワード、2段階認証アプリに表示された6桁の数字の順に入力し、「Enable 2FA」をクリックすることで設定は完了します。

2段階認証の設定以降、ログインの際など、スマートフォンの2段階認証アプリに表示される6桁の数字の入力が必要になります。

身分認証

ここでは、パスポートのカバー、パスポートの個人情報欄、ご自身の顔とパスポートの個人情報欄が一緒に写っている写真と合わせて3枚の画像ファイルが必要になります。

これらは、予めお手持ちのスマートフォンなどで撮影しておきましょう。

形式はJPGPNGにしておいてください。

マイアカウントページにあるLv.2「身分認証完成」をクリック→「他の国と地域」と選択。

必要事項を記入し、写真の添付に移ります。        

写真は、上記の通りパスポートのカバー、個人情報欄、ご自身とパスポートが映ったセルフィーが必要です。   

セルフィー画像は、顔とパスポートの顔写真ページ以外に「Binance 今日の日付」と書かれたメモを1枚の写真に写してアップロードする必要があります。完了したら確認をクリック。

あとは審査を待ちましょう。完了するまでの目安は1週間です。

また、出金上限の100BTCを広げることのできるLv.3は、取引所に直接問い合わせることが必要です。

 

取引方法

海外の取引所を使う場合、国内取引所でビットコインなどを購入し、それを海外の取引所に送金して取引というのが一般的です。これからその方法について説明していきます。

入出金

右上の「資産」タブから「預金の引き出し」を選択し、「預金」で入金アドレスを表示、「お引き出し」で出金手続きができます。

まずは国内取引所で購入した仮想通貨を入金しましょう。

ビットコインかイーサリアムをペアとして取引できるのでこのどちらかを入金してみましょう。

取引

左上の「取引センター」を選択し、「ベーシック」「アドバンス」から取引画面を選択できます。

ベーシック画面

シンプルで基本的な機能委はすべて揃っています。画面中央のBNBで手数料を支払うように設定することができ、手数料を半額にすることができるため、手数料決済用にBNBを多少保有しておくといいかもしれません。

アドバンス画面

いわゆるトレード画面なような作りで、様々なインジケーターを設定できます。また、「指値注文」「成行注文」だけでなく「逆指値注文」も出すことができます。

またBINANCE(バイナンス)は、保有量に対してパーセンテージを指定して取引することができます。

25%、50%、75%、100%から選択でき、保有BTC50%分のアルトコインを買いたい、保有アルトコインを50%分利益確定したいといった時、自分で計算せずともすぐに注文を出すことができます。

 

まとめ

最近よく耳にするようになった海外取引所。そのなかでも飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しているBinanceをご紹介しました。現在では、新規登録者数のあまりの多さに1日のユーザー登録数が制限されています。Binanceは他の取引所では扱っていない通貨の取引があることや日本語対応など日本人ユーザーにとっては魅力的な部分が多い分、人気が高くまたユーザー登録の停止を行う可能性もあります。早く取引するためにも、この記事を参考にして登録を円滑に済ましてより仮想通貨に触れる機会を増やしていただけたらと思います。

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    QUOINEX
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    GMOコイン
    スピード注文やFXのようなチャート分析が可能なスマホアプリが便利!
       
ページ上部へ戻る