【ハードウェアウォレットの購入をご検討中の方必読!】あなたの仮想通貨を守るために気をつけておきたいこと

あなたの仮想通貨を守るために気をつけておきたいこと

ハードウェアウォレットにもリスクあり

仮想通貨を守るための方法は大きく分けて3つあります。

1)取引所での保管
2)アプリやパソコンでの保管
3)オフラインでの保管

セキュリティ面では3つ目のオフラインでの保管がハッキングのリスクがなく一番安全だと以前こちらの記事で紹介しました。

今回は仮想通貨の保管としてはある意味、上の23の間に当たるハードウェアウォレットのセキュリティについてお話ししていきたいと思います。

ハードウェアウォレットとはその名の通りハードウェアで、PCなどのUSBポートから接続して使うデバイスなのですが、その中に仮想通貨が入っていると言う訳ではありません。ハードウェアウォレットには秘密キーがあり、それとPINコードを使うことによって直接ブロックチェーンにアクセスして取引を行うことができるデバイスです。

ハードウェアウォレットの強みとしては、ハッキングのリスクが極めて低いことなのですが、つい先日、ハードウェアウォレットを利用して保管していた約380万円分の仮想通貨が全て盗まれてしまうという事件が英国で起きてしまいました。

この事件は皮肉にもハードウェアウォレットのセキュリティ対策を利用した犯行なのですが、少し注意するだけで簡単に防げるので、これからハードウェアウォレットを購入しようとしている方には必ず一読して頂きたいです。

 

購入元には注意すべし

今回不運にも盗難にあってしまった被害者は、Ledger製のウォレットをメーカーや契約リセラーから購入せず、eBayで購入してしました。

この時点で、「それはまずいんじゃないか?」と思われている方は正解です。

今回の事件の加害者は、そのウォレットに偽装のリカバリーシードを滑り込ませてeBayで販売していました。これにより被害者が知らないうちに、リカバリーの機能を利用して購入されたウォレット内から仮想通貨を送金するという手口だったのです。

ですので、ハードウェアウォレットをご購入の際は、いくら安いからと言ってもメーカーと関わりのないベンダーやオークションなどを利用せず、くれぐれも直接メーカーから購入、または提携リセラーから購入するように気をつけましょう。

 

リカバリーシード(リカバリーフレーズ)とは

今回の犯行に利用されてしまったリカバリーシードと言うのは、ハードウェアウォレットの初期設定時にランダムに設定される通常1224の英単語のことです。このリカバリーシード(またはリカバリーフレーズ)は、デバイスを紛失したり壊してしまった時のリカバリーをするのに必要になります。通常はシードフレーズを控えておくための空欄があるリカバリーシートが付いてきます。

今回の加害者はリカバリーシードをスクラッチくじのようなカードに記入し、あたかも誰もそのデバイスのリカバリーシードを見たことが無いようにしていました。ですので、被害者もそれがデフォルトのものだと思い込んでしまったのです。

なので、ハードウェアウォレットを購入してもしそのような怪しいカードが入っていた場合は、必ずリセットしてもう一度自分でリカバリーシードを設定し直すことをおすすめします。それかそのような場合は返品するか破棄するのが良いかと思います。

仮想通貨は大切な財産なので、セキュリティにはくれぐれも細心の注意を払って保管しましょう。

参考(Bitcoin.com):
https://news.bitcoin.com/mans-life-savings-stolen-from-hardware-wallet-supplied-by-a-reseller/

参考(BLOCKONOMI):
https://blockonomi.com/keep-recovery-seed-safe/

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る