ついに200万越え!?ビットコイン爆騰の脅威。

 

爆騰の背景とビットコインのこれからに何が起きるのか?

今年に入り何かと話題になっているビットコインだが、驚くべきはやはりその価格の上昇率だ。今年11月末の時点で価格が100万円を超え、去年の10倍以上になりと取り沙汰されたのはまだ記憶に新しい。世界中のメディアがその脅威の高騰率に注目し、日本でももはや爆騰とまで言われるようになった。

そんな脅威的な上昇の仕方からバブルだなどとも言われるビットコインだが、価格爆騰に拍車がかかっているようにはまだ見えない。特にこの一週間の価格の変動を見てみると、その動向はもはや異様だ。なんとこの約2週間の間で価格がさらに倍になり、128日朝7時ごろについに200万越えを果たした。つまりは去年の価格の20倍とまさに爆騰という言葉がふさわしい。ビットコインの価格は2030年までに50万ドル(約5千7百万円)を越えるとの予想もされていて、このまま長期成長を続けていくのか世界が注目している。

これだけの変動を見せる要因の一つにはやはりトレーダー数が今年に入り急増していることがあると思える。個人投資家や為替トレーダーの仮想通貨FXへの流入は実際加速している。さらにはスマートフォンのアプリなどで簡単に取引ができることから20代の若い人口も増えているという。

また、取引量が多くなるにつれ分岐、またはフォークと言われる現象が今年になり次々と起きている。今年の8月にはビットコインのメインチェーンから分岐した通貨ビットコインキャッシュが誕生。そして11月にはビットコインゴールドとビットコインダイヤモンドが始動。さらに今月から来年の1月にかけて既に複数の分岐が予定されている。

最初の分岐で産まれたビットコインキャッシュは、ブロックチェーンの処理のスピードの問題を解決するために行われたが、その構造上ブロックチェーンの分岐は既存の投資家にとって大きなメリットになることもあり、その期待感から取引量がさらに増えているとも言われている。簡単に説明すると、分岐が起こることでもともとのブロックチェーン上で保有していた通貨が新たに分岐したブロックの中にも存在することとなり、何もしなくても新しい通貨が自動的に持てる仕組みなのだ。

今まで分岐が起きる際はもともとのビットコインの価格の下落が予想されていたりもしたが、当記事冒頭でも触れたようにそのような動向は見られていない。むしろその真逆だ。ただ、今月から行われる予定の分岐がもたらす影響は誰にも予測できない。さらにこれからも分岐が次々と起きていくようになると、取引所での売買、法や税金また詐欺などといった面で問題は出てくるように思える。

参考(BUSINESS INSIDER):https://www.businessinsider.jp/post-1713

参考(日経電子版):https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2438468007122017EA2000/

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る