ビットコインの価値を支える?-マイニングをわかりやすく解説-

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインの話をする際に欠かせないマイニングというワード、採掘という意味を持つこの言葉が説明を聞いてもいまいちピンとこないという方は多いのではないでしょうか。今回は技術的に難しい話は抜きにして、わかりやすく仮想通貨におけるマイニングについて解説してみたいと思います。

そもそも、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引記録とは、ある一定の時間間隔のもと、全ての取引の記録を取引台帳(ブロックチェーン上)に書き込んでいきます。その処理には、ブロックチェーンを介してネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、一連の取引が書き込まれる期間内に発生した全ての取引のデータが抜け漏れなく記録される必要があります。

この一連の作業はコンピュータによる計算で行われるのですが、とんでもない量の計算が必要となります。もともと保存されている、1つの大きな取引台帳のデータと、新しく追記される取引のデータを、すべて正確に照らし合わせてから追記する必要があるのです!

ビットコインにおけるこの追記作業を日々行うために、有志のコンピューターリソースを使用しています。この計算処理で追記処理を成功させた人には、その報酬としてビットコインが支払われます。つまり、ビットコイン全体が欠損することなく日々流通されるための信用は(=ブロックチェーンという暗号技術によって支えられるセキュリティに対する安心感)、ビットコインを対価とするマイニングによって支えられているともいえます。

この報酬は、追記処理が日々行われていく中で、新規発行されたビットコインから支払われます。マイニング処理に付随して、ビットコインの通貨としての新規発行がこの瞬間に起こるということです。

この新規発行に至る一連の行いを「マイニング(採掘)」と呼ぶのです。コンピュータの計算能力をお金に変えることをビジネスとして、組織的に大規模なマイニングを行っている人々が世界中に存在します。このマイニングパワーによって、今日もビットコインの安全性が保障されることになります。

ひるがえせば、通貨としてのビットコインの新規発行は、このマイニングなしには行うことはできず、当然、保守運用も不可能です。そのため、ビットコインやブロックチェーン技術による暗号通貨の発展を信じ、報酬を少しでも多く受け取るためのマイニングパワー確保合戦がいま起こっているといわれます。

マイニングでビットコインは無限に増える?

答えはNO。ビットコインの発行可能上限数は、実は事前に決められているのです。また、マイニングによって発行される量も、新規発行される時間間隔も調整されています。そのため、マイニングパワーが急激に集中することで一瞬にして発行量が増えることにより、インフレが起こったり混乱が生じたりすることを避けるための仕組みがあらかじめ組み込まれているのです。

マイニング報酬は半分!?-ビットコインの「半減期」

ビットコインの発行可能上限数は、2140年までに2,100 Bitcoin と定めらていて、それ以降に増加することはないとされています。現在(201712月)はおおよそ1600Bitcoinが流通されているといわれます。先にも述べたとおり、マイニングにより新規発行される量は調節されており、その調節がなされる周期はおおよそ4年に一度といわれています。これがビットコインの「半減期」と呼ばれ、この変更がなされるたびに新規発行量は半分になっていきます。つまり、4年ごとに1/2^nになっていくということですね。ビットコインは開発されてから今日までのわずか8年ほどで、驚異的なスピードで急激に発行数量を増やしてきました。 しかし、これまでのように急激な発行数の増加も、「半減期」によって発行されるスピードを徐々に落としています。

今後のビットコインの発行スケジュールって?

新規発行量は現在のところ急上昇していますが、2020年を過ぎると新規発行されるスピードも急に失速し、増加率はほぼフラットになります。 現時点で発行可能上限数の87%が発行されている計算となり、今後10年強の時間をかけて12%あまりの新規発行がされる予定です。 たった13年後の2030年には、99%超のビットコインが発行されるということになります。さらに残りの1%は、2140年までの今後100年以上をかけて、極めて小さな数量が新規発行されます。発行上限の2,100万枚にほぼ達していきますが、あくまでも近似していくのみであり、2,100万枚の発行可能上限数を超えることは決してないのです。

まとめ

いかがでしたか?マイニングというワードがだいぶすっきりしたのではないでしょうか。インフレを抑制するための「半減期」はマイナーが受け取る報酬にも影響します。受け取り可能な報酬のビットコインが減っていってしまえば、マイナーはいなくってしまうかもしれませんが、それ以上に1ビットコインあたりの価値が上がっていけばマイナーがいなくなることはありません。

つまり、ビットコインの価値の本当の源泉は、多くの人々に使われる可用性が非常に高く、既存の金融システムの一部と置き換わることが期待されているからということに他なりません。今回の記事では多くは触れませんでしたが、マイニングの具体的な仕組みなどについても今後の記事で触れていければと思います。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る