スマートコントラクトとは?-ブロックチェーン技術の応用で広がる可能性-

 

ブロックチェーン:仮想通貨以外の可能性

ブロックチェーンとは暗号理論によってエンクリプトされた取引データのブロックがチェーン状に連なる台帳システムです。ブロックごとの取引データの整合性が時系列順に記録されていて、改ざんがほぼ不可能なことから仮想通貨の価値の維持と保証を可能にするテクノロジーです。

そんなことからブロックチェーン=ビットコイン、あるいは=仮想通貨と思われる方も多いかと思いますが、今回はそんなブロックチェーンの応用によって可能になるスマートコントラクトについて紹介していきたいと思います。

 

スマートコントラクトとは?

アメリカの情報工学者ニック・スザボは1996年にスマートコントラクトを以下のように定義しています。

「当事者が従うプロトコルを含む、デジタル形式で提示された一連の契約」

デジタル形式という部分だけを取れば、ブロックチェーンの技術がなくてもスマートコントラクトは可能なように見えますが、大事なのは前半の「当事者が従うプロトコルを含む」の部分になります。

従来のテクノロジーでスマートコントラクトを実現しようと思うと、透明性や仲介業者などの問題が当事者間でコンフリクトに発展するリスクがありました。しかし、ブロックチェーンを応用したスマートコントラクトであれば、取引や契約に対する透明性が当事者間で確保でき、さらには仲介業者が不要になります。

またもう一つの大きな特徴は、ルールとペナルティをあらかじめ決められたブロックチェーンのプロトコルによって自動的に実行してくれることです。

これらにより、面倒なペーパーワークなどがなくなりよりスムーズかつコンフリクトフリーで取引や契約ができるようになるのです。

仕組みとしては以下のようになります。

  1. 当事者同士で取引の内容を確定。
  2. 内容が自動的に実行されるようにプログラムを作成。
  3. プログラムをブロックチェーン上にエンクリプトし公開する(この際、当事者のアイデンティティーは守られる)。
  4. ブロックチェーン上でコンセンサスが取れれば取引成立で、内容が自動的に実行されます。コンセンサスが取れない場合は、事前に決められたプロトコルに従って対応されます。
  5. 取引が成立であれば新たなブロックが形成され、ブロックチェーン自体がアップデートされます。この後は成立した取引の内容を変更することはできません。

このようにスムーズな取引を可能にしてくれるスマートコントラクトは昨今、金融商品から不動産に保健商品と言った商品取引や、さらには免許証などと言った重要書類のやりとりにまで応用が検討されています。

実際に、今世界中でスマートコントラクトを実験している企業は多くあります。例えば、アメリカでは大手金融機関とブロックチェーン技術を提供するAxoniの7社で、トレード後に浮上する複雑なデリバティブのマネジメント問題をスマートコントラクトで解決する実験が行われました。Axoniによると85回行われたテスト事象のレスポンスレートは100%と、実験成功を納めています。

また、金融以外でもKDDIは携帯修理時にかかるコストを修理、機種変更、中古購入の間で最適化するのにスマートコントラクトを利用できないかと実験を行っています。

 

  • まとめ

スマートコントラクトは契約や取引にかかる面倒なプロセスを安全、スムーズ、そして自動的に行ってくれる革新的な技術です。イメージとしては自動販売機で飲み物を買うのと少し似ていますね。ただスマートコントラクトの場合は取引をする事前に当事者同士で内容の合意が取れていることが重要になります。ただそこさえクリアできれば後は待つだけということになります。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る